古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

『闇金ドッグス』最新作、2作連続公開決定 山田裕貴、青木玄徳がそれぞれ主演に

Real Sound のロゴ Real Sound 2016/10/26 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 『闇金ドッグス』シリーズの最新作『闇金ドッグス4』と『闇金ドッグス5』の公開が決定した。  本作は、“闇金融”を題材に、金に魅せられ、金に苦しみ、金に群がる人間たちの模様を映し出すヒューマンドラマ。今年12月公開のパート4ではラストファイナンスの社長・安藤忠臣、翌年11月公開のパート5ではラストファイナンス社員・須藤司にスポットを当てた物語が、それぞれ展開される。  パート4の主人公・安藤忠臣を演じるのは、『ふきげんな過去』や『HiGH&LOW THE MOVIE』などに出演する山田裕貴。また、パート5の主人公・須藤司は、ドラマ『仮面ライダー鎧武/ガイム』、映画『探偵は、今夜も憂鬱な夢を見る』に出演する青木玄徳が務めている。共演者として、パート4には、升毅、高橋ユウ、木村祐一らが出演。パート5には、菅原大吉、美谷和枝、牧野ステテコらの名前が並んでいる。 ■山田裕貴(安藤忠臣役)コメント パート1・2・3経て、こうやってパート4・5が出来る事が本当に嬉しいです。シリーズを重ねていく事で、役に対してより深く深く掘り下げられると思います。パート4では、忠臣の過去が出てきます。その中で見せる今までにない忠臣の表情などを楽しめて演じれたらと思います。今回の2作のテイストは、ちょっと切なかったり、お金の怖さから生まれる悲しさだったり、現実にあった事件を映し出したり、そういうリアルな部分を、ちゃんと見せていきたいです。忠臣はまっすぐ生きているので、厳しい男ではありますが、かと言って悪い奴ではなく、時には人を思いやります。ただ、人を思いやるが故に、その人の人生を狂わせてしまったりする。何が正しい事なのかを教えてくれる映画だと思っています。今までのシリーズもご覧になっていなくても、最近僕を知ってくれた方にも、大きなスクリーンでこの映画を見て頂けるように、全身全霊で頑張りたいと思います。 ■青木玄徳(須藤司役)コメント いやー、ヤバいんじゃないですか。ヤバい。この一言で内容を表現できます。前回よりも話がめっちゃ重くなって行きますので、「闇金ドッグス」のファンになって頂いている方には、愛して貰えるんじゃないかなと思います。現実にあった事件を引用させて頂いているシーンもありますので、しっかり表現して、皆さんに伝えられたらなと思います。かなりヤバい事になると思います。 ■升毅升毅(豊田一樹役)コメント 忠臣の過去をよく知るヤクザ役という事で、初めて見る方はもちろん、シリーズを楽しみにされているお客様の期待に応えられるよう準備しています。裕貴くんと久しぶりにガッチリ芝居できることも、とても楽しみにしています。 ■高橋ユウ(那須元子役)コメント シリーズ3作品あって、今回のパート4で、今まで続いてきた作品に関わらさせて頂く事が嬉しく思います。そして、元子という役で生きる事が出来るのが嬉しいと共に、凄く過酷で、胸の痛い日々になるんだろうなと思います。孤独と愛の形を、探しながら、求めながら、作品を撮って行けたらいいなと思います。 ■菅原大吉(沼岸光夫役)コメント 今、日本のどこかで現実に起きているであろう問題がこの作品にはたくさん含まれてます。特にこの母と息子の親子関係がとても切なく、そして切実に描かれていて、とても見ごたえのある作品になると思います。 ■荒木宏文(五条礼役)コメント 闇金ドッグス5に出演させて頂きます。この5では、実際に問題視されたりニュースに上がったりもした「ある事」が物語に組み込まれています。僕個人として、同じD-BOYSの山田裕貴が1から作り上げて、ここまで続けてきた事を心から尊敬し、敬意を払い、精一杯自分の役を努めて参りたいと思います。また青木玄徳君とも、以前一緒に仕事をさせてもらっており、こうやって違う現場で再会できる事を嬉しく思っています。いただいた役も、役者として挑戦したい事がたくさんあります。皆さんが楽しみ、考えてもらえるよう、現場ではたくさんのことに挑戦しながら精錬された最高の作品を届けられるよう精一杯挑みたいと思います。(リアルサウンド編集部)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon