古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

『コード・ブルー』映画化決定で、山下智久と石原さとみの「10月入籍」が消滅!? そのまま破局も……

サイゾー のロゴ サイゾー 2017/10/03

 もはや、視聴率回復は絶望的と言われていた、フジテレビの“月9ドラマ”を復活させ、話題となった『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON』。2018年公開の映画化も決定したことで、主演のジャニーズ事務所・山下智久が「10月にも入籍か?」とウワサされていた、人気女優の石原さとみと“破局”したという情報が流れている。

 奇しくもフジの“月9ドラマ”『5→9~私に恋したお坊さん』で共演した山下と石原は、昨年の10月に熱愛がウワサされたが、即、ジャニーズの横やりで別れたとされていた。

 ところが、今年の4月に山下の誕生日を一緒に過ごしたことが明らかになって、“ビッグカップルがゴールインか?”と芸能マスコミからマークされるようになった。最近では、映画のPRインタビューで、石原が「大切なものは20代で築いたと思います。そして、30代になった今は、その大切なものや人たちを大切にしていきたい」と意味深に語ったことで、山下の『コード・ブルー』が終了した後の10月の入籍が注目された。

 石原も、日本テレビのSPドラマ『地味にスゴイ!DX校閲ガール・河野悦子』が9月20日に放送され、来年正月からの主演ドラマがスタートする前で、時間の余裕があることから、“10月入籍説”は信ぴょう性を帯びていた。しかし、『コード・ブルー』の視聴率が初回16.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、最終回も16.4%という高視聴率で、“月9ドラマ”を再生させたことで、状況は一変した。

 山下は昨年、TBS系で放送されたドラマ『せいせいするほど、愛してる』の主演を務める予定だった。しかし、山下はドラマではなく、中国映画を選び、しかもその映画の話は、元SMAPのチーフマネジャーだった飯島三智女史が持ってきたものだったというのだ。

 このことが、飯島女史を目の敵にするジャニーズ事務所の藤島ジュリー景子副社長の逆鱗に触れて、山下の事務所内での立場が微妙になっていた。

 ところが、山下が“月9ドラマ”を再生させ、ドラマの映画化も決定したことで、ジャニーズは干していた山下を“ポスト・キムタク”として再び売り出す計画に乗り出した。今後は、過密スケジュールが予想されることとなる。

 そうなれば、10月入籍どころか、結婚も当分、お預けとなる。石原としては、どんなに多忙でも入籍に支障はないと思っていたが、山下は入籍にはジャニーズの了解を取り付けなければならない事情もあって、煮え切らないままだ。石原は愛想を尽かして、すでに山下と距離を置き始めているという。

 ドラマ成功で石原に逃げられたとしても、これも人気稼業の宿命とあきらめるしかなさそうだ。

(文=本多圭)

サイゾーの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon