古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

「東京ゲームショウ2017」開幕 国内企業の出展最多、VR・ARに熱視線

ITmedia NEWS のロゴ ITmedia NEWS 2017/09/21
「東京ゲームショウ2017」開幕 国内企業の出展最多、VR・ARに熱視線: 「ラブプラスEVERY」のVR体験ブースには、開場と同時に長蛇の列ができた © ITmedia NEWS 提供 「ラブプラスEVERY」のVR体験ブースには、開場と同時に長蛇の列ができた

 国内最大級のゲーム展示会「東京ゲームショウ2017」(千葉・幕張メッセ)が9月21日に開幕した。「さあ、現実を超えた体験へ。」をテーマに掲げる今年は、VR(仮想現実)に加え、AR(拡張現実)、MR(複合現実)関連の出展にも注目が集まる。出展社数は609企業・団体(昨年は614)で、国内企業の出展は292社と過去最多。

 出展タイトル数は1317で、そのうちVR分野が117を占める。ソニーは昨年に引き続き「PlayStation VR」のゲームソフトを遊べるブースを出展。「The Elder Scrolls V: Skyrim VR」(米国などで11月発売)や「グランツーリスモSPORT」(日本で10月発売)などの新作を披露している。コナミデジタルエンタテインメントは、今冬リリース予定のスマートフォンゲーム「ラブプラスEVERY」のVR体験イベントを行うなど、各社がVRコンテンツを用意している。

 一方、昨年新設した「VRコーナー」は「VR/ARコーナー」に改称。VR映像と一緒に香りを体験できるデバイスなど、“体感型”のゲームタイトルの出展も目立つ。また、MRプラットフォーム「Windows Mixed Reality」に対応したヘッドマウントディスプレイを装着できるブースも登場している。

 一般公開日(23、24日)には、コンピュータゲームの腕を競い合う「eスポーツ」の大会「e-Sports X」(イースポーツクロス)を開催。2カ所の特設ステージにそれぞれ500の客席を設け、世界のトッププレイヤーが熱戦を繰り広げるという。「日本でのeスポーツの本格普及に弾みをつける」としている。

ITmedia NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon