古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

『シンギュラリティは怖くない――ちょっと落ちついて人工知能について考えよう』

ITmedia エンタープライズ のロゴ ITmedia エンタープライズ 2017/03/30
『シンギュラリティは怖くない――ちょっと落ちついて人工知能について考えよう』: 画像:ITmedia © ITmedia エンタープライズ 提供 画像:ITmedia

 昨今、人工知能に注目が集まり、数々の「人工知能本」が出版されている。しかし、そのほとんどが「人類滅亡の脅威となるか」「職を奪われる恐怖」「ディープラーニングなどの技術解説」という3点に終始している。つまり、「人工知能は技術的に何が可能で、どんな脅威を発生させうるか」という論点である。

 しかし、人工知能を考えるとき、それだけが大事なことだろうか。そもそも、そのような「脅威」は、本当に起こるのだろうか。

 本書『シンギュラリティは怖くない――ちょっと落ちついて人工知能について考えよう』の著者、中西崇文氏は、ごく近い将来に、人工知能は、普通の人にとってもありふれたツールになり、現在人々が人工知能についてぼんやり抱いている、近寄りがたい超越的なものというイメージは払拭(ふっしょく)されてしまうという。

 ツールを使うとき、当たり前の話だが、誰だって危ないツールや、信頼性の低いツール、うるさいツールは使いたくない。だから、どんなに高度な人工知能技術を使った製品・サービスでも、人々が「危ない」「いらない」「気持ち悪い」などネガティブな評価を下したら、淘汰される運命にある。そのことは歴史を見ても明らかだ。

 前述のように、これまでの人工知能本は「技術的に何が可能か・脅威か」ということばかりを議論してきたが、人々が受け入れなければ、そういった脅威の芽は早々につまれてしまい、実現しない。従って、そのことばかりを考えるのは、あまり建設的とはいえないのではないだろうか。

 人工知能普及前夜にある今、本当に重要なのは「人間は人工知能をどのように受け入れるか」「人間はなぜ、人工知能を欲するのか」のような、人間とのかかわり方に注目することだ。本書はこの視点に立って議論することにより、既存の人工知能本にない、新鮮な指摘・未来予測を幾つも行っている。

 本書の指摘・予測を幾つか列挙してみよう。「シンギュラリティはもう起きているが、人間はそれに気付かない」「人間を困らせる人工知能は存在できない」「人工知能は人間の意識を生産活動から解放する」「人工知能で『モバイル』の時代は終わる」「人工知能は『合議制』を取るようになる」。また、人工知能が普及していく過程で「人工知能と人間の役割分担をどうすべきか」「人工知能と人間のインタフェースをどうすべきか」ということが大きな問題になるとも指摘している。

 ここでは、本書の指摘・考察の中でも重要な位置を占める、「人工知能時代に、人間が行う生産活動で価値を持つのは何か」に関する論考を紹介しよう。

 人間は、人工知能を生み出す現在に至るまでに、さまざまな「道具」や「機械」を作り出してきた。

 道具とは、狭義には人間の手などを用いて、人力で動かす補助器具を指す。動力はあくまでも人力であるところがポイントだ。道具は、人間の身体能力を補助し、道具がなければ不可能だったことを可能にする。人間の身体機能を拡張することが道具の主な機能となるが、その際の動力は人力であり、直接、人間の手によって操作される。

 一方、機械は、狭義には外部からの動力供給を受けて、目的に応じた一定の動作をするもので、道具と比べると動力源が人間自身ではないところがポイントである。

●「道具時代」の価値の源泉は「技能」と「労働量」

 道具の動力源は人間の身体であり、その操作も人間の身体によって行われる。そのため、生産活動の成果の大小は、その人がどれだけ上手に道具を作り、活用するかで決まるので、その人の社会的な評価も道具の利用の巧拙で左右されることになる。実はこの点が、人間のライフスタイルの大きな変換をもたらした。

 道具が生活に導入される前は、自らの手足で木の実などの取得可能な食べ物を採集して食べていた。基本的に手でつんで食べることの繰り返しである。

 そこに道具が出現したことで、道具を作る・使うという「身体機能を拡張する技能」が求められるようになってきた。この専門性ともいうべき能力は、動物として持っている本来の生命維持のための行動とは直接関係がない。言い換えれば、生物として必ずしも持たなければならない能力ではないのだ。しかしながら、そのような専門的な能力を発揮することによって、新たな生産活動が可能となった。

 やがて、道具を作る・使うことによって生まれる成果に対して、価値の交換が行われるようになる。道具を使って狩猟・採集した人だけでなく、道具を作り出した人にも食糧が受け渡される仕組みが必要だからだ。その仕組みが定着すると、初期には役割分担が発達する。ある人は石器を作り、ある人はその石器を使って狩りをする。また、ある人は土器を作り、別の人はその土器を使って、より多くの木の実を採集する。このように役割を分担し、その貢献度に応じて食べ物が分配される。これは、分化した労働の慣習化といっていいだろう。

 こうして労働は、道具を作ったり、使ったりして得られる「価値」の流通を生んだ。さらに人々が自分の役割や専門の作業に特化していくと、その中で生み出された生産物を各人の間で交換しなければ必要を満たすことができなくなる。これこそが「交換可能な価値=貨幣」の誕生を促した。例えば、自分が道具を使って作り上げた物を売ることで得たお金で、代わりに必要な食べ物を買う。その食べ物もまた、何らかの道具を使って得られた物だという具合である。

 そうした流れの中から、道具を使って何かを作り出すという「手工業」が生まれた。手工業で得られる価値は、生産物の数や量に比例する。そして生産物の数や量は、道具が動かされた回数や量に応じて増える。

 ということは、道具が使われるようになったことで、人間が物を作るために道具を動かした量に対して、間接的に価値が発生していることになる。道具は身体性の拡張がその機能であるため、人間の身体と切っても切れない。つまり、手工業で生まれる価値の量は、道具を使う人間の動きの量に比例することになる。

●「機械時代」の価値の源泉は「マネジメント」

 それに対し、機械では動力が人力以外から供給されるので、生産活動に人間の身体は必要ではなくなる。第二次産業革命期に蒸気機関を動力にした機械が出現して、人力からの置き換えが加速した。動力が人力でなくなると、生産過程と人間は離れることになる。機械に任せれば、人間がいなくても物はでき上がる。このことにより、道具による生産をしていた頃とは価値の発生・分配の構造が全く異なったものになる。

 もう1つ、道具の時代と異なるのは「規模」である。機械による生産が始まったことで、道具で生産していた頃と比べ、生産物の規模や量は飛躍的に増大していく。そのため、一つひとつの生産物自体を作ることの価値は薄れていく。代わりに、機械の時代には、大規模に大量に展開される生産物に関わるリソースの管理、マネジメントというものが価値を持つようになる。機械の管理、流通の管理、顧客の管理、労働者の管理など、道具の時代のように小規模で展開していた頃には顕在化しなかった「リソースの管理」という仕事こそが価値を生む源泉となる。

 リソース管理が価値を生むという意味で、最も分かりやすいのは需要と供給の関係である。例えば布を機械で生産すれば、道具で作っていた時代と違って、一気に大量の布を生産することが可能になる。

 けれども、単純に大量生産しているだけでは売れ残ってしまう。そこで「夏は暑いから、布はそれほどいらないだろう」「冬は寒さが厳しいから、布がたくさん必要だろう」「今年の流行の色の布を大量に出荷しよう」というように、需要とのバランスを考えて生産することが重要になる。これこそ需要と供給のバランスであり、このリソース管理をうまく操作することで、布の価格つまり価値も変動していく。布の価格の変動は、布の生産コストの変動よりも、リソース管理による変動の影響をより大きく受けるようになる。

●「自動機械時代」の価値の源泉は「創造」

 このように、道具の時代には生産活動そのものが価値の中心だったが、機械の時代になると生産の管理、マネジメントが価値の中心に変化してきた。そして産業革命から現代に至る間も、機械が新たな機能を持つことで価値のあり方は変異しつつある。

 現代の機械の中には、ただ人間の代わりに動くだけでなく、自律的に制御し、リソース管理の部分も代行しながら動作するものも出現し始めている。それをここでは「自動機械」と呼ぶことにしよう。機械自身がある種の最適化を自動で行ってくれたり、何を生産するかに応じて機械同士が連携しながら動作したりする機械がこれにあたる。自動機械は、人間がこれまで行ってきたリソース管理の一部を機械自身が行うことで、自動的に生産物を生み出す。つまり、物の生産から管理まで機械が行うようになったわけだ。

 そうなると価値の源泉は、生産物を作ること自体でも、リソースを管理することでもなくなる。自動機械時代において、価値の源泉は、そもそも何を作ろうとしたのか、何か新しい利用シーンを見つけたかという創造の部分に由来するようになる。

 具体的にいえば、自動機械によって、人間が創造したことを最適に具現化することが可能となったため、その創造の良しあしこそが問われているといってもいい。創造には、ものをデザインしたり、新たなものを発明するだけでなく、どういうシーンで使われるかという使い方の発見も含まれる。使い方の発見は新たな需要を生み出す重要な要素だ。

 自動機械によって、われわれが生きていくのに必要な生産活動は、管理の部分も含めてほぼ機械に任せてよくなった。これにより、人間の余暇が増し、その結果、新たに創造をする時間が増えたという考え方もできる。それ以上の豊かさ、充実を求めるために、われわれは考える時間を得たわけだ。こうして、考えること、創造すること自体に、どんどん価値の源泉が集中していくのである。

●「インテリジェント機械時代」の価値の源泉は「協働」

 そして今、機械は自動機械を超えてさらに進化しようとしている。それをここでは「インテリジェント機械」と呼ぼう。それは人工知能のような知的なアルゴリズムが内蔵された機械のことだ。知的なロボットのようなものをイメージするといいかもしれない。インテリジェント機械は「創造」という、人間に残された価値の源泉部分さえも担おうとしている。

 例えば、来年は白色が流行する可能性が高いと予想し、白色をベースにした商品を生産しようと発想して、生産・管理までやってのけるかもしれない。インテリジェント機械の登場はまだまだ先のことだと考えている人もいるかもしれないが、チェスや将棋、自動作曲、自動記事生成などを行える人工知能が実現していることを考慮すれば、そうした機械の登場も現実味を帯びてくる。

 これまでの延長線上に、インテリジェント機械の行く末を考えてみよう。われわれの社会は、ある目的を達成するために道具や機械に頼ることで大規模で大量の生産活動を行ってきたし、管理さえも機械に委ねてきた。だとすれば、これからはインテリジェント機械によって、これまで見たこともないような大規模な創造活動が行われる可能性がある。例えば自動作曲システムは、人間が作曲するよりも早く、大量に作曲をこなすようになるだろう。もちろん作曲だけでない。インテリジェント機械はあらゆる領域で、これまでになかったスピードで大量の創造活動を行うはずだ。

 人間も、インテリジェント機械の豊富な創造力を用いてたくさんの創造を行うことが可能となる。その際はインテリジェント機械による膨大な量の創造の中から、何を選択して、どのように組み合わせて、どのように活用していくかが重要になる。

 現在、既に実現している自動作曲システムから大量の楽曲が生成されているが、いくら大量に作られて、その一つひとつの楽曲が美しかったとしても、どのように展開していくかというさらに進んだ創造力は必要だろう。そう考えれば、自動作曲システムは人間の作曲支援のためのシステムと考えることができる。既に実現している脚本作成援助ソフトウェアにおいても、同じことがいえる。要するに、人間のみで作り上げるのではなく、インテリジェント機械とともに作り上げていくのである。

 これは芸術的な創造の領域だけではない。産業の実務の領域においても、科学研究の領域においても、あるいは囲碁や将棋といったゲームの領域においても、インテリジェント機械は、新しい販売の手法、科学的仮説、未知の妙手を創造・提案するようになるだろう。インテリジェント機械と協働し、その膨大な創造の量を生かしていくことで、われわれはこれまで気付かなかった新たな事実も突き止められるかもしれない。新たな価値の源泉はインテリジェント機械との協働によって、生み出されるようになるだろう。

ITmedia エンタープライズの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon