古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

「今のTwitterは息苦しい」 ドワンゴがマストドンに込める期待

ITmedia NEWS のロゴ ITmedia NEWS 2017/05/02
「今のTwitterは息苦しい」 ドワンゴがマストドンに込める期待: 「ニコニコ超会議2017」のマストドンブースに設置されたスクリーン。niconico動画のように、投稿内容が右から左に流れていく © ITmedia NEWS 提供 「ニコニコ超会議2017」のマストドンブースに設置されたスクリーン。niconico動画のように、投稿内容が右から左に流れていく

 「今のTwitterは息苦しい。Mastodon(マストドン)はそれに対するアンチテーゼになるのでは」。ドワンゴの栗田穣崇(しげたか)企画開発本部長は、「ニコニコ超会議2017」(4月29〜30日、千葉・幕張メッセ)で、今話題のSNSをこう評した。

 マストドンは、Twitterライクに使える分散型SNS。ドワンゴも自社インスタンス「friends.nico」を4月19日に立ち上げ、続けてiOSアプリを公開するなど、早くからその存在に注目してきた。 ニコニコ超会議に「わずか10日ほどでこしらえた」マストドンブースを出展したことからも、その本気度が伺えるだろう。

 なぜ、ドワンゴはそれほどマストドンに注力するのか。マストドン担当のキーマンと、同社への入社が決まっている「mstdn.jp」の管理人ぬるかるさんに話を聞いた。

●マストドンに目をつけた理由

 画像SNSのpixivもいち早く企業インスタンス「Pawoo」を立ち上げたが、ドワンゴもすぐ後に続いた。ドワンゴのマストドン担当者は現在4名ほどで、メインプログラマーの1人である山田将輝さんはニコニコ静画(電子書籍)チームに所属するなど、基本的に他の業務と兼務しながら開発している状況だという。

 栗田氏は「10月にniconico新バージョンの提供を控えているものの、ここ数年は新しいことができていないという意識がありました。マストドン自体への可能性も感じつつ、ドワンゴとして新しいことをやっていくぞという姿勢を見せたいというのもありました」と胸中を明かした。

●「Twitterに感じる息苦しさ」へのアンチテーゼ

 見た目のユーザーインタフェースや機能が似ているためか、しばしばマストドンはTwitterと比較される。

 「1社独占でクローズドなTwitterに息苦しさを感じる人は多い。それへのアンチテーゼとして、分散型のマストドンに注目しました。そもそも思想・設計的に分散しないとスケールしないサービスですよね」(栗田さん)。

 Twitterのように「ヒエラルキー化」しない所も、気に入っているという。例えば、Twitterでいう「いいね」やリツイートの数が数値化されないため、「いいねやリツイートを稼ぐために投稿する」といった競争が起こりにくい。また、フォロワー数を増やすこと自体にもあまり意味がない。

 オタク女子向けインスタンス「otajodon」の管理人インタビューでは、「昔の同人サイトのチャットのような、牧歌的でアットホームな雰囲気」と表現したが、friends.nicoも思いの外平和な空気だという。

●ニコニコ文化とマストドンの親和性

 マストドンのユーザーは、まだまだアーリーアダプターが多いという印象だ。エンジニアの江添亮さんも、「確かにまだ技術者や新しいものへの感度が高い人が多いと思います」と話す。

 niconicoの特徴は、動画を中心とする創作文化。既存のniconicoユーザーとマストドンの間にはどんな親和性があるのか。

 「今は、主にTwitterがユーザーの作品や活動を宣伝する場になっています。もしTwitterがなくなったら、日本の創作文化はシュリンクしてしまう。マストドンはその代わりになれるのではないかと思う」(栗田さん)。

 米Twitterは、4月26日(現地時間)に月間アクティブユーザー数や日間アクティブユーザー数がそれぞれ増加傾向にあることを発表したが、まだまだ売上高は厳しい状況が続いている。すぐにTwitterがなくなると考えるのは時期尚早ではあるが、その代わりを担う「みんなの居場所」を探す試みは決して大げさではないはずだ。

 今後niconicoユーザーが増えてくれば、「歌い手」「ボカロ」などジャンル別にインスタンスを増やすことも検討するという。

●エンジニアにとってもマストドンは「自由」で楽しい

 江添さんは「オープンソースのマストドンは、思想も設計もとにかく自由。インスタンス間の連携があるので、1社独占で閉じた設計にできないんです。その強制的なオープン性がとても楽しい」と強調する。マストドンのライセンスは、完全なソースコードの提供を要求する「GNU Affero General Public License v3.0」(AGPL)だ。

 栗田さんも「うちのエンジニアたちは、好きなことはすぐ業務時間外で作っちゃうんです」と笑う。friends.nicoの開発も、休日に開始したそうだ。

 「オープンソースなので、競合他社のpixivともGitHub上で連絡を取り合いながら不具合を修正したりして。普段はこんなことあり得ないんですけどね」(山田さん)。エンジニアたちにも、マストドンは新鮮で楽しい体験をもたらしているようだ。

 friends.nicoは「ニコる」(Twitterでいう、いいね)や、niconico動画のコメントのように投稿が流れる機能などを実装するが、中でも「niconicoアカウントとの連携は必須だった」(山田さん)という。

 マストドンはインスタンスごとにアカウントを作るため、なりすましが起きやすい。自分の作品や活動を宣伝するniconicoユーザーにとってなりすましは致命的なので、外部連携機能は最優先で実装した。

 現状ユーザーからの機能要望はあまりないらしく、「今はタイムラインを見てどんな投稿があるかを日々見ています。要望があれば随時対応していきたいです」(山田さん)としている。

●ぬるかるさん、初めての超会議は「カオス」

 当日は、約10万人のユーザーを抱えるmstdn.jpの管理人ぬるかるさんもマストドンブースに現れた。ニコニコ超会議に来るのは初めてで、「なかなか来るタイミングが合わなくて……カオスな空間ですね」とはにかむ。

 先日公開したインタビューは読者の反響も大きく、何より理解ある温かい御両親の存在が印象的だった。

 「両親は技術者ではないのですが、僕が部屋にサーバを置いていろいろやっていたことに気付いてたようです。ドワンゴに入社したら、技術の勉強を頑張りたい。また、mstdn.jpの管理についてもお願いしたいです」(ぬるかるさん)。

 mstdn.jpはfriends.nicoとすみ分けて運営する。栗田さんは「mstdn.jpは(あまり色を付けずに)フラットに運営していきたいです。これまで蓄積してきたniconicoの運営ノウハウを生かし、まずは安定した管理運営を目指します」と説明する。

 マストドンの流行は一過性のものなのか、それとも――国内ではpixivやドワンゴなどが本腰でその開発に取り組んでいる。

 ネットにおける創作文化の一翼を担ってきたドワンゴは、ポストTwitterとしての可能性にも期待する。まだ一部のネットユーザーで盛り上がっている点は否めず、不適切な画像への対策など、課題も多い。

 ドワンゴの新たな挑戦は新鋭SNSの起爆剤となるか。

(村上 万純)

ITmedia NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon