古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

「水が足りない」=南スーダン支援強化要請―国連高官

時事通信 のロゴ時事通信 2014/06/17 17:43 JIJI Press

 南スーダン問題を担当する国連のトビー・ランザー事務総長特別副代表は17日、東京都内の日本外国特派員協会で記者会見し、南スーダン内戦の避難民の間で、5月からコレラ感染が拡大しているが「食事前、トイレ後に手を洗えばコレラは防げるのに、そのための水が足りない」と窮状を訴えた。

 ランザー氏は北部の都市ベンティウを例に挙げ「政府軍、反乱軍、また政府軍と半年で6回も支配者が入れ替わった。市内に市民は一人も残っていない。4万人が国連施設に逃げ込んでいる」と現状を説明。避難民であふれ返る施設内の環境は劣悪で「1人当たりの空間は南アフリカの故マンデラ元大統領が収容されていたロベン島の監獄より狭い」と強調した。 

image beaconimage beaconimage beacon