古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

「職業は関係ない!」V6・森田剛、AV女優との熱愛騒動で見せた男気

サイゾー のロゴ サイゾー 2014/04/22 17:35 Cyzo

 男性アイドルグループ「V6」の森田剛(35)が、当サイトでも既報のAV女優・美雪ありす(26)との交際について発売中の「週刊女性」(主婦と生活社)でコメントした。同誌は二人そろって犬の散歩に出掛ける様子や美雪が森田のマンションから出てくる写真などを掲載し、半同棲状態であると報道。さらに、二人が帰宅したタイミングで直撃取材している。ジャニーズアイドルが事務所を通さない週刊誌の取材に応えるのは異例中の異例だ。

 二人の交際は先々週発売の「女性セブン」(小学館)が最初に報じ、名前は伏せられていたものの、ファンの調査で美雪だと特定。美雪は「元アイドル」の肩書きで2010年にAV入りし、167センチの高身長で抜群のスタイル、癒やし系の笑顔を武器にデビューから現在に至るまでヒット作を連発している超人気女優だ。美雪のTwitterの過去の書き込みと、二人の行動を記した記事内容が完全に一致していたことが決定打になった。

 これに一部の森田ファンは激怒し、ネット上で「森田剛を信じてきたのに。AV女優を彼女なんかにできるの? なんで?」「(AV女優は)好きでもない男と3Pとかしたりするんだよ? 普通に考えて気持ち悪いw」「AV女優が彼女って普通嫌だよね」などと、職業差別的な言葉で美雪を執拗に攻撃。美雪のTwitterにも心ない中傷が殺到し、一部ファンは森田が所属するジャニーズ事務所に彼女の出演DVDを送り付けたなどとも明かしていた。その後、美雪は承認したフォロワーしか見られない「鍵付き」にTwitterを変更。疑惑の対象になっているツイートや画像も削除した。

 そんな中、週刊誌に同棲疑惑を直撃された森田は「してないッス。ちょっと待ってて。オレ逃げないから」と、美雪に部屋の鍵を渡して先に帰らせ一人で取材に応対。「友達ですよ、普通に」と交際は認めなかったが、一緒に旅行に行ったことや美雪が日常的に部屋を訪れていることは否定しなかった。

 記者が「美雪さんとの関係を公にしないのは、彼女の職業が理由ですか?」と尋ねると、森田は「職業は関係ない!みんな一緒!」と真剣な表情でキッパリ。さらに「オレの写真を使ったりとか、名前を記事にすることはいいんだけど、彼女は大変なんです、いろいろ。男はどうとでもできるからいいんだけど、女の人だし、特殊な仕事じゃないですか…」と美雪を気遣った。

 ジャニーズアイドルという立場上、事務所に無断で交際を認めるわけにはいかないのは当然。それでも中傷にさらされている彼女を守ろうという気概を見せた森田は男として立派だ。森田といえば、2010年に破局した上戸彩や一昨年にゴルフデートが報じられたmisonoなど熱愛騒動は過去にもあったが、いずれもここまでハッキリと直撃取材に応じたことはない。森田がいかに美雪を大事に思っているのかがうかがえるというものである。この森田の男らしい言動については、V6ファンはもちろんのこと美雪ファンの男性からも賞賛の声が上がっている。

「スキャンダル防止のために、ジャニーズタレントにAV女優が当てがわれるというケースは少なくない。そういった場合はセフレ関係にしかならない。しかし、森田は美雪と1年以上も交際し、人目を気にせずにショップで一緒にインテリア雑貨を購入したり、宮古島に旅行に出かけたりしている。これは彼女を一人の女性として本気で好きになっている証拠でしょう」(芸能関係者)

 一方、美雪も21日にTwitterを一般公開に戻し、以下のようなコメントを発表した。

「一部報道にありました件ですが、お相手の方にご迷惑をおかけした事、またお相手のファンの皆様には私の職業の事で嫌悪感やご心配をおかけした事かと思います。私事でお騒がせしてしまい、申し訳ありません。また私を応援してくれている皆様、ご心配おかけしました。ごめんなさい」

 直接的な言及ではないものの、事実上交際を認める発言といえるだろう。かなり勇気のいる行動だが、森田の誠実さに応えるためにも彼女は自分の言葉で説明すべきだと思ったのだろうか。

 異例の展開にファンも混乱しており、ネット上では以下のような賛否両論が巻き起こっている。

「これで美雪ありすを中傷しないのがV6ファンだよね!すっご嫌なの分かるけど、そーゆうことはしない」「悲しいけど、剛くんのファンなら応援しないと」「今の剛くんはV6とかメンバーより彼女の方が大事なのか」「剛くん、男としてはかっこいいけどさ…あなたはアイドルなんだよ」「祝福したいけど、それを受け止める器が今の自分にはない…」

 両者とも難しい立場にいる今回の熱愛騒動。しかし、いずれにせよ美雪が「AV女優だから」という理由で幸せになる権利を奪われるべきではない。ジャニーズの慣例を破ってまで男気を見せた森田には、是非とも彼女を守り続けてほしいと願いたい。(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)

※イメージ画像:『ゴージャスオナニーサポート 美雪ありす』アイデアポケット

サイゾーの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon