古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

「Windows To Go」って何? どのエディションで利用できるの?

2014/09/19

Windows To Go は、現在の Windows 8.1 の環境をUSBメモリに格納し、USBメモリから Windows 8.1 を起動できるようにする機能です。
たとえば、会社の Windows 8.1 で Windows To Go のUSBメモリを作成すると、そのUSBメモリを自宅や外出先のコンピューターに装着し、USBメモリから起動することで、会社で利用しているのと同じ Windows 8.1 を利用できます。つまり、Windows To Go で作成したUSBメモリを持って入れば、自宅や出張先で会社と同じ環境で作業できるようになります。

また、USBメモリから起動した Windows 8.1 では、起動したコンピューターの内蔵ハードディスクにはアクセスできないので、セキュリティ上も安心です。USBメモリの容量は、32GB以上が必要で、USBメモリから起動できるコンピューターでのみ利用できます。

Windows To Go が利用できるのは、Windows 8.1 Enterprise のみです。Windows 8.1 Enterprise は、ボリュームライセンスでのみ提供される企業専用エディションです。

image beaconimage beaconimage beacon