古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

『怪盗グルー』シリーズ最新作、2017年夏公開 予告編にはグルー&ミニオンの新ライバルの姿も

Real Sound のロゴ Real Sound 2016/12/16 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 『怪盗グルー』シリーズ最新作『Despicable Me 3(原題)』が、2017年夏に日本公開されることが決定し、あわせて第1弾予告映像が公開された。

『Despicable me 3』予告映像

 本作は、『ペット』『SING/シング』を生み出したイルミネーション・エンターテインメントが制作する、『怪盗グルー』シリーズの3作目。主人公のグルーをはじめ、アグネス・イディス・マーゴの3姉妹や、ルーシー、ミニオンらおなじみメンバーの前に、新たなライバル・怪盗バルタザール・ブラッドが登場する。

 前作の『怪盗グルーのミニオン危機一発』は、アニメーション作品史上第7位の全世界興行収入を記録。日本では、日本語吹替え版キャストに笑福亭鶴瓶、芦田愛菜、中島美嘉、中井貴一らが起用され、約25億円の興行収入を記録した。また、ミニオンたちが怪盗グルーと出会うまでを描いた『ミニオンズ』は、日本で興行収入50億円を超えている。

 この度公開された第一弾予告映像では、時代遅れの肩パッド入りファッションに身を包み、マイケル・ジャクソンの「Bad」に合わせてムーンウォークを披露したり、チューインガムやルービックキューブを使って攻撃をしかけたりする、バルタザールの姿が映し出されていく。そのほか、グルーとルーシーのコミカルな掛け合いや、バルタザールがグルーにダンスバトルを仕掛ける様子も確認できる。

 監督は、『ミニオンズ』のカイル・バルダ&クリス・ルノーが務め、プロデューサーは『怪盗グルー』シリーズや『ペット』を手掛けたクリス・メレダンドリが担当している。(リアルサウンド編集部)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon