古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

「Touch Bar」は予想以上に使いやすい 新MacBook Proレビュー

ITmedia PC USER のロゴ ITmedia PC USER 2016/11/17
「Touch Bar」は予想以上に使いやすい 新MacBook Proレビュー: 新型MacBook Pro。スリムになったボディーと、キーボード上部に搭載した「Touch Bar」が特徴だ © ITmedia PC USER 提供 新型MacBook Pro。スリムになったボディーと、キーボード上部に搭載した「Touch Bar」が特徴だ

 かつて、ここまで物議を醸したApple製のパーソナルコンピュータはなかったかもしれない。

 何しろ、4年以上もの長きにわたってマイナーチェンジを繰り返してきた「MacBook Pro」が久々の刷新だというのに、発表会の中継が進むにつれて、いつもならApple製品を絶賛しているファンのようなブロガーまで、不満の声が挙がったからだ。

 議論のポイントは三つある。

 一つは今回のアップデートにおける目玉とも言える「Touch Bar」。もう一つは、USB Type-Cコネクターと互換性のあるThunderbolt 3を採用し、ヘッドフォン端子を除き一切のポートを排除したこと。そして三つ目は12インチMacBookで初採用した薄型キーボードの搭載だ。

 これらの点について考えながら、先代MacBook Proの初代機(2012年前半出荷モデル)を今でも仕事上のメイン機として使っている立場から、買い替え対象として新ラインアップを評価してみたい。

●使ってみて分かった「Touch Bar」の利便性

 さて、発表会直後の記事でTouch Barに関しては既に触れていた。Appleとしてはクラムシェル型パソコンであるMacBookの基本的なユーザーインタフェースのスタイルを変えずに、タッチパネルによる操作性を加えたいのだろう。

 画面全体をタッチパネルにしてしまうと、キーボードを中心にしたデスクトップスタイルのGUIでは操作がなじまないため、Windowsのように画面デザインやユーザーインタフェースのスタイルを大きく変更させる必要が出てくる。

 そうした「パソコン的操作スタイル」のバランスを崩さず、タッチパネル操作のよさを生かすため、ファンクションキー部分をタブレット的な操作スタイルのために解放。ファンクションキーとしても使わせながら、タッチユーザーインタフェースを追加した。

 考え方は分かるが、本当にそれで使いやすさ、生産性が上がるのか、という疑問は残る。実際のところ、どんな使い勝手になるのだろうか。発表会後の印象は、「ニュートラル(中立)」だった。

 しかし、実際に使い始めてみると、自分でも驚くほどすぐにTouch Barになじむ。スマートフォンやタブレットによって、もはや当たり前となったタッチ操作はアナログ的操作をグラフィックス表示とともに提供し、そのとき、その場に応じた適応的機能を提供する場としても利用されるからだ。

 写真であれば、写真選択時にサムネイルが表示されてタッチ選択。指をスライドさせれば滑らかに表示画像が変わっていく。画像を編集する際には、傾き調整や色調整など、さまざまな調整を指先一つで分かりやすい表示を元にしながら操作可能だ。

 Webブラウザの「Safari」なら、操作の状況に応じてお気に入りページの選択に使われたり、タブの追加が行えたりする。また、複数タブでのブラウズ時には、各タブで表示しているページのサムネイルで内容を示唆してくれ、動画再生時には再生位置をスライダー操作したり、全画面化や再生制御をTouch Barで行えるよう画面が切り替わったりする。

 メールならフラグ設定、アーカイブ、削除やフォルダ移動などをサポートし、カレンダーは月表示なら何月か、週表示なら何週目かをワンタッチで切り替え可能になり……と、動的にどんどん内容が変わっていくのだ。

 これは「iWork」でも同じで、とりわけ書式の設定や色選択などではサクサクと物事を進めることができる。Touch Barがカラー表示ができることで、目の前で色を見ながら選べるのはなかなか便利だが、当然ながら「iPad」のアプリがアプリごとに使い勝手が異なるように、Touch Barの使い方もアプリの使い方次第だ。

 だが、まだリリースはされていないものの、Microsoft OfficeのMac版がTouch Barに対応予定とのこと。米発表会場ではβ版のOfficeがインストールされていたようだが、現地で取材した人物は一様に絶賛していた。なお、OfficeのTouch Bar対応版は、Office Insiderプログラムのファーストでも配信されていないため、まだ配信には時間がかかるようだ。

 このようにサードパーティーのアプリがTouch Barを使いこなすには、それなりの時間が必要だろう。しかし、多くの開発者は既にタッチパネルの使いこなしには慣れている。Appleのアプリは、あらかじめこのときのためにユーザーインタフェースを練り込んでおり、「Final Cut Pro」や「Logic Pro」なども含め、よいデモプログラムとして機能しているため、時間の問題で充実していくのではないだろうか。

●従来型キーボードからの違和感は?

 このようにTouch Barに関しては、実際に使い始めてみるとかなり「ポジティブ(前向き)」な印象へと変わった。筆者がMacを買い替えるならば、このTouch Bar付きしか考えられないというほどに気に入っている。「Esc」キーの位置が内側に入ることや、誤動作の危険性などが懸念されたが、今のところ気になってはいない。

 現時点では否定的な印象を持っていたとしても、実際に触れてみるとその可能性が理解できると思う。

 ただし、ファンクションキーで日本語変換を行うWindowsのIME的作法に慣れていない人にとっては……ということになろうか。macOSではファンクションキーは各種機能の調整、設定の切り替えに使うもので、デフォルトでも「F」キーは裏機能(Fnと同時押し)になっている。

 一方、メカニカルなキーボードのタッチに関しては、12インチMacBookに採用されたものに近い印象で、実はストロークも同じだそうだ。ただし、キー入力に対する応答はやや異なり、MacBook Proの方が少しばかり「ストロークが深く感じる」ような感触になっているようだ。実際のキートラベル(移動量)は同じなのだが、シャープな入力タッチのMacBookに対して、MacBook Proはわずかにソフトな印象を受ける。

 キートラベルの絶対量が必要だと主張するならば、もう時代を逆行するほかなかろう。MacBookがアイソレーションキーボードを採用したときにも同じような反発はあったが、キートラベルの減少はむしろキー入力時のストレスを軽減したように思う。

 筆者は1年半にわたって12インチMacBookを外出先で使っていたが、慣れてくるとむしろ旧MacBook Proのキートラベルの長さが面倒に感じるようになっていった。慣れと好みもあるが、タッチの確実性はあって入力に対する指へのフィードバックも明確だ。問題があるとすれば、やや入力時の音が大きめということぐらいだろうか。

●コネクターの刷新をどう捉えるか

 従って、キーボードへの懸念も決して弱点、不満点とは言えない。しかし、SDXCメモリーカードスロット、Thunderbolt 2ポート、USB Type-Aポート、HDMI端子が一気に「ゼロ」になったことに関しては、ある程度の我慢が強いられることになる。

 Appleもこの点は意識しており、年内はI/O変換用のケーブル、アダプターなどをApple Storeにて割引き価格で購入できるセールを実施中だ。

 筆者の場合、もともと12インチMacBookを所有していたこともあり、USB Type-CコネクターからUSB 3.0のType-Aポートに変換するアダプターを2個、HDMI、SDHCへと変換するアダプターを2個所有している。持ち歩き用と自宅用だ。これをそのままスライドして利用すれば、そのうち時代が変化するかもしれない。

 彼らはもう「変わると決めた」のだから、ここに論評の余地はない。macOSが動くコンピュータは他に存在しないからだ。

●13インチモデル、15インチモデル――どちらを選ぶべきか

 最後に13インチモデル、15インチモデルの双方を使ってみての総合的なインプレッションを簡潔にまとめたい。

 両モデルとも液晶ディスプレイのサイズや解像度といった基本スペックは、従来のモデルと変わっていない。しかし実際には、かなり見栄えがよくなっている。P3に対応した広色域であることもそうだが、単純に鮮やかなディスプレイを装備するだけでなく、カラーマッチングや工場出荷時の調整などをしっかり行い、正しい色再現+広色域表示を行っているからだろう。Apple自身の製品紹介ページでは、広色域表示がきちんと体感できるような仕掛けになっているので、店頭などでいろいろ見てみるといい。

 また、パッと見て色ムラが少なくなっていることを感じるが、液晶の開口率が高まっているのか、画面表示の質感も初代のRetinaディスプレイ搭載モデルよりもよくなった。MacBookの12インチディスプレイも出た当初は本当に美しかったが、新しいMacBook Proはそれを超える品質だ。恐らくコントラストも高くなっており、黒沈みは同等だが、高輝度部が伸びてダイナミックレンジが広がった。

 少しばかり驚いたのはスピーカーの音質だ。13インチモデルでも旧MacBook Proの15インチモデルより低域側のレンジが広い。音楽もそこそこ聴けるが、レンジが広がったことで高域寄りのシャカシャカとした音ではなくなり、ちょっとしたWeb上のショートムービーを楽しんだり、動画でニュースをチェックしたりする際などにも肉声が落ち着いて聞こえ、心地よく感じられる。

 音楽表現としての高音質というよりも、実用的な使い方の中で心地よさを損なわない音質と言えばいいだろうか。13インチでも低域がないなりに上手にまとめているが、15インチになると低域のレンジがさらに広がる。

 日本では「MacBook Air」の13インチモデルとほぼ同じ重さでコンパクトな13インチモデルが人気となるだろうが、15インチモデルが存外に軽量に感じた。テスト機の実測値では1.81キロで、画面の大きさとともにパフォーマンスの高さも考慮すると、(あえてコンパクトさへの要求と予算を無視するなら)ベストなMacBook Proは15インチモデルだろう。特に買い換えサイクルが長いユーザーが、どちらのサイズか迷っているならば15インチモデルをおすすめする。

 旧世代の初代機を使ってきたが、4年半も使い続けてこられたのは、当時初めてのRetinaディスプレイ搭載Macだったことに加えて、クアッドコアのプロセッサ、外部GPU、当時最大容量の内蔵メモリ、フラッシュストレージを選択したからだと思う。実際に使い比べてみても、動画編集や写真編集、いや普段の作業の中でもそれらの恩恵を感じる場面は少なくない。

 筆者の場合、常に動きまわりながら仕事をする必要があるため、13インチモデルを選択する可能性が高いが、持ち歩きの頻度がもう少し低かったり、車での移動が多いのであれば15インチモデルを選び、プロセッサはそのまま、フラッシュストレージとGPUをアップグレードする。

 今はIntel Coreプロセッサの世代交代期で、通常電圧版のプロセッサは第6世代、低電圧版以下のプロセッサは第7世代に移行している。しかし、この間の差はさほど大きくないので、パフォーマンス面ではあまり気にする必要はない。ただし、第7世代Coreプロセッサは、メインメモリとして省電力のLPDDR4が利用可能となる。

 Appleの幹部は、MacBook Proの最大メモリ容量が16GBにとどまったことに関して、メモリの消費電力が大きくなりすぎることへの懸念を話している。さらに新型MacBook Proに搭載されるバッテリーが先代モデルよりも容量の小さなものに置き換わっている(が、バッテリー駆動時間が延びているのはシステムトータルでの消費電力を抑えているため)ことと合わせて考えると、次のモデルでは最大メモリ容量の増加も見込める。

 筆者の用途では16GBでも十分だが、32GBメモリがどうしても欲しいというクリエイターなどデザインツールを操るユーザーは、あと1世代を待ってもいいのかもしれない。

[本田雅一,ITmedia]

ITmedia PC USERの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon