古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

「空飛ぶスパゲッティ教会」、ドイツ裁判所が公告掲示を禁止

Reuters のロゴ Reuters 2017/08/03

[ベルリン 2日 ロイター] - 反宗教を掲げる団体「空飛ぶスパゲッティ・モンスター教会」(FSM)に対し、独ブランデンブルクの裁判所が2日、町の入口に広告を掲げることを禁止する判断を下した。

FSMは、宗教は不寛容だとして批判を展開し、世界中で信奉者を獲得している。

ドイツでは、教会がしばしば町の入口に広告を掲示しており、FSMはブランデンブルクの入り口に教会同様に広告を掲示する許可を求めて訴訟を起こしていた。

裁判所は「原告は宗教団体としても、常識的な世界観を持つ集団としても認められない」との声明を発表し、訴えを却下した。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon