古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

「The 電話」の使い勝手は? シンプル過ぎるケータイ「Simply」をじっくり試す

ITmedia Mobile のロゴ ITmedia Mobile 2017/08/31
「The 電話」の使い勝手は? シンプル過ぎるケータイ「Simply」をじっくり試す: Y!mobileのストレートケータイ「Simply 603SI」 © ITmedia Mobile 提供 Y!mobileのストレートケータイ「Simply 603SI」

 Y!mobileのセイコーソリューションズ製「Simply 603SI」は、Androidを搭載した携帯電話だ。タッチパネルはなく、カーソルキーやテンキーはハードウェア型。画面下にソフトキーが表示される。見た目はかつてのケータイ(フィーチャーフォン)だ。

 しかし機能は電話、メール、カメラ、赤外線通信、ブラウザなどに厳選されている。他にも細かな機能はあるが、近年のスマホ、ガラホ、そして全盛期以降のケータイ(フィーチャーフォン)と比べても機能は少ない。アプリの追加もできない。

 だがこのシンプルさが魅力であり、新鮮である。いじっていると、ほほ笑んでしまうほど。これはこれで楽しいのだ。短期間ではあるが1週間ほど使い続けたので、その感想をまとめたい。

●しっかり持てて片手操作も安心 充電と音楽再生はMicro USB経由で

 持ちやすさは幅広のスマホと比べれば優れている。幅は50mm、高さ132mmとストレート型らしい背の高さ。厚さは13.8mmとスマホ基準で考えるとぶ厚いが、片手でしっかり握れる。片手操作でもホールドしつつ、カーソルキー周りも含めてキーボード全体に指が余裕で届く。

 タッチパネルではないので画面に指が届く必要はない。側面にはボタンが一切ないので、全て正面のキーボード操作で済む。充電は下部のMicro USB端子に挿して行い、Androidスマホの充電器があれば流用できる。

 なお丸型のイヤフォンジャックはない。イヤフォンを使いたければ、Micro USB端子に挿せるイヤフォンやアダプターを使う必要がある。

 筆者が以前使っていたMicro USBタイプのイヤフォンで試してみたところ、音楽の再生はできたが、バックグラウンド再生ができなかった

●通信速度は実測で10Mbpsほど

 Simplyの通信は下り最大112.5Mbpsの4G(FDD-LTE)と3Gに対応しているが、Wi-Fiとテザリングには対応しない。SIMロックされているが、購入から101日以降はSIMロックを解除できる。

 筆者の行動範囲(横浜中心)では常に4Gへとつながっていた。アンテナの本数も4本全て立っている状態。通信速度を計測してみたが、アプリを使えないため、ブラウザで通信速度計測サイトを利用。結果、下り10Mbps程度をコンスタントに出していた。

 高音質の通話が可能なVoLTE、HD Voice(3G)への対応もウリだが、ソフトバンクとY!mobileの対応機種同士で利用できるサービスのため、今回筆者は体験する機会がなかった。他のケータイ会社や固定電話との通話は3Gとなる。

 もっとも通常の3Gの通話でも、かつてのケータイはもっとザラついた音だったように思う。それと比べれば聞こえやすい。また通話中に音質の設定も変更できる。

 シンプルさがウリとはいえ、簡易留守録(クリアキーの長押しでオン・オフ)、留守番電話(ボイスメール)はちゃんと用意されているのはありがたい。

●文字入力は優秀、スペックの高いガラホにも負けない

 Simplyで利用できるメールはSMS(電話番号でショートメッセージをやり取り)とMMS(キャリアのケータイメール @ymobile.ne.jp)。PCメールやGmailを使う場合は転送してMMSに受信するのが現実的。ブラウザでGmailを使えるが、ログインで何度も失敗する、レイアウトが見づらいなど使いにくかった。

 文字入力は日本語入力にFSKARENを採用しているが、変更はできない。スマホと違いタッチパネルの操作ではないため、フリック入力や、キーボードデザインの変更には対応しない。

 一方、文字種の切り替えが、ソフト(文字)キーを押す→メニューから文字種を選ぶ、という流れのため、キーを押して文字種を切り替えるガラホ(SHF31のSH文字入力)やスマホと比べると、時間がかかる。

 ウリとしている「テラスシェイプキー」は確かに押しやすい。キー自体は小さいが、上下に傾きがあり、例えば文字キーは下側が盛り上がっており、押したときに鈍いクリック感がある。押し間違いは少ない。

 SimplyとガラホのSHF31で、同じ文章を入力し速度を比較してみたが、以下のような結果となった。

●文字入力テスト

入力文章

 「お世話になっております。ライターの小林です。明日の12時にITmediaの件、よろしくお願いいたします。」

テスト結果(全文入力・通常変換のみ)

・Simply……2分33秒613

・SHF31……2分40秒707

テスト結果(予測変換使用)

・Simply……44秒421

・SHF31……42秒918

 キーレスポンスや文字種の切り替えがスムーズなSHF31の方が体感的にはスピーディーだが、Simplyは押し間違いをせずに確実に入力できる。良い勝負といえるのではないだろうか。

●UIはケータイそのもの

 Androidベースとはいえ、スマホやガラホのように画面上部のステータスバーは開けない。ホーム画面はケータイの待受画面と同じで、壁紙と日時、着信やメールを知らせる通知が表示される。アプリを配置することはできず、ウィジェットにも対応しない。

 センターキーを押すとケータイと同じくメインメニューが表示される。それぞれの機能はAndroidのアプリだが、階層メニューになっており、アイコンが表示されず、機能名がメニューの項目として並んでいる。要はケータイのUI(ユーザーインタフェース)と同じ。項目(アプリ)の並び替えはできない。

 多機能なケータイだと階層メニューも深く複雑になり、それがデメリットでもあったが、Simplyは機能が絞られているため、さほど複雑ではない。

 またメインメニューの画面で「0」キーを押すと、自分の電話番号やメールアドレスとったプロフィールが表示。これはケータイでおなじみ(ガラホにもあったが)の意外と便利な機能だ。スマホでは自分の電話番号をどこで確認するのか分かりにくいが、Simplyは簡単に確認できる。なお、0を押さなくてもメインメニューの電話機能にプロフィールは表示される。

 メインメニューの設定を見ると、だいぶ省略されてはいるものの、Androidの本体設定がそのまま表示される。セキュリティ機能にはロックの設定があり、数字やパスワードで解除できるほか、センターキーの長押しでロックを解除できる。スマホでおなじみの、スワイプやタップでの解除は当然できない。

●ブラウザは使いにくい

 ブラウザの使い勝手はかなり悪い。PCサイトやモバイル版サイトを閲覧できるが、画面の解像度が低いため見づらく、Webページの画像も粗くて文字は小さい。スクロール操作でカーソルを移動するのも面倒だ。

 ポインターを使ってページの拡大やカーソルの移動はできる。他のケータイのポインターより速く動かせるが、スマホの大きな画面、サクッとタッチできる使いやすさにはかなわない。

 地図、乗換検索あたりはブラウザとは別に機能(アプリ)として用意してもらいたかったと思う。

●バッテリーの持ちは良い方だが、使い方次第の部分もあり

 1770mAhのバッテリーを搭載しているが、実際のスタミナはどの程度なのだろうか。ただし本格的なスタミナチェックは行えず、バッテリーの消費経過をアプリで記録するといったこともできないため、ステータスバーのピクトアイコンや本体設定のバッテリー残量を時々チェックしてみた。

 テスト結果は以下の通り。

・30分ほどブラウザ、メールを使用し13時間半放置……バッテリー8%減

・40分ほど画面点灯、軽く機能や設定の確認……バッテリー6%減

・7時間半完全に放置……バッテリー1%減

・1時間程度ブラウザや電話を使用し7時間放置……バッテリー25%減

・アドレス帳やデータ移行の操作を1時間行い1時間放置……バッテリー11%減

 期待したほどスタミナがある印象はない。使わなければ極端に減らなくなるものの、使えば(画面を点灯すれば)それなりにバッテリーは消費する。ただしスマホと比べればSimplyは長時間にわたってゲームで遊ぶ、ブラウザや動画を見る、音楽を再生するといった使い方はまずしないので、結果的にバッテリーは持つはずだ。

 待受中心ならさらにバッテリーは持つだろうが、ケータイや最近のスマホでも大容量のバッテリーを搭載している機種なら同じようなものでは? それらを勝るほどの印象は抱かなかった。

 むしろ気に入ったのは使っていて発熱をあまり感じないこと。スマホでは熱いというほどではなくとも、連続使用で温かくなり、ポケットに入れると、ほんのり温かいのが気になるものだ。しかしSimplyはもともと軽いうえに、発熱もないのでポケットに入れていて違和感がなかった。

●カメラは期待しないで……スクリーンショットは撮れる

 スマホでもケータイでもカメラはとても重要な機能だが、Simplyでは美しい写真の撮影は諦めるしかない。撮影しその場で見る場合は画面が小さく解像度が低いゆえにキレイには見えず、画像ファイルを取り出しPCで拡大して見ると、細部はつぶれ、ざらつきがあり、色もおかしい。

 エフェクトはあるものの、モノクロとセピアだけ。遊びで使うのにも限界がある。あくまで記録用、ないよりマシといったカメラだ。

 スクリーンショットはメールキー+ブラウザキーの同時押しで撮影できるが、画像をPCに取り出すにはMicro USBケーブルではできなかった。microSDにコピーして取り出すか、メールで送ることになる。この記事のようにスクリーンショットを多数取り出す場合は面倒だが、ケータイのときは画面をカメラで撮影していたのだから、それと比べればSimplyは便利ともいえる。

●久しぶりの赤外線通信でデータ移行も試してみた

 今後Simplyに機種変更を考えているのなら、データ移行も気になる。通常のAndroidスマホならGoogleアカウントでログインするという方法も使えるが、SimplyにはGoogleのアカウント設定は用意されていない(ブラウザでGoogleの各サービスは利用できるが)。

 Y!mobileユーザーなら「あんしんバックアップ」サービスを使えばOK。また他のユーザーも赤外線通信とmicroSD経由で移行できる。実際に試してみたが、アドレス帳ならケータイから赤外線で送受信、スマホからはmicroSDのバックアップ(vCardファイル)で移せた。ただし赤外線ではドコモのケータイに残っているメールを送受信するとエラーに。古過ぎるのだろうか。なお、microSDは32GBまでの対応なので注意したい。

●スマホの真逆 画面を見る回数は激減しそう

 こうして見ていくと、Simplyは本当に電話がメイン機能だ。文字入力、キーボードは優れている面があるものの、フリック入力をはじめフルキーボード、音声、手書きなど多彩な入力が可能なスマホに勝るのは難しい。

 さらにSimplyのブラウザやカメラといった他の機能はあくまで補助的な役割。スマホより使い勝手は大きく劣る。結果、Simplyを持ち歩くときは電話しか使わなくなる。

 だが、それで良い。多機能なスマホの真逆、たくさんの機能はいらない、使わないという人、機能をなるべく省いて、画面をなるべく見ずに済む、そんなSimplyの使い方を好ましく思う人はいるはず。

 多機能、大画面スマホ全盛だからこそ、逆にSimplyは新鮮でそのシンプルさが光る。スマホ中心ライフスタイルにモヤモヤを覚えている人、電話専用のセカンド端末が欲しい人に試してほしい携帯電話だ。

ITmedia Mobileの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon