古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

「良い神経質」と「悪い神経質」

ITmedia NEWS のロゴ ITmedia NEWS 2014/06/16 ITMedia
「良い神経質」と「悪い神経質」: 画像:ITmedia © ITMedia ���供 画像:ITmedia

 細かいことが気になってしょうがない神経質な人は、

 「あれも心配、これも心配」

 「あれでよかったのか、これでよかったのか」

 「あそこが気に食わない、ここが気に食わない」

 と、あせってばかりで心も行動も落ち着く暇がありません。こういう人に、

 「ささいなことを気にしなさんな」

 と言っても、「性分なんだから、それはしょうがないよ」とか、「ささいなことが大きな失敗につながる可能性もあるでしょ」と反発されそう。確かに、一理あります。

 いろいろなことを神経質にチェックしたり、あらゆる危険因子を想定したりするからこそ、良い結果につながることは多いものです。無神経な人は何をやってもおおざっぱで、穴だらけ……ということもあるでしょう。

 しかし、神経質にも「良い神経質」と「悪い神経質」があります。その分岐点は、ひと言で言うと、

 「神経質になる意味があるかどうか」

 です。どれほど神経質になっても、それが大勢に何ら影響しないささいなことだったら、ただ心身を消耗させるだけです。

 おまけに時間まで浪費するのですから、何の意味もありません。そこで、神経質な人は何か気になることが生じたら、

 「それは神経質になるのに値すること?」

 と自問自答することです。そうすると少なくとも、「理由なく神経質になってあせっている」ムダを排除できます。

 例えば、先に心配事があるなら、どんな悪い事態が予測されるのかをリストアップし、それに備えていまできることがあるかを考える。できることがあればすればいいし、ないのであればいくら神経質に心配してもしょうがないと分かります。

 してしまったことに対する心配も同じ。いまからでも修正できるならそうすればいいし、できないなら結果を待って善後策を練ればいい。

 また、ささいなことが気になるときは決まって、視野が狭くなっているもの。大局的に物事を捉えて、そのささいなことが結果を左右する因子になるかどうかを考えればいいのです。どうってことのない因子なら、安心して放っておけます。

 神経質になるか否かは、料理の塩加減にたとえると分かりやすいかもしれません。無造作にたくさんの塩を入れてしまうと修正がききませんから、この場合は「塩をたくさん入れすぎない」よう神経質になるべき。少ない分には後で足せるので、「足りないかもしれない」と神経質になる必要はありません。

 同じ神経質になるのなら、いい結果を招く行動に結びつけてこそ価値があります。意味のないことに神経質になる愚は戒めましょう。あせりが増すばかりです。

[斎藤茂太,Business Media 誠]

ITmedia NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon