古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

「24時間テレビ」のマラソン騒動が重症だった! ジャニーズが断り続け、リレー形式が濃厚か!?

TOCANA のロゴ TOCANA 2017/08/18 株式会社サイゾー

夏の風物詩・日本テレビ「24時間テレビ40 告白~勇気を出して伝えよう~」(8月26~27日)のチャリティーマラソンランナーの選定は遅れに遅れた末に結局、まさかの当日発表となった。この決定にもっとも異論が出ているのは、実は日本テレビ内だ。幹部や24時間テレビの一部のスタッフが、すでに内定しているマラソンランナーの情報を頑なに明かさないため、局内は大混乱に陥っている。

 例年ならばとっくに発表になっているチャリティーマラソンランナーだが、今年は異例の当日発表となった。「本当ならばこんな形式を取りたくなかった。結局は 決め切れなかったから、こうなってしまった。番組サイドは亀梨和也などジャニーズのタレントが第一希望だったが、どうしてもジャニーズが首を縦に振らずに、ずるずる来てしまった。これまでに報じられたりゅうちぇるや渡部建などは本命がダメだった場合の補欠してノミネートされている。このままでは巷間言われているリレー形式が濃厚だ」と日テレ関係者。

 マンネリと言われて久しい24時間テレビ、チャリティーマラソンだが、当日発表ということでいつになく注目を集めていることは確かだ。まさに怪我の功名と言ったところだが、「いったい誰なの?」と盛り上がる“外野”と違って、内部からは不満が噴出している。

© TOCANA 提供

「当然、局の上層部と24時間テレビのチャリティーマラソンの関わるスタ ッフは、誰が走るのか知っています。だけど緘口令が出ているようで、局内にも一切漏れてこないのです。本当に一部の幹部とスタッフしか分からないんです。さすがにこの秘密主義に、局内が苛立っていますよ」と別の日テレ関係者。

 日テレ内の多くの関係者が腹を立てるのも無理もない。決して興味本位で知りたいわけではなく、仕事に関係してくるからだ。チャリティーマラソンを看板の一つとしている日テレは毎年、24時間テレビ当日に走る以外にも、報道・情報番組やランナーと関係が深いバラエティー番組等が密着し、盛り上げてきた。今年は当日発表のために当然、これはできないのだが、問題となっているのはいわゆる「振り返り番組」だ。翌日以降の日テレの様々な番組にランナーが出演し 、当日の模様を振り返ったりすることが恒例となっている。ランナーは日テレ内ではヒーロー・ヒロインとして手厚く扱われるのだ。

「マラソンを終えた後の“振り返り企画”が、各番組とも現状では一切進んでいないのです。それはそうですよ。誰が走るのか教えてくれないのだから、準備を進めることはできない。それでもマラソン後は何かしらの企画をやらなければならないため、関係してくる各番組のスタッフは頭を抱えていますよ」と制作会社関係者。

 いったい走るのは誰か? もっとも知りたがっているのは、日テレのスタッフたちだ。

※画像は、日本テレビ「24時間テレビ 愛は地球を救う」公式サイトより引用

TOCANAの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon