古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

『変態村』監督の最新作『地獄愛』予告映像 「不気味で詩的な映画を作り上げたい」

Real Sound のロゴ Real Sound 2017/04/12 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 7月1日に公開される映画『地獄愛』より、予告編映像が公開された。

 本作は、ベルギーのアカデミー賞といわれるマグリット映画賞2016で3部門を受賞した“狂気”のラブストーリー。実在した殺人鬼カップルをモデルに、出会い系サイトで知り合った結婚詐欺師・ミシェルとシングルマザー・グロリアの狂気的な恋愛模様を描く。

 監督は、デビュー作『変態村』が第57回カンヌ国際映画祭批評家週間正式出品されたファブリス・ドゥ・ヴェルツ。『変態村』、『地獄愛』を含めた“ベルギーの闇3部作”を制作予定で、「魅力的な文脈と俳優たちと戯れ、罪深く、不気味で詩的な映画を作り上げたい」と語っている。

 この度公開された予告編は、殺人鬼カップルへと化す結婚詐欺師・ミシェルとシングルマザー・グロリアの出会いから始まる。徐々にミシェルに惚れ込み、嫉妬と寂しさに苦しみ、狂気が芽生えるまでのグロリアの表情が映し出されている。(リアルサウンド編集部)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon