古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

「宮崎駿引退宣言」「ガリガリ君火星ヤシ味」デマ連発のフジテレビ 制作費削減で“スタッフ流出”が原因か

サイゾー のロゴ サイゾー 2017/06/12
© Cyzo 提供

 大手メディアとは思えないような失態を繰り返しているフジテレビ。5月28日の『ワイドナショー』でスタジオジブリの宮崎駿監督の「引退宣言」に関する架空の発言を放送したかと思えば、今月6日の『ノンストップ!』では「ガリガリ君火星ヤシ味」という実在しない商品を紹介してしまった。

 いずれの失態も、ネット上の“ネタ”、つまりジョークをそのまま真実だと信じ込んで紹介したというもの。とある週刊誌記者は苦言を呈する。

「昔なら『自分の足で情報を探せ』なんて言われていましたが、今の時代、面白い情報はネットにたくさん転がっているし、むしろそのほうが早いので、ネットでネタ探しをすること自体はまったく問題ないと思います。しかし、ネットで見つけた情報を番組で紹介するのであれば、裏取りをする必要はある、ちょっと検索すればウソか本当かぐらいはわかるんだから、なぜそれを怠ったかが理解できません」

 裏取り調査をしないことももちろん問題だが、そもそもネタを真実だと信じてしまうことが言語道断だ。

「ネットで面白い情報を見つけたとして、それがネタなのかオフィシャルな情報なのかを見抜けないというのは、マスコミの人間としては失格ですね。ごく普通のネットリテラシーがあれば、わざわざ裏取りなんかしなくても、ネタにだまされることなんてない。フジテレビのスタッフのレベルが相当下がっているとしか思えません」(同)

 確かに、ここ最近フジテレビのスタッフの質が下がっているという話は、業界内でよくささやかれているという。番組制作会社関係者はこう話す。

「『ワイドナショー』や『ノンストップ!』のスタッフがどうなのかは別として、全体的な傾向として、他局に比べてフジのスタッフが手薄だというのは実感しています。それはやっぱり、視聴率の低迷も影響しているんだと思いますよ」

 視聴率の低迷に呼応するかのように広告収入も激減。亀山千広社長はその責任を取るかたちで退任することが決まっている。

「当然ながら番組の制作費も削られていて、制作会社に支払うギャラも減っているんですよ。制作会社もピンからキリまでいろいろありますが、優秀なスタッフを抱えた会社であれば引く手あまた。『ギャラを落とされてまでもフジテレビで仕事をしなくてもいい』と他局を優先する制作会社も多いようです。それは放送作家も同様で、『ギャラが安いからフジでは仕事をしたくない』と話している売れっ子作家も少なくないですよ」(同)

 どうやら、制作費が削減されたことで、優秀なスタッフが確保できなくなっている様子のフジテレビ。若手スタッフの成長に期待したいところだが……。

「番組によっては『制作費を節約しろ』という上層部からの締め付けも厳しいようで、スタッフのモチベーションもどんどん下がっているみたいです。そうなると若手を育てるなんていうこともなかなかできず、どん詰まり状態ですよ。まだまだ厳しいと思いますよ」(同)

 社長交代で風向きが変わればいいが……。

サイゾーの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon