古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

「安心感」と「先進性」が同居 iPhone 8/8 Plusは過去10年の集大成だ

ITmedia Mobile のロゴ ITmedia Mobile 2017/09/19 20:00
「安心感」と「先進性」が同居 iPhone 8/8 Plusは過去10年の集大成だ: 9月22日に発売される「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」 © ITmedia Mobile 提供 9月22日に発売される「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」

 「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」が、9月22日に発売される。2機種はこれまでのiPhoneからデザインを変え、背面にガラスを採用。Appleが独自に開発したプロセッサ「A11 Bionic」を搭載し、パフォーマンスも歴代最高を誇る。カメラも、センサーを刷新。iPhone 8 Plusには、デュアルカメラを生かした「ポートレートライティング」も新たに搭載されている。この2機種の実機を、一足早く試すことができた。その実力を、ここでレビューしていきたい。

●ガラスを採用して雰囲気を一新、ワイヤレス充電も可能に

 デザインという点で、従来のiPhoneとの大きく違うのは、背面にガラスを採用したこと。ガラス素材を背面全体に使用したのは、iPhone 4s以来のこと。形状はiPhone 6から続く、丸みを帯びたおなじみのスタイルだが、背面の素材が一新されたことで、視覚的にはもちろん、触り心地も変わった。第一印象は、金属を採用していた従来のiPhoneよりも繊細になったイメージを受ける。

 この素材に合わせ、カラーバリエーションも3色に変更された。特に、レビューで使用したシルバーは、背面がホワイトとガラスの硬質感や透明感が伝わりやすい。ゴールドも、従来のはっきりとした色ではなく、淡い色使いになった。これまでのゴールドよりも中性的かつ上品なイメージで、日常生活の中に、自然に溶け込むような印象だ。iPhone 7では、ジェットブラックやブラックが注目を集めたが、ガラスを採用したことでこの傾向に変化が出るかもしれない。

 実利的な面では、ガラスになったことで、より手にフィットするようになったことも強調しておきたい。特にiPhone 8 Plusではその違いが顕著だ。金属だと、乾いた手で持ったときにツルっと滑ってしまい、片手で操作しているときに落としてしまう恐れがあったが、iPhone 8/8 Plusは安定してホールドできる。特に横幅の広いiPhone 8 Plusでは、その違いが大きい。デザインやガラスの持ち心地を生かす意味では、背面を隠してしまうケースよりも、バンパーのように、背面を生かしたケースを付けたいと感じさせる。

 ガラス素材によって、ワイヤレス充電への対応が可能になったことは、機能面での大きな進化だ。ワイヤレス充電は業界標準の「Qi」に対応。残念ながら、Qiに対応したスマートフォンは徐々に減ってしまっているが、すでにサードパーティーの充電パッドが世に出ている点は大きなアドバンテージだ。今回、レビュー用にbelkinの「Boost Up Wireless Charging Pad」を借りていたが、これに加え、筆者が所有しているサムスン電子製のワイヤレスチャージャーに置いても、問題なく充電できた。

 Apple自身もWPC(ワイヤレスパワーコンソーシアム)に加盟しているため、当然といえば当然なのだが、独自規格ではなく、業界標準規格を採用してきた点は高く評価できる。ユーザーにとっては、手持ちの周辺機器をそのまま生かせるのが大きなメリットといえるだろう。

 充電ならLightningケーブルを挿すだけで、そこまで大きな違いはないのではと思われるかもしれないが、日々行うことだけに、わずかな違いでも積み重なると大きな差になる。快適さという点では、ケーブルを抜き差しするよりも、圧倒的に楽だ。充電しながら使うというシーンには向かないが、仕事中、デスクの横に置いておいたり、寝る前にワイヤレスチャージャーの上に置いておいたりするだけでいいのは、やはり便利。ワイヤレスチャージャーは、iPhone 8/8 Plusと同時に購入しておいた方がいいだろう。

 ただし、充電速度については、少々遅い点が気になった。Belkinが販売するQi対応チャージャーのページには、「高速ワイヤレス充電は、年内に無料で提供されるソフトウェアアップデートによって利用できるようになります」と注釈がついているため、現状では、最大電力の7.5Wでの高速充電ができていないとみていいだろう。ソフトウェアアップデートは、おそらくiPhone側のことを指していると思われるが、利便性の向上につながるため、早期の対応を期待したい。

●スマートフォン最高峰の驚くべきパフォーマンスの高さ

 iPhone 8/8 Plusの心臓部である「A11 Bionic」は、先代のiPhone 7/7 Plusに搭載された「A10 Fusion」とはコアの構成が異なっており、高速に駆動する2つのコアと、省電力に動く4つのコアからなる。シーンに応じてこれらを使い分けることで、パフォーマンスと省電力性を両立させているというわけだ。パフォーマンスを出すための2つのコアはA10 Fusion比で25%、省電力用のコアは70%の高速化を実現したという。

 といってもiPhone 7/7 PlusのA10 Fusionの性能もかなり高いため、正直なところ、日常的に使う分には大きな差は感じられない。カメラを起動して写真を撮ったり、SNSに書き込んだりする使い方なら、どちらも十分サクサク動くからだ。グラフィックスに凝ったゲームなどをプレイすれば差は出るかもしれないが、使用感が大きく変わったわけではない。むしろ、ここで使用感が変わってしまっては困ってしまう。

 ただし、ベンチマークでは、その差が如実に表れていたことも付け加えておきたい。Geekbench 4で測定した結果を見ると、iPhone 8/8 Plusともに、シングルコアスコアは4200を超え、マルチコアに至っては1万を超えている。この数値は、6月に発売されたばかりの「iPad Pro(10.5型)」をも上回る。つまりiPhone 8/8 Plusは、iOSデバイスでは歴代最高のパフォーマンスを誇る。上述の通り、確かに普段使いの使用感で大きな差は出ないかもしれないが、iMovieでビデオ編集をしたり、写真の編集をしたりといった、パフォーマンスを要求される使い方をする人にとっては、うれしい進化といえる。

 もう1つ、パフォーマンスという観点では、LTEのスピードが向上したことにも注目しておきたい。特に、iPhone 8/8 PlusはTD-LTEのBand 42(3.5GHz帯)に対応している点が大きい。Band 42は大手3キャリアに割り当てられており、いずれも帯域幅が大きく、特に都市部などネットワークが混雑しがちなエリアでの速度向上が見込める。試しに、レビュー用のiPhone 8/8 PlusにauのSIMカードを挿し、筆者の事務所がある渋谷近辺で使ってみたが、体感でダウンロードの速度が明らかに速くなっている。

 試しにスピードテストを行ってみたところ、iPhone 8/8 Plusともに、下りで50〜85Mbps程度の速度が出ていた。iPhone 7は40Mbsp台前半だったので、最大値の速度は倍になっていたことになる。ここまで実測値が違えば、体感で気づいたのにも納得である。念のため、Serving Cell Infoを確認してみたが、やはりBand 42につながっていたようだ。Band 42のエリアはドコモが先行しており、ソフトバンクも一部で導入済みだ。

 iPhone 8/8 Plusでは4CC CAを導入したauが最速とのことだが、端末としては256QAMに対応していることもあり、3キャリアともに、実行速度向上が期待できる。ただし、Band 42は比較的最近エリア化が始まった周波数帯。電波は生ものともいわれるほど、日々状況が変わるため、どこでもこの速度が出るとは限らない点には注意してほしい。

●スペックで表せる数値以上に実力が向上したカメラ機能

 F値や画素数など、数値だけを見ると進化がないように思えるカメラだが、実はセンサーやカラーフィルターに加え、プロセッサに搭載されるISP(イメージ・シグナル・プロセッサ)も最新のものになっている。これによって映し出されるカメラはどう変わったか。限られた時間ではあったが、カメラも試してみたので、その実力を見ていきたい。

 最初に写真を見て気付くのが、色の表現力が増していること。下の料理写真では、その実力が顕著に出た。タマゴの黄色さや、パセリの緑色がしっかり描写できていて、とても瑞々しく見える。ありていにいうと「おいしそう」だ。iPhone 8/8 Plusではディスプレイの性能も上がっているため、その違いのせいかと思いきや、PCで見てもiPhone 7との違いははっきり出ていた。一言でいうなら「メシウマ」カメラに仕上がっている。

 風景写真でも、色の鮮明さがよく出ている。IPSを刷新したことで、ノイズも少なくなっているというが、これもうたい文句通り。数値で表現してしまうと同じように思えてしまうが、ここまで仕上がりがよくなると、もはや「別物」といえる。特に難しい設定をする必要なく、シャッターを押すだけでこの写真が撮れるのは、さすがiPhoneといったところ。スペックを見たとき、正直、ここまで違いがあるとはまったく思っていなかったので、いい意味で期待を裏切られたと感じた。

 iPhone 8 Plusについては、ポートレートモードの精度も上がっている。以下に掲載した写真を見れば分かるように、背景と人物がきっちり区別されており、ボケ味も自然だ。β版という扱いだが、ポートレートライティングという新機能も搭載されている。これは、その名の通り、被写体に照明効果を加えるもの。立体的に被写体を捉えているからこそできることで、実現にはA11 Bionic neural engineを活用している。機械学習でシーンを分析し、適切な処理をかけているということだ。

 効果は4種類で、輪郭を強調したり、背景を黒くして被写体を浮き上がらせたりといったことが可能になる。さすがに本当の照明を組んだようにとまではいかないが、お手軽にここまでの効果を出せるのは面白い。欲をいえば、もう少し照明効果が多かったり、人物の切り抜きができたりするといいのだが、まだβ版ということで、今後の機能向上にも期待できる。

 撮った写真を映し出すディスプレイにも新機能が加わっている。P3に対応し、色域が広い点や、視野角が広いのはもちろんのこと、新たにiPad Proシリーズが搭載してきた「True Tone」も搭載。これによって、周囲の光に合わせてディスプレイを調整する。蛍光灯下で見ると、やや黄色く見えるが、これは人間の目が色味を一貫して捉えることができるようにするため。写真がより自然に見えるほか、電子書籍など、じっくりディスプレイに向き合いたいときにも重宝する。

●iPhoneユーザーが安心して使える「10年の集大成」

 選ぶ際に悩ましいのが、2017年はこのiPhone 8/8 Plusに加え、iPhone Xがラインアップに加わっていることである。ほぼ全体がディスプレイになったiPhone Xのインパクトが強烈だったこともあり、ともすればiPhone 8/8 Plusは“廉価版”とも捉えられがちだ。ただ、ここまで見てきた各種機能からも分かるように、iPhone 8/8 Plusの性能については、iPhone 7/7 Plusから飛躍している点が多い。

 しかも、3機種ともプロセッサは同じで、ワイヤレス充電に対応しているのも共通している。スペックでの差分はディスプレイやカメラだが、それ以上に、筆者は操作性の違いも大きいことは指摘しておきたい。iPhone 8/8 Plusは中身を最新にしながら、ホームボタンを押してホーム画面に戻り、Touch IDでユーザーの認証をするという、これまでのiPhoneの流儀を踏襲した端末だ。これまでiPhoneを所有してきたユーザーが、特に難しいことを考えずに使える点は重要なポイントといえる。

 筆者も含め、メディアは目新しさに心を奪われがちになるが、全ての人が一気に次の10年に進みたいわけではない。むしろ、率先して進みたいのはアーリーアダプターと呼ばれる人たちで、少数派かもしれない。操作の作法にこれまでとの断絶がなく、機能面では過去最高の仕上がりという意味で、iPhone 8/8 Plusは安心して買うことができる。筆者がこの2機種を「過去10年の集大成」だと考える理由は、ここにある。

ITmedia Mobileの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon