古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

「黙って死ねるか!」20年前の手記で明らかになる、松居一代の調査能力と執念

サイゾー のロゴ サイゾー 2017/07/27
© Cyzo 提供

 “ほれた弱み”だったのか“黒魔術”の力なのか。不幸な結果が生まれている。俳優・船越英一郎(57)とタレント・松居一代(60)の結びつき。父・英二さん(享年84)さんや周囲の関係者の大反対を押し切って、松居と結婚した船越。船越の洗濯物に「私の旦那になる人」と“呪い”を掛け続けた松居。2人が結婚したのは2001年だった。一時は“おしどり夫婦”と呼ばれたこともあったが、いまや醜い離婚騒動中。

 私のところに、船越の関係者から、「船越が松居からDVを受けている」という情報がもたらされたのは約10年前。その時に頭に浮かんだのが、松居が一度目の離婚で書いた「バブル亭主、ゼネコン、銀行との『わが闘争』…黙って死ねるか!」(新潮社「新潮45」1998年11月号)という手記だった。ファッション業界で一世を風靡していた1歳年上の男性との出会い。お互いにパートナーがいた中での交際。男性は、松居と交際中に、松居とは別の女性と超豪華挙式・披露宴を行った。しかし、松居との交際は続き、その後、男性は離婚して、松居に本格的にプロポーズ。バブルの申し子のような男性は、数分で何百万円の買い物をしてしまうこともあったらしい。松居は86年に男性の要求を呑んで結婚する。2人が新婚生活に選んだマンションは、家賃200万円。「小体育館」のようなリビングもあったそうだ。

 この「玉の輿結婚」は、3年後に長男に恵まれたが、長続きはしなかった。バブル夫に松居よりも10歳以上若い愛人がいたことが判明。夫の浮気発覚と謝罪の繰り返し。松居は探偵事務所に「夫の浮気調査」を依頼しようと考えるが、費用が高額だったために断念。自力で調査を開始した。外務省で夫の出入国記録を入手。航空会社では夫の隣に誰が座っていたかを調べ、ホテルのルームサービスで何を注文したかまで聞き出したという執念。こんなことがホントに個人でできるのかという疑問もわくが、松居は手記に書いている。

 そして、松居は、バブル夫が愛人に数億円を貢いでいたことも調べ上げた。結果、夫妻は別居。夫は、松居に3億円のマンションを用意した後、家庭裁判所に離婚調停を申請した。「マンションをやったのに離婚しない。ベンツも渡した。脅されて公正証書を書かされた」というのが夫の主張だったそうだ。しかし、マンションは借金付き、ベンツは夫の会社名義と松居が反論し、泥試合になったが、結婚10年目の96年に正式離婚。

 この手記を読み直してみると、松居の原点が見えてくる。すべての夫婦関係をブッチャケてしまう性格。船越は“これ”を恐れていて離婚を言い出せないでいたのだ。

 今回の騒動も、松居が別居中の船越のパスポートを持ち出して、出入国記録を把握したり、船越のノートを持ち出して、スケジュールを探ったりしたことから始まっている。船越の行動をチェックするぐらいは、松居には朝飯前だったのだろう。

 船越側は、松居の数々の暴言(?)に名誉毀損・業務妨害での法的処置を検討中で、松居は「元気100倍で出廷するから」と受けて立つ構えを見せている。離婚したい夫と結婚生活に未練がない妻。これで、どうして長くなるのだろうか? 私にはわからない。

石川敏男(いしかわ・としお) 昭和21年11月10日生まれ。東京都出身。『ザ・ワイド』(日本テレビ系)の芸能デスク兼芸能リポーターとして活躍、現在は読売テレビ『す・またん』に出演中。 松竹宣伝部、『女性セブン』(小学館)『週刊女性』(主婦と生活社)の芸能記者から芸能レポーターへと転身。

サイゾーの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon