古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

「無断使用」と「引用」の境界は? 「写真と法律」解説する連載、アサヒカメラに

ITmedia NEWS のロゴ ITmedia NEWS 2017/03/21
「無断使用」と「引用」の境界は? 「写真と法律」解説する連載、アサヒカメラに: 画像:ITmedia © ITmedia NEWS 提供 画像:ITmedia

 カメラ雑誌「アサヒカメラ」(朝日新聞出版)で、写真と法律について解説する全12回の連載「写真好きのための法律&マナー」が、2017年4月号(3月20日発売)からスタートした。第1回は「まとめサイト問題から考える『SNS時代の著作権』」と題し、引用の注意点を解説する。

 2月号に掲載された「写真を無断使用する“泥棒”を追い込むための損害賠償&削除要請マニュアル」は大反響を呼び、3月号にも同じ記事を再掲載するという異例の措置を採った。

 一方で、「行き過ぎた著作権意識は写真文化の醸成を阻むことになりかねない」と指摘。写真と法律を正しく理解してもらうべく、「写真好きのための法律&マナー」を毎号8ページでスタートする。

 4月号の第1回では「まとめサイト問題から考える『SNS時代の著作権』」と題し、引用に関する注意点を、著作権問題に詳しい福井健策弁護士がアドバイスする。

 記事ではまず「著作物とは何か」を解説。その上で、引用する場合は(1)自分の作品との明瞭な区別、(2)自分の作品がメイン(主従関係)(3)引用する必然性と関連性、(4)出典の明記、(5)改変しないこと――が必要であり、未公表の著作物は引用できないことなどをイラスト付きで説明する。

 例えば、「友人が旅先で自分を撮った写真が送られてきたので、自分のSNSにアップした」ケースでは、厳密に言えば著作権に気を配らねばならない、などと解説しているという。

ITmedia NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon