古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

「ZenFone AR」が2017年夏に日本発売 GoogleのTango/Daydreamをサポート

ITmedia Mobile のロゴ ITmedia Mobile 2017/04/13
「ZenFone AR」が2017年夏に日本発売 GoogleのTango/Daydreamをサポート © ITmedia Mobile 提供 「ZenFone AR」

 ASUS JAPANが4月13日、ZenFoneシリーズの新モデル「ZenFone AR(ZS571KL)」の日本投入を発表した。2017年夏に発売する。価格はメモリ6GB/ストレージ64GBモデルが8万2800円(税別)、メモリ8GB/ストレージ128GBモデルが9万9800円(税別)。

 ZenFone ARは、GoogleのAR(拡張現実)技術「Tango」とVR(仮想現実)技術「Daydream」の両方に対応することが大きな特徴。

 Google Tangoは、カメラを使って3D空間を認識する技術。ZenFone ARの背面には深度カメラとモーショントラッキングカメラを搭載しており、ZenFone ARのカメラをかざすだけで、Tango対応アプリを利用できる。これらのカメラで現実の空間を写しながら、部屋に家具を配置する際の測定をしたり、仮想空間でゲームを楽しんだりできる。

 Daydreamは、Googleが開発したVRプラットフォーム。対応スマートフォン、ヘッドマウントディスプレイ(Daydream View※日本未発売)、コントローラー、アプリを使うことで、VRコンテンツを楽しめる。手軽にVRコンテンツを体験できるよう「組み立て式VRメガネ」を付属している。

 ZenFone ARのディスプレイは5.7型のWQHD(1440×2560ピクセル)のSuper AMOLED(スーパー有機EL)を搭載。前面のホームボタンには指紋センサーを内蔵している。

 プロセッサはQualcommの「Snapdragon 821」(CPUは2.35GHz×4コア)を採用しており、Google Tangoの利用に最適化された特別仕様となっている。メインメモリとストレージは6GB/64GB、8GB/128GBの2種類で構成されている。

 バッテリー容量は3300mAh(ユーザーによる交換は不可)。急速充電のQuick Charge 3.0をサポートしており、約39分の充電で約60%までの充電が可能。外部接続端子はUSB Type-Cを採用した。

 SIMカードはnanoSIMを2枚利用でき、3GとLTEのDSDS(デュアルSIM、デュアルスタンバイ)にも対応。ただし片方のSIMスロットはmicroSDスロットにもなっており、2枚のSIMとmicroSDは同時には使えない。au VoLTEについては「技適上は対応しているが、発表できることはない」(ASUS)とのこと。

 2300万画素のアウトカメラには、レーザーAF、像面位相差AF、コンティニュアスAFという3つのAFを搭載。光学式手ブレ補正や4K動画の撮影も可能だ。インカメラは800万画素。

 音楽機能ではハイレゾをサポートしており、24bit/192kHz音源を再生可能。またハイレゾ対応イヤフォン(ZenEar)が付属している。

ITmedia Mobileの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon