古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

「知念くんは残念」NHKディレクターの“Hey!Say!JUMP辛口評価ブログ”が突然削除の怪!

サイゾー のロゴ サイゾー 2017/05/12
© Cyzo 提供

 4月29日に放送された『Hey!Say!JUMPの昭和にジャンプ』(NHK)。同番組は、平成生まれのメンバーが“今見てもスゴイ昭和”の建造物や記録などを徹底調査する単発のバラエティ番組で、ファンの間で大きな話題を呼んでいた。

 そんな同番組のディレクターを担当した杉江義浩氏が、個人ブログ「すぎぃの明るい恋愛相談室~グルメと恋のお部屋~」に、Hey!Say!JUMPの印象をつづった文章を投稿。しかし、突如記事が非公開となってしまい、ネット上で物議を醸している。

 杉江氏は5月5日、「Hey!Say!JUMPの魅力」といったタイトルでブログを更新。同記事でメンバー9人の印象についてつづったが、知念侑李について「可愛いけれど、ちょっと自分流に先を読みすぎるトークで、結果的に滑る残念なところがありました。可愛いので許せてしまいますが、やや空回りしてるところがあります」、山田涼介については「全てが二枚目で、トークも優等生的ではあります」と評価していた。

 また「スタジオのMCは当初予定していた山田くんではなく、有岡大貴くんにお願いして大正解でした。ジャニーズ事務所の方から、MCには有岡を、とお勧めされたのです。有岡くんは山田くんに比べて顔に華がないかな、と思っていましたが、実際には大違い。メンバーをまとめる力というか、誰にでも話を振れるオールマイティーなトーク力がありました」と裏話も披露。そして高木雄也と中島裕翔について「ジャニーズらしさで言えば、ジャンプのなかでも最もジャニーズらしい高木くんと中島くんでした」と明かした。

 そんな赤裸々なメンバー評価が記されたブログは、ファンの間ですぐに拡散されたが、突如「※掲載は終了いたしました」といった文章だけが書かれ、閲覧できない状態になってしまったのだ。

「記事が公開された当初は、ファンから『一緒に仕事をしたスタッフの方から、客観的なメンバーの印象を聞けるのは貴重』『こんなふうに教えてもらえてうれしい』といった声が上がっていたものの、突如非公開となったことで、『何か大きな力が働いた?』『事務所の圧力かも』との予想がネット上を飛び交っています」(芸能ライター)

 事務所の“校閲”によって非公開になったという予想があるものの、8日に杉江氏は、コメント欄で「7名の方からコメントを頂き、また37名もの方にリブログしていただいて、大変嬉しく思っています。ご意見ご感想はしっかと胸に刻みました。Amebaのブログに書いた本文については、立場上不適切と考えたため、突然ですが公開を終了いたしました。リブログしていただいた方にご迷惑をかけ、申し訳ありません。また機会があればよろしくお願いします」と説明している。

「同ブログには、特に知念ファンから『メンバーのうち、知念くんだけ酷評か。「滑る」「空回り」「残念」と評価されたのはつらい』『知念くんの魅力がわからない人にディレクターを担当してほしくない』といったネガティブな声、一方で『知念くんの評価は的確だと思った。頭がいいからこそ空回りしてしまうのでは』『決して印象のいい内容ではないけど、初めて仕事したディレクターさんに、こういう印象を持たれるのは、知念くんが成長した証拠』といった前向きな声など、さまざまな意見が寄せられました。非公開になった理由は、こうしたファンからの反響が大きすぎたという点もあるかもしれませんね。逆に、それだけ注目度の高いグループなのだということが杉江氏に伝わり、NHKでの活躍の場が広がればよいのですが……」(同)

 全体的に見ると、非公開を惜しむ声が多かった同ブログ。『Hey!Say!JUMPの昭和にジャンプ』自体も、視聴者からは好評のようだが、果たして第2回の放送はあるのだろうか。

サイゾーの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon