古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

「dynabook Satellite T954/98L」――世界初“4K”ノートPCの実力は?(使い勝手編)

ITmedia NEWS のロゴ ITmedia NEWS 2014/05/22 08:00 ITMedia
「dynabook Satellite T954/98L」――世界初“4K”ノートPCの実力は?(使い勝手編): 東芝ダイレクトのWebオリジナルモデル「dynabook Satellite T954/98L」。直販価格は20万5000円(税別)から © ITMedia 提供 東芝ダイレクトのWebオリジナルモデル「dynabook Satellite T954/98L」。直販価格は20万5000円(税別)から

●はじめに:4Kディスプレイ+ハイパフォーマンスの豪華仕様ノートPC

 ノートPCに“4K”ディスプレイを最初に持ち込んだのは東芝だった。世界初となる4Kディスプレイ搭載ノートPC「dynabook T954」を4月25日に発売したのだ(2014年4月16日時点で世界初/東芝調べ)。高画質に加えて、高性能も兼ね備えており、同社のノートPCブランド「dynabook」の最上位にふさわしい豪華仕様のモデルに仕上がっている。

 今回は同社直販サイト「東芝ダイレクト」で取り扱うWebオリジナルモデル「dynabook Satellite T954/98L」を入手したので、早速その実力をチェックしていこう。

 最大の特徴となる大画面の4Kディスプレイは、3840×2160ピクセルという前代未聞の超高解像度を実現した15.6型ワイド液晶だ。その画素密度は約282ppi(pixels per inch:1インチあたりのピクセル数)と非常に高い。広視野角のIPS方式を用いた低消費電力のIGZOディスプレイを搭載する。

 基本性能の高さも注目に値する。CPUはCore i7-4700HQ(2.4GHz/最大3.4GHz)を搭載するが、これは第4世代Coreの中でも上位のクアッドコアモデルだ。さらに外部GPUとしてAMDのRadeon R9 M265X(専用グラフィックスメモリ2Gバイト)を搭載しており、通常のノートPCとは描画性能もひと味違う。メモリは8GバイトPC3L-12800(4Gバイト×2/最大16Gバイト)、データストレージは1TバイトのハイブリッドHDDという基本スペックだ。OSは64ビット版Windows 8.1を採用し、Office Home and Business 2013は有無が選べる。

 最近のノートPCでは省かれがちな光学ドライブも、左側面にBDXL対応Blu-ray Discドライブ(BD-RE)を装備している。音質面でもharman/kardonステレオスピーカーを内蔵するとともに音響技術ソフトウェアにDTS Studio Soundを導入しており、ノートPCとしてはパワフルで、臨場感のあるサウンドを再現可能だ。Blu-rayコンテンツを含めた映画や音楽などのコンテンツを高画質、高音質で楽しめるのがうれしい。

 また、1000BASE-Tの有線LANをはじめ、最新の高速規格IEEE802.11acに準拠した無線LAN、Bluetooth 4.0を装備するなど通信機能も充実している。4基のUSB 3.0、SDXC対応のSDメモリーカードスロット、HDMI出力(3840×2160ピクセル/30Hz対応)も装備し、通信機能、接続性とも満足できる内容だ。

 ボディは「dynabook KIRA V」シリーズをそのまま大きくしたようなフォルムだ。上品なカラーリング、ヒンジ側の角を丸めた天面の独特なフォルム、金属の質感を生かした表面のヘアライン加工などが印象に残る。本体サイズは約377.5(幅)×244(奥行き)×28(高さ)ミリ、重量は約2.4キロ(実測で2.375キロ)だ。

 気軽に持ち運べるサイズと重量ではないものの、数年前ならば、こういったクアッドコアCPUや大画面の高画質液晶、高音質スピーカーなどを搭載したプレミアムクラスのノートPCは3キロを超えることも珍しくなかっただけに、時代の違い、技術の進歩が感じられる。

 バッテリーの容量は44.4ワットアワー(CPUID HWMonitorで確認)だ。公称の駆動時間は従来のJEITA Ver 1.0測定法で約4時間、より現状に即した負荷をかけるJEITA Ver 2.0測定法で約3.6時間としている。万が一の停電などの場合にも緊急時の残務処理や情報収集などに使える時間は確保されており、クアッドコアCPU、外部GPU、そして大画面の4K液晶を搭載していることを考えれば十分だろう。

●ボディと製品概要:クアッドコアCPUを搭載したフルスペックのノートPC

●注目ポイント:3840×2160ピクセルの超高解像度ディスプレイを搭載

 dynabook Satellite T954/98Lの最大の特徴が、ノートPC初の4Kディスプレイだ。画面サイズは15.6型ワイド、表示解像度は3840×2160ピクセルと、ノートPCとしては非常に高い解像度を誇る。画素数は縦横それぞれフルHD(1920×1080ピクセル)の2倍、合計4倍という数字だけでもその精細さはうかがい知れるだろう。

 画素密度は約282ppiを実現している。この数値は、dynabook KIRA Vシリーズの約221ppi(13.3型で2560×1440ピクセル)、FMV LIFEBOOK UH90シリーズの約262ppi(14型で3200×1800ピクセル)を上回り、ノートPCとしては最高クラスの精細さだ。しかも15.6型の大画面なので、同じ画素密度でもスマートフォンやタブレットの小さな画面とは印象が大きく異なる。まるで画面に引き込まれるような立体的な迫力があるのだ。

 この高精細の実現には、液晶の駆動素子材料にIGZO(インジウム、ガリウム、亜鉛、酸素から構成されるアモルファス半導体)を採用していることが大きい。IGZOは通常のアモルファスシリコンに比べて電子移動度が高速でリーク電流が少ないという特性があり、液晶の駆動素子を小型化・省電力化できることから画素の高密度化にとても都合がよいのだ。液晶の配向技術にはIPS方式を採用し、視野角も広い。

 この高精細に加えて、最適な色味を実現するため、1台1台色の調整を行なって出荷しており、ハリウッド映画などで多用されているテクニカラー「Technicolor」の認証を得た色設定を使用している。また、簡易カラーマネジメントツールとして「Chroma Tune for TOSHIBA」をプリインストールしており、色温度やガンマ補正を使用するアプリケーションや作業環境に合わせて色味を変えることが可能だ。

 このツールの詳細、およびディスプレイの計測結果については、すでに先行してレビューを行っているので、そちらも参照していただきたい。目視の印象でも明るく鮮やかで、特に4K品質の高解像度写真や動画を表示させると、ケタ違いの臨場感が得られる。ドットが見える見えないのレベルはとっくに超えた、まさに人間の五感の限界を問う領域をいちはやく体感することができる。

 さらに、東芝独自の超解像技術(レゾリューションプラス)を導入しており、写真や映像を瞬時に解析し、コンテンツの内容に応じた高画質化を行える。例えば、映像に対しては、極端に明るい部分や暗い部分のコントラストを見やすく補正する「ダイナミックコントラスト」、エッジを鮮明にする「シャープネス」、質感を強調する「テクスチャーエンハンスメント」といった機能がある。

 そして、写真に対しては、質感を強調する「微細テクスチャー復元」、輝き成分を強調する「輝き復元」などがある。空の青や芝の緑などを人がきれいだと記憶している色に近づける「記憶色補正」は写真と映像の両方に対して有効だ。

 4K解像度の写真や動画を使用して4K解像度のムービーを作成できる編集ソフトとして「CyberLink MediaShow for TOSHIBA」や「Corel VideoStudio X6 VE for TOSHIBA」をプリインストールしており、4Kディスプレイをフル活用できるのは、本製品だけのアドバンテージだ。

 以上、dynabook Satellite T954/98Lの機能と使い勝手、4Kディスプレイを中心にレビューした。次回はPCとしてのパフォーマンスやバッテリー駆動時間、動作音、発熱などをテストしていこう。

[鈴木雅暢,ITmedia]

ITmedia NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon