古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

「深夜販売に行くぞー! 入れるぞー!」──まとめて覚える! Windows 8のセットアップ

2014/09/19

Microsoftアカウントでセットアップが簡略化

Windows 8が従来のWindowsと大きく違うのは、統一した1つのアカウントでアプリや各種データを管理する点にある。このアカウントが「Microsoftアカウント」で、従来はWindows Live IDなどの名称で呼んでいた。これが何を意味するのかといえば、同アカウントで過去に登録した情報により、初めてセットアップを行うPCでも、最初から各種設定が完了した状態となる。これまでWindowsが不調になったりマシンを買い換えるたびに再インストールや環境構築に多大な時間を費やしていたのが、セットアップでアカウント情報を入力するだけで、あとは少しの手間で使い始めることができる。「PCの不調を直すために再インストール」というユーザーには、「各種設定を維持したまま環境をリセット」といったオプションもWindows 8では用意する。

 アカウント情報を入力するタイミングは、OSインストール、または、購入したPCを初めて起動した直後だ。アカウント名の入力を求めてくるが、ここで入力したものがMicrosoftアカウントのIDとなる。もし、Windows Live Messengerなどでアカウントを取得しているユーザーの場合、パスワードの確認をしてくる。これで認証が完了すればセットアップは終了だ。MicrosoftアカウントのIDは、Windows 8にログインするときの認証アカウントとなる。ロック画面を解除してスタート画面に移動するには、毎回パスワードを入力する必要がある。「オンラインでないとログインできないの?」という疑問もでてくるが、ネットワーク接続できる環境になく、オフライン状態でロック画面を解除する場合、前回入力したパスワードで認証するようだ。

Windows 8ではセットアップでアカウント名を確認してくるが、これは従来のWindowsと異なり、「Microsoftアカウント」と呼ぶオンライン認証用だ。すでにMessengerやSkyDriveなどで同アカウントを持っているユーザーの場合、当該のメールアドレスを入力すると確認のためのパスワード入力を求めてくる(写真=左、中央)。Windows 8をセットアップ直後で初回起動にもかかわらず、すでに個人設定のいくつかが行われている。これはMicrosoftアカウントの既存設定を引き継ぐためだ(写真=右)

 Windows 8のセットアップが完了してスタート画面が表示すると、いくつかのアプリが「Liveタイル」で情報が定期的に更新しているユーザーもいるだろう。すでに、Windows 8のプレビュー版でMicrosoftアカウントに情報を登録してきたことで、OSのセットアップ直後ながら、これらの情報が引き継がれているためだ。これは「ストア」アプリも同様で、過去に購入したアプリを一覧で表示する。このアプリリストにチェックを入れ、一括でインストールすることも可能だ。また、デフォルトで登録しているアプリについても、アップデートの通知きているはずだ。これはOSを出荷してユーザーの手元に届くまでの間に発生したアップデートを知らせるもので、従来になかったダイナミックなアプリや機能の更新が可能になっていることを意味する。

「ストア」アプリを起動すると、画面右上に「更新プログラム(6)」と出ている(写真=左)。ここをタップすると、現在アップデートを提供しているアプリを一覧として表示する(写真=右)

ストアアプリの設定メニューを開いて「アプリ」を選択すると、そのユーザーが過去に「Microsoftアカウント」で購入したアプリの一覧を表示して(写真=左)、そのまま購入プロセスを経ずにインストールできる(写真=右)

標準アプリはこう使う

 初期状態でスタート画面左中央に位置する「ピープル」というアプリも、Microsoftアカウントをすでに持っているユーザーの場合、最初からいくつかの人物の写真を表示しているだろう。これは、Facebook、Twitter、LindedInといったソーシャルネットワークのサービスとMicrosoftアカウントを「OAuth」という仕組みで接続し、それらをひとまとめにしてWindows 8上で表示しているためだ。こうしたソーシャル連携もWindows 8の特徴の1つだ。「ピープル」「カレンダー」「メッセージング」といったアプリでは、このOAuthで接続するソーシャルサービスの情報を共有し、そのまま利用するようになっている。Googleサービスに接続する場合、カレンダーではGoogle Calendarの情報を表示することができる。

 だが、Windows 8標準のアプリでも、こうした各種設定の引き継ぎを行わず、セットアップのたびに情報の再入力が必要なものもある。典型的なのが「メール」で、ここでは毎回アカウント情報の登録が必要だ。ただし、メールの場合、Hotmail、Gmail、Outlook(Outlook.com)といった代表的なWebメールサービスであれば、アカウント情報を入力だけでセットアップが可能で、サーバ名などの面倒な情報を入力しないで済む。また、複数アカウントの同時管理もできるが、これらは、タブで切り替える形となる。

FacebookやTwitterなど過去に「OAuth」で接続したアカウントはMicrosoftアカウントに関連付けられており、同じアカウントでセットアップした段階でサービスを利用できる。接続しているサービスは一部アプリ(「ピープル」や「カレンダー」など)の右上にアイコン形式で表示するほか、Microsoftアカウントに直接アクセスして確認できる(写真=左)。過去にWindows 8をある程度使ったことがあるユーザーなら、インストールや基本セットアップが完了した時点ですぐ使い始めることができる。だが「メール」アプリでは個別にセットアップが必要になる(写真=中央)。いくつかのメールサービスはデフォルトで基本設定を用意しており、アカウント名を入力するだけで利用できる(写真=右)

「Outlook.com」もアカウント名の入力だけでセットアップが可能だ。アカウントの追加メニューは「Charm」メニューの「設定」を開けば表示できる(写真=左)。「メール」では複数のアカウントを同時に管理でき、適時切り替え可能だ(写真=右)

 Windows 8の動作を理解するために試してほしいのが「メッセージング」アプリだ。FacebookにMicrosoft Messengerと、Windows 8にMicrosoftアカウントでログインしている間は、接続先のサービスは、すべて「オンライン」の状態と認識する。別のユーザーにこれらインスタントメッセージングサービスで呼び出されると、画面右上にポップアップを表示する。ここをタップするとメッセージングアプリに切り替わり、会話を継続できる。ただ、これまでのIMサービスは、ほかの作業を行いながら別アプリでウィンドウを表示してチャットを継続していた。全画面表示のみのWindows 8スタイルのアプリでは対応できない。その場合は、スナップビュー(Snap View)を使って画面の左右に小さい枠でメッセージングアプリを表示して、2つの作業を並行して行うといいだろう。

「メッセージング」アプリでは、FacebookやMicrosoft Messengerなどが利用できる(写真=左)。Windows 8を利用中は常にオンラインになっており、メッセージを受信するとアプリを開いていなくても画面右上にポップアップが出現する(写真=中央)、このポップアップをタップするとメッセージングアプリが開いて会話ウィンドウに移行する(写真=右)

Windows 8のFlash問題

 Windows 8を使い始めて早い段階で遭遇する問題の1つが「Flash」コンテンツの表示だ。Windows 8スタイル版Internet Explorerで、Flash PlayerやSilverlightなどのプラグインが利用できないことは比較的知られているが、実際にこれらコンテンツがあるWebページにこのWebブラウザでアクセスすると、「×」マークを表示するか、最新のFlash Playerをインストールするように警告が出る。デスクトップ画面から実行するデスクトップ版Internet Explorerではこうしたことはなく、最新バージョンをインストールすることでコンテンツを表示可能だ。

Windows 8スタイル版Internet Explorerでは、Flashコンテンツを使ったWebページのいくつかが表示できない場面に遭遇する(写真=左)。Internet ExplorerにおけるFlash非表示問題について、Adobe SystemsがWebページにFAQを用意されている。Windows 8では、Flashプラグインのダウンロードで、まずこのFAQページにアクセスする(写真=右)

 ただし、このルールは製品版Windows 8で一部緩和され、「特定のWebページであれば、FlashコンテンツであってもWindows 8スタイル版Internet Explorerで表示できる」となる。YouTubeやニコニコ動画などが典型的な例で、Flashを必須とする大手サービスのWebページは問題なく利用できるようだ。一方で、Microsoftが「Flashコンテンツが、バッテリー消費やパフォーマンスなどの観点で、OSの動作に支障をきたさない」という条件を満たしたWebページをまとめた「CV(Compatibility View) List」に適合しない場合、今後もサポートする可能性は低い。特に、Flashを多用したファッション関連やレストラン、観光、そして、個人のWebページなどがこれに該当する見込みだ。そういう意味で、今後も適時デスクトップ版とWindows 8スタイル版のInternet Explorerを使い分けていく必要があるかもしれない。

Flashプラグインが最新バージョンの場合、デスクトップ版Internet Explorerではそれまで表示できなかったコンテンツが問題なく表示できる。なお、Flashプラグインを有効にした場合でも、このサンプルで使用したWebページはWindows 8スタイル版Internet ExplorerでFlashコンテンツが表示できない。その原因はMicrosoftが用意する互換サイト一覧にこのサイトが登録されていないことによる。実際、リストに登録されているサイトの場合(画面の例は「ニコニコ動画」)、Windows 8スタイル版Internet Explorerでも問題なく表示できる

Microsoft Officeをインストールする

 最新版のMicrosoft Officeにあたる「Office 2013」の発売はまだ先だが、その「カスタマープレビュー」版がオンラインでダウンロード可能になっている。2013年6月30日までの試用を目的とした期間限定版ながら、機能の多くはそのまま利用でき、タブレットやタッチUIの世界でのOfficeを体験できる。Windows 8ユーザーは、まずこれを試してみたい。

 Officeカスタマープレビューの特設Webページにアクセスして、Microsoftアカウントでログイン、必要な情報を入力すると、あとは64ビット版 または、32ビット版のダウンロードが可能となる。Office 2013は「ストリーミングインストール」と呼ぶ機能に対応しており、オンラインから必要ファイルをダウンロードしてインストールを行いながら、すぐに使い始められる。ユーザーの作業中もインストールは継続し、インストールが進むごとに該当する機能のブラックアウトが解除されていく形だ。

Windows 8では、いくつかのアプリを初期状態で登録している。「bing」アプリの場合、検索結果がこのようにWindows 8スタイルに準拠したタイル表示となる

発売までまだ数カ月ほどかかるとみられるが、最新のMicrosoft Officeが「カスタマープレビュー」でオンラインから提供している。2013年6月30日までの期間限定試用バージョンだが、機能的に大きな制限はない。「ストリーミングインストール」機能のおかげで、インストール中からアプリケーションの利用を開始できる

そしてカスタマイズしよう

 「OSは基本的にデフォルト状態で使用する」を信条としているユーザーも少なくないが、自分用にカスタマイズを行いたいユーザーも多いだろう。従来のWindowsほどの自由度はないものの、基本色やスタート画面のデザイン、ロックスクリーンの画像などでカスタマイズできる。

 非カスタマイズ派のユーザーであっても、ピクチャーパスワードとPINコード入力は使いやすいようにカスタマイズしたいところだ。Windows 8のデフォルト状態では「Microsoftアカウントのパスワード入力」が毎回必須となるため、タッチスクリーンのみのユーザーには操作が面倒だ。そこでタッチ操作で簡単に入力できるピクチャーパスワードや、数字4桁の入力のみというPINコードにパスワード入力を切り替えることで使いやすくなる。特に、Windows 8を導入したタブレットPCでは、操作の間を置くと自動的に画面を消し、再度操作を開始する場合にはロックスクリーンを解除する必要があるため、このあたりの手間はばかにならない。

Charmの設定メニューを開いて「PC設定」を選択すると、環境をカスタマイズできる。以前のプレビュー版と比べて設定項目が増えているので、ユーザーの希望により近い画面に変更できるだろう

Windows 8はデフォルト状態でロック解除やログインに毎回Microsoftアカウントのパスワード入力が必要だが、自分でオリジナルの画像を用意してピクチャーパスワードを設定したり、4桁の数字のPIN番号を設定したりと、タッチ操作でも使いやすい入力方式も使える

 

 さあ、いよいよWindows 8の発売だ。ニューヨークでは発売記念イベントが行われ、Microsoftの"公式"Windows RTデバイス「Surface RT」が入手できるという。次回はこの速攻レビューを紹介する予定だ。

image beaconimage beaconimage beacon