古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

『オールド・ボーイ』のパク・チャヌク監督、約3年半ぶり来日へ 新作『お嬢さん』をアピール

Real Sound のロゴ Real Sound 2017/01/12 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 映画『お嬢さん』が3月3日に公開されることを受け、パク・チャヌク監督が2月8日〜9日に来日することが決定した。

参考:成人指定映画で異例の大ヒット パク・チャヌク新作『お嬢さん』官能的予告編

 本作は、「このミステリーがすごい!」で第1位を獲得したサラ・ウォーターズの『荊の城』を映像化した官能サスペンス。1939年、日本統治下の朝鮮半島を舞台に、孤児の少女・スッキ、莫大な財産の相続権を持つ美しい令嬢・秀子、秀子の財産を狙う詐欺師ら、それぞれの思惑が入り乱れ、騙しあいと復讐が繰り広げられる模様を描く。

 『オールド・ボーイ』で第57回カンヌ国際映画祭・審査員特別グランプリ、『渇き』で第62回カンヌ国際映画祭審査員賞を受賞したパク・チャヌク監督が来日するのは、2013年5月にハリウッド進出作『イノセント・ガーデン』のPRで訪れて以来、約3年半ぶりとなる。(リアルサウンド編集部)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon