古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

『アサシン クリード』東京コミックコンベンション2016出展 特別映像も

Real Sound のロゴ Real Sound 2016/11/25 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 マイケル・ファスベンダー主演作『アサシン クリード』が、12月2日〜4日に幕張メッセ国際展示場で開催される東京コミックコンベンション2016へ出展することが決定し、あわせて特別映像が公開された。  本作は、同名ゲームの世界観のもと、新たなキャラクターやストーリーで実写映画化したミステリー・アクション。遺伝子操作によって、アサシン(暗殺者)として活躍した祖先の記憶を呼び覚まされた死刑囚カラム・リンチが、歴史に隠された真実に挑む模様を描く。  主人公カラム・リンチとその祖先をファスベンダーが演じるほか、『サンドラの週末』のマリオン・コティヤール、『ハイ・ライズ』のジェレミー・アイアンズ、『ロブスター』のアリアーヌ・ラベドらが出演する。メガホンを取ったジャスティン・カーゼル監督は、「アサシンとテンプル騎士団の倫理基準はあいまいなところがある」と明かし、「テンプル騎士団は支配することを信じているが、アサシンは自由意志を重んじている。彼らは2つの対立する急進的なグループだ」と語った。  このたび公開された特別映像は、ファスベンダーやコティヤールのインタビュー映像とともに、カラム・リンチが祖先の記憶を追体験をする模様や高い建物から飛び降りる姿などが収められている。一方の東京コミックコンベンション2016では、本作の最新映像が80インチのモニターで上映されるほか、初披露となる映画オリジナルフィギュアの展示、さらに先着100名に映画特製キーチェーンがプレゼントされる。(リアルサウンド編集部)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon