古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

「Galaxy Note7」リコールの影響は? IDC世界スマートフォン市場調査

ITmedia NEWS のロゴ ITmedia NEWS 2016/10/27
「Galaxy Note7」リコールの影響は? IDC世界スマートフォン市場調査: 2016年第3四半期のメーカー別世界スマートフォン出荷トップ5(資料:IDC) © ITmedia ニュース 提供 2016年第3四半期のメーカー別世界スマートフォン出荷トップ5(資料:IDC)

 米調査会社IDCが10月26日(現地時間)に発表した2016年第3四半期(7〜9月)の世界におけるスマートフォン出荷に関する調査結果によると、韓国Samsung Electronics製「Galaxy Note7」の発火・製造/出荷停止はあったものの、総出荷台数3億6290万台で前年同期より1%増加した。なお、この数字にはGalaxy Note7の出荷台数は含まれていない。

 Galaxy Note7は8月19日に一部地域で発売され、9月と10月に米国でリコールになり、10月にSamsungが製造/出荷停止を発表した。

 それでもメーカー別市場シェアでは、依然としてSamsungが2位の米Appleに7.5ポイントの差を付けての首位だった。Samsungの出荷台数は13.5%減少した。フラッグシップ端末の「Galaxy S7」および「Galaxy S7 edge」が堅調であることに加え、新興国市場向けの廉価版Jシリーズも好調だった。IDCは、Samsungはブランドイメージ回復のためにはNoteシリーズの問題を早期に沈静化させる必要があると指摘する。Samsungは今のところ、来年「Note8」をリリースする見込みだ。

 2位のAppleは、新iPhoneの「iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」が同四半期の最後の2週間前に発売されたが、出荷台数は5%減だった。7 Plusの供給が不足したことも影響した。IDCは、Glaxy Note7の問題がAppleにプラスに働き、ホリデーシーズンを含む第4四半期には出荷を伸ばすとみている。

 1〜5位は2015年第3四半期から不動だ。3〜5位はHuawei、OPPO、vivoの中国3社。OPPOとvivoはそれぞれ出荷台数が倍以上増加した。両社とも主に中国市場で低価格端末を提供している。

ITmedia NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon