古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

「安室ちゃんを利用しないで」…引退に便乗の木下優樹菜、泣き動画「自撮り&アップ」に批判殺到

サイゾー のロゴ サイゾー 2017/09/22
© Cyzo 提供

 歌手の安室奈美恵が2018年9月16日に引退することを発表した。

 今月16日にデビュー25周年を迎えた安室は、20日に公式サイトで「ファンの皆様へ」と題して、「引退までのこの1年アルバムやコンサート、最後にできる限りの事を精一杯し、有意義な1年にしていきたいと思ってます。そして、私らしく2018年9月16日を迎えたいと思います」とコメントを発表した。

【詳細画像はこちら】http://biz-journal.jp/2017/09/post_20698.html

 その理由については諸説が飛び交っているが、21日には菅義偉内閣官房長官が「若い女性に大きな影響を及ぼした安室さんが引退されることは非常にさびしく、残念な思いを感じる」と語り、音楽プロデューサーの小室哲哉もツイッターで「これからいよいよブレイクして行くのだなあという瞬間に立ち会えてから20年、あらゆる奇跡を起こし、足跡を残し、そんな姿を誇らしく思い、そして、あと1年で卒業という現実を知る。このプロセスはなかなか味わう事はないでしょう」と発言するなど、社会に大きな衝撃を与えている。

 芸能界の女性陣からも「安室奈美恵様引退発表…私の青春…」(益若つばさ)、「初めて買ったCDが安室ちゃんで初めてのバイトのお給料で買ったのも安室ちゃんのアルバムだった…」(ダレノガレ明美)と引退を惜しむ声が相次いでおり、木下優樹菜はインスタグラムに“泣き動画”をアップしている。 木下は20日に「絶望 奈美恵様引退」という題で、安室の『White Light』をBGMに涙をぬぐう姿をアップ。さらに、泣いた後の木下が娘になぐさめられる様子の動画もアップされており、22日18時の時点で26万9000件以上の「いいね!」が記録されている。

 しかし、コメント欄には「ゆっきーな元気だして!!」「母ちゃんが立派だから優しい子に育つんだよ」という声がある一方で、「自分アピールしたいだけ」「偽物のファン」と批判も殺到するなど炎上しており、なかには「泣いてねーじゃん」と“嘘泣き”を疑う声まで噴出している。

●佐々木希の結婚時には「嫁のパンツくれ」発言も

 インターネット上でも「安室ちゃんを利用しないで」「わざわざ泣いている自撮り動画を載せる意味がわからない」と便乗商法を疑う声が続出しているが、なぜここまで非難が集中してしまったのだろうか。「木下には“前科”があるからではないでしょうか」と語るのは、テレビ局関係者だ。

「4月に木下の親友である佐々木希が渡部建との結婚を発表した際にも、木下はインスタグラムに佐々木とのツーショット写真とともに『芸人さんの嫁さんに仲間入りだね!』『嫁のパンツくれ!とか。 絶対言われるけどーー笑←実話』と祝福のコメントを載せました。これが『さすがに下品すぎる』『芸人の妻だからってひとくくりにすべきでない』と反発を呼び、佐々木の結婚に水を差す事態となったのです。

 木下と佐々木は同じファッション誌『PINKY』(集英社)でモデルとして活躍しており、件のコメントに悪気がなかったことは明らかです。また、安室に憧れて小学生のときに沖縄アクターズスクールのオーディションを受けたことを公言するなど、芸能界きっての安室ファンとして知られています。ファンクラブに加入し、ライブにもたびたび足を運んでいた木下は9月16~17日に沖縄で行われた25周年記念ライブにも参加していたそうです。

 いずれも、思い入れのある人物の出来事だっただけにストレートな感情表現に走ってしまい、それが裏目に出たかたちです」(テレビ局関係者)

 ちなみに、木下は翌日にインスタグラムで「切り替えて1年いくぞ!!」「フジモン家 夏休みスタートします!!!」とコメントしており、現在は夏休みを楽しんでいるようだ。今回の炎上騒動も、安室引退の余波の大きさを物語るエピソードのひとつといえるのかもしれない。

(文=編集部)

※画像は木下優樹菜

サイゾーの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon