古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

『赤毛のアン』5月6日公開へ 製作総指揮を原作者L・M・モンゴメリの孫娘が務める

Real Sound のロゴ Real Sound 2017/02/16 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 ジョン・ケント・ハリソン監督作『赤毛のアン』の公開日が5月6日に決定した。 『カルテット』宮藤官九郎登場で、第2幕は大波乱の予感!?  第5話までを振り返る  本作は、発表から100年以上が経ちながら、幾度となく映像化、舞台化され続けているカナダの女性作家L・M・モンゴメリの原作を基にしたヒューマンドラマ。プリンス・エドワード島の”グリン・ゲイブルス”を舞台に、赤毛の少女アンが豊かな想像力によって巻き起こす大騒動と、彼女の成長を描く。

 製作総指揮を務めるのは、原作者L・M・モンゴメリの孫娘、ケイト・マクドナルド・バトラー。主演のアンにはオーディションによって選ばれたカナダ出身のエラ・バレンタイン、アンのよき理解者となるマシュウを『グローリー/明日への行進 』のマーティン・シーン、厳格だが愛情深いマシュウの妹・マリラを『逆行』のサラ・ボッツフォードがそれぞれ演じる。

 監督は、『イレーナ・センドラー 2500人の命のために 』のジョン・ケント・ハリソンが務めた。(リアルサウンド編集部)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon