古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

「GE60 2PE-043JP」――高コスパなのに最新ゲームがサクサク!! Core i7+GTX 860M+SSD搭載15.6型フルHDノート

ITmedia NEWS のロゴ ITmedia NEWS 2014/05/09 ITMedia
「GE60 2PE-043JP」――高コスパなのに最新ゲームがサクサク!! Core i7+GTX 860M+SSD搭載15.6型フルHDノート © ITMedia 提供 GE60 2PE-043JP

 サイコムが販売するMSI製ゲーミングノートPC「GE60 2PE-043JP」は、性能と価格の絶妙なバランスが光る注目モデルだ。新生FF14を快適にプレイしたいなら注目。

●はじめに:性能と価格のバランスをとった高性能ゲーミングノートPC

 サイコムといえば、エンスージアスト向けのハイエンドゲーミングPCに代表されるように、同社が厳選したこだわりのパーツを採用するBTOパソコンメーカーとしてよく知られている。ただしその一方で、ゲーミングノートPCのカテゴリにおいてはMSIの製品を販売してきた。

 今回紹介する「GE60 2PE-043JP」は、30万円超のモデルも並ぶゲーミングノートPCのラインアップでは、税込み16万4310円とコストパフォーマンスを重視したモデルだ。Core i7-4700HQ(2.4GHz/最大3.4GHz)とGeForce GTX 860M(GDDR5 2Gバイト)を組み合わせることで、価格を抑えつつ最新のPCゲームを快適に楽しめるだけの性能も備えた15.6型フルHDノートPCである。

 ブラックを基調としたデザインは、メタルの質感を演出するヘアライン加工を天面とパームレストに施し、本体側面をぐるりと囲う朱色のラインがアクセントになっている。ボンネットのような天面のわん曲したシルエットや中央に配置されたドラゴンのエンブレム(これはMSIのPCゲーマー向け製品に共通して使われるGシリーズを示すもの)がスポーツカーを連想させ、いかにも“速そう”な外観だ。

 また、見た目だけでなく、実際にゲーマー向けの工夫が随所に見られる。例えば、ユーザーの目を楽しませてくれるイルミネーションキーボードは、プロゲーマー仕様の周辺デバイスを多数手がけるSteelSeries製だ。剛性感のあるキーボードユニットや小気味よいキータッチはもちろん、Windowsキーをスペースの右側に移動してゲームプレイ中の誤操作を抑止したり、ゲーム中のショートカットで多用するCtrlやAltキーのスペースを広めにとるなど、細かいところまで配慮されている。

 ネットワークコントローラーにも低遅延/高レスポンスで定評のある「Killer E2200」を採用。ラグがゲームプレイに大きく影響してしまう対人型アクションゲームやFPSタイトルで真価を発揮するだろう。このほか、キーボード奥の左側にあるボタンをワンプッシュするだけで、システム全体の冷却効果を高め、夏場でも安定した動作を実現するCooler Boost機能など、MSIのGシリーズブランドでおなじみに機能もそろえる。

 基本スペックを見ていくと、メモリは8GバイトのDDR3-1600モジュールを1枚搭載。ストレージは性能とコストのバランスに優れた128GバイトSSDと1TバイトHDDの組み合わせだ。光学ドライブはBDコンボドライブ。液晶ディスプレイは1920×1080ピクセル表示に対応する15.6型ワイドサイズで、パネル表面を非光沢に仕上げている。写真などを表示した際の見栄えは光沢パネルに1歩譲るものの、そのぶん外光の映り込みが抑えられており、長時間ゲームをする人の中には目が疲れにくい非光沢パネルを好む向きも多いはずだ。

 ゲーミングPCの要となるGPUは、Maxwell世代のGeFrce GTX 860M(GDDR5 2Gバイト)を採用。最新の800番台でもKeplerアーキテクチャを引き継ぐハイエンドモバイル向けのGeForce GTX 880Mや同870Mに比べると性能面では劣るものの、プレイするゲームタイトルによっては十分な性能を持つ。

 例えば、人気のMMORPG「ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア」は、比較的低スペックなPCでも“プレイ可能”だが、その世界観に没入できる品質で楽しみたいとなれば、やはりそれ相応の性能は要求される。かといって、30万円を超えるような高額なモデルはなかなか手が出しづらい(ちなみに、サイコムは同じMSIのGシリーズでGTX 880Mを搭載する17.3型モデルを30万7920円で販売している)。GE60 2PE-043JPのような“現実的な価格帯”の製品でどの程度のパフォーマンスを発揮できるか気になるところだ。

●性能評価:手が届き安い価格帯のバランス型。上位GPUの選択肢が欲しかった

 評価機のスペックをおさらいすると、CPUがCore i7-4700HQ(2.4GHz/最大3.4GHz)、チップセットがIntel HM87 Express、GPUがGeForce GTX 860M(GDDR5 2Gバイト)、メモリ8Gバイト、ストレージが128GバイトSSD+1TバイトHDDを組み合わせたミドルレンジの鉄板構成といえる。なお、OSは64ビット版Windows 8.1。スペックはほぼ固定で、メモリ容量のみ16Gバイト構成も選択できる。上位グレードのCPUやGPUを選べないのはやや残念なところだ。

 さて、Webブラウズやオフィス文書の編集、動画エンコードといったPCの用途全般をシミュレートするPCMark 7は、総合スコアで5242と、ノートPCとしては高い結果を出した。Core i7-4700MQ(2.4GHz/最大3.4GHz)とGeForce GTX 770M(GDDR5 4Gバイト)を搭載するほぼ1年前のハイエンドゲーミングノート「GT70 2OC-211JP」と比べてもやや下回る程度のスコアになっており、PCゲーム用としてだけでなく、メインマシンとして幅広い用途に耐えうる性能を持っていることが分かる。

 一方、3D描画性能を測る3DMarkは、Ice Stormが100711、Cloud Gateは15159、Fire Strikeが3780となった。負荷の高いFire Strikeの結果を見ると、モバイル向けミドルレンジGPUの限界を感じる結果ではある。なお、CPU性能を測るCINEBENCH R11.5およびCINEBENCH R15のスコアは、Hyper-Threadingで8スレッド動作に対応するCore i7-4700MQを搭載するため、順に6.53(pt)、556(cb)と良好な結果を出している。

●まとめ:新生FF14をプレイするのにぴったりなパフォーマンス

 本機の位置付けはあくまでミドルレンジ。Battlefield 4のような高負荷のFPSゲームを最高画質で楽しむのは厳しいが、人気の高いタイトルの中で比較的負荷が軽いといわれる新生FF14ならどうだろうか。ファイナルファンタジーXIV 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編を試してみた。

 結果は、1280×720ピクセルの最高品質で1万を超え「非常に快適」。1920×1080ピクセルの最高品質でも5810で「とても快適」の指標になった。

 実際にゲーム内のシステムコンフィグ画面でfpsの推移を見たところ、フルHDの最高品質設定では50fps弱といったところで、動きの激しい場面では40fps以下まで落ちてしまった。試した範囲では30fpsを割ることはなかったものの、フルパーティ以上のコンテンツを遊ぶには少し不安が残る結果かもしれない。一方、フルHDでも高品質(ノートPC)設定であれば、ほぼ60fpsに張り付いた状態になり、派手なエフェクトが重なっても50fps前後と非常に快適だった。

 なお、グラフィックスドライバの自動アップデート機能を持つNVIDIA GeForce Experienceを導入すれば、システムに応じて対応タイトルのゲーム設定を自動調整してくれるので便利だ。プリセットではなくマニュアルで設定を追い込みたい、でも調整項目がよく分からない、という人は何も考えずにGeForce Experienceで最適化してしまうといいかもしれない。また、Maxwell世代のGeForce GTX 860Mは、プレイ動画のキャプチャ機能であるシャドウプレイなども利用できるようになっている(ただし、執筆時点ではβ版ドライバを導入する必要があるため、メーカーサポート対象外となってしまう可能性がある点に注意)。

 いわゆるゲーミングPCと呼ばれるカテゴリの製品は上を見てしまうと際限がない。それこそ、30万円超えは当たり前、50万円超えのモデルもあるほどだ。ただし、自分の遊びたいゲームが満足のいく画質で快適に遊べるのであれば、それ以上のスペックは(ムダとは言わないまでも)価格面でのマイナスが大きい。特に新生FF14のようなタイトルが目当てなら、オーバースペック過ぎず、でも高画質で楽しめるくらいには性能を確保したいと考えている人もいるはずだ。

 ゲーマー心をくすぐるデザインや、ゲーマー向け機能を満載したボディに、ミドルレンジクラスのスペックを絶妙な形でバランスさせたGE60 2PE-043JPは、そういった“ちょうどいい”レンジをうまくカバーしていると思う。

[後藤治(撮影:矢野渉),ITmedia]

ITmedia NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon