古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

「龍角散のど飴にドーピング禁止物質」誤情報Twitterで拡散、龍角散が否定

ITmedia NEWS のロゴ ITmedia NEWS 2017/01/11
「龍角散のど飴にドーピング禁止物質」誤情報Twitterで拡散、龍角散が否定: 龍角散のニュースリリース © ITmedia ニュース 提供 龍角散のニュースリリース

 「龍角散」ののど飴に、ドーピング禁止物質が含まれている――こんな誤った情報が1月11日ごろTwitterで拡散し、龍角散がニュースリリースで否定する騒ぎになった。

 きっかけは、あるユーザーが10日、日本卓球協会が出した反ドーピングの国際基準変更に関する資料の写真とともに、「龍角散も禁止なった」などととTwitterに投稿したこと。

 この資料には、今年から新たに禁止された物質として、南天などの生薬に含まれる「ヒゲナミン」が記載されており、「ヒゲナミンが含まれるのど飴は使用を避けるよう」と書かれていたが、龍角散ののど飴(商品名は「龍角散ののどすっきり飴」)についての記載はなかった。このユーザーは、龍角散のど飴にヒゲナミンが含まれると誤解してツイートしたようだ。

 このツイートはまとめサイトにまとめられるなどして拡散し、誤解が拡大。11日朝には「龍角散」がTwitterのトレンドに入るなど話題が大きくなった。

 龍角散は11日昼、「一部メディアやSNSで、禁止物質『ヒゲナミン』が当社の『龍角散ののどすっきり飴』に含まれているという記事があったが、ヒゲナミンは一切含まれていない」とのニュースリリースを発表。「ご安心ください」と呼び掛けている。

ITmedia NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon