古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

「ZenFone 4」まもなく発表/「サブブランド」の影響を受けるMVNO

ITmedia Mobile のロゴ ITmedia Mobile 2017/08/14
「ZenFone 4」まもなく発表/「サブブランド」の影響を受けるMVNO: ZenFone 4シリーズは3機種展開……?(台湾ASUSTekの2017年度第2四半期決算説明会資料より) © ITmedia Mobile 提供 ZenFone 4シリーズは3機種展開……?(台湾ASUSTekの2017年度第2四半期決算説明会資料より)

 今回のITmedia Mobile Weekly Top10は、2017年8月7日から8月13日までのアクセスランキングを集計しました。

 ランキングの1位は、「ASUS、8月17日に新機種「ZenFone 4」発表へ」でした。

 この記事にもある通り、台湾ASUSTek(ASUS)は8月17日16時(台湾時間)から「ZenFone 4」の発表会を開催する予定です。ティーザーサイトには製品名だけでなく、イメージキャラクターの孔劉(ユン・ユ)氏が本体を手にしている写真も掲載されています。これを見る限り、ZenFone 4のアウトカメラはデュアル構成であるようです。

 さらに同社が8月11日(台湾時間)に掲載した2017年度第2四半期の決算資料(PDF形式・英語)を見ると、ZenFone 4の他に「ZenFone 4 Pro」「ZenFone 4 Max」の名前が挙がっており、後者についてはロシアでは発表済み(ロシア語)であるせいか実機画像も見受けられます。

 17日の発表会ではこれら3機種がお目見えするのでしょうか。あるいは、これら以外にも「隠し球」はあるのでしょうか。楽しみです。

 4位には、インターネットイニシアティブ(IIJ)の2017年度第2四半期決算について取り上げた「『IIJmio』の純増が鈍化 勝社長は“サブブランド”の影響を認める」がランクインしました。

 大手キャリア直営の格安ブランド、あるいは子会社が運営するMVNOサービスはまとめて「サブブランド」と呼ばれています。ソフトバンク(沖縄県を除く)とウィルコム沖縄(沖縄県のみ)が提供する「Y!mobile」と、UQコミュニケーションズ(沖縄県を除く)とUQモバイル沖縄(沖縄県のみ)が提供する「UQ mobile」がそれに当たります。

 キャッチーなテレビCMを多数放映していることと、比較的安定して通信できるという評判が相まってか、サブブランドの契約数は順調に伸びているようです。一方で、大手キャリアからの転出の受け皿となっていたMVNOサービスは一部で苦戦しているという話も聞きます。

 大手キャリアだけではなくサブブランド、そして他のMVNOとの競争も劇化しているMVNO業界。これからどうなっていくのでしょうか……。

●ITmedia Mobile Weekly Access Top10

2017年8月7日〜2017年8月13日

1. ASUS、8月17日に新機種「ZenFone 4」発表へ

2. 日本上陸を果たした「iPhone 3G」 ケータイが“インターネットマシン”に

3. ソフトバンク、国内通信は“先行投資”で顧客基盤を拡大 ドコモとauの新料金プランには追随せず

4. 「IIJmio」の純増が鈍化 勝社長は“サブブランド”の影響を認める

5. Galaxy S8/S8+向け、硬度9HのガラスフィルムがSpigenから登場

6. 次期iPhoneの発表日と発売日はいつ?

7. iPhoneをカメラっぽく使えるカメラグリップ「Pictar One」を試す

8. docomo with対象2機種が好調も、iPhone 7の牙城は崩せず

9. Huawei、OPPO、Vivo、Xiaomi――2017年の中国夏商戦を制するのはどのメーカーか?

10. 据え置きWiMAX 2+ルーターを2週間ほど“固定回線代わり”に使ってみた

ITmedia Mobileの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon