古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

『Mステスーパーライブ』ジャニーズの“層の厚さ”! グループ個性を貫いた8組のパフォーマンス

Real Sound のロゴ Real Sound 2016/12/23 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 12月23日にオンエアされた『MUSIC STATION SUPER LIVE 2016』(テレビ朝日系)は、豪華アーティストが集結し、年末らしい盛り上がりをみせた。ジャニーズ勢からは、なんと8組が登場。あらためて、層の厚さを感じた一夜となった。彼らのパフォーマンスを振り返りながら、各グループの放つ輝きについて考察したい。 (関連:『SMAP×SMAP』終了、関ジャニ∞の奮闘……2016年のジャニーズTV番組を振り返る) ■嵐、グループ愛に溢れるステージで魅了  「Daylight」「迷宮ラブソング」「I seek」のスペシャルメドレーを披露した嵐は、まさに今の嵐を表すライブだった。1人ひとりの見せ場を持ちながら、5人の美しいフォーメーションで魅了する「Daylight」は、ソロで多方面に活躍しながらも、5人集まればさらにお互いの良さが引き出される関係性を示唆しているよう。  そんな大人の魅力を放つと、「迷宮ラブソング」のイントロが流れる中、松本潤が「ハッピーバースデー! DEAR相葉くん!」とシャウト。12月24日が誕生日の相葉雅紀をステージでお祝いするのだった。相葉を指差してカメラアピールをする大野智に、「ありがとー」と返す相葉もうれしそう。その屈託のない笑顔に、見ているこちらまで幸せな気持ちになる。するとカメラは、逆サイドではしゃぐ櫻井翔と二宮和也をキャッチ。それぞれのイニシャルから(櫻井=S、二宮=N)、“磁石コンビ”とファンの中で呼ばれているが、この日はまさに磁石のようにくっつき、客席近くで歩調を合わせて練り歩く。その息の合ったふざけっぷりが笑いを誘った。そして再びメインステージに戻ると「I seek」を伸びやかに歌い上げ、5人で肩を組んで締める。グループの絆が垣間見える嵐らしいステージだった。 ■とにかく楽しい!が伝わってきたジャニーズWESTとSexy Zone  若手2グループのパフォーマンスは、弾けるような本人たちの笑顔が印象的だった。7人でのデビューをメンバー自ら社長に直談判したエピソードを持つジャニーズWESTは、このメンバーでこの大きな舞台に立っていること、そのものに喜びを爆発させているようだった。そして楽曲は「人生は素晴らしい」ときた。自分たちが望んだ夢を叶えた彼らだからこそ、弾ける笑顔で歌える曲だ。チームとしての一体感はどのグループにも負けない、そんな意気込みが伝わってくるようだった。  一方、Sexy Zoneもグループ内のユニット体制などが複雑化していた時期を乗り越え、今年は5人体制が定着。全員にキメ台詞がある「Sexy Summerに雪が降る」をフレッシュに歌いきった。歌う側も、応援する側も、今のグループが好きだという気持ちで満たされた時間だった。ちなみに、フリートークでは中島健人が、ジャニースWESTの中間淳太に誕生日プレゼントとして砂時計を送った話が披露された。砂時計をチョイスした理由を「未来に向かってこれからも幸せな砂をこぼしてくださいねってことで」と、相変わらずのラブホリ王子節。さらに、クリスマスの思い出として、マリウス葉が「スイスの別荘に……」とリアル王子っぷりを発揮すると、菊池風磨が「とんでもねーグループなんです」とフォローを入れる微笑ましい展開も。2017年も、この2グループのワチャワチャぶりに期待したい。 ■表現の幅を広げるキスマイ&JUMP  Kis-My-Ft2は「Gravity」と「Thank youじゃん!」のメドレーを披露。過酷なロケや格差いじりなど、アイドルらしからぬ活躍が話題にのぼるKis-My-Ft2だが、ライブともなればJr.時代から続くオラオラな一面が楽しめる。そのギャップが実にいい。「Gravity」は、進化するキスマイのカッコよさが凝縮したような1曲。藤ヶ谷太輔の低音ボイスラップが心地よく響き、Sっ気たっぷりな表情でファンをドキドキさせてくれる。対して、「Thank youじゃん!」はデビュー後に身につけたキスマイのかわいらしさが開花している。キャッチーで覚えやすい歌詞と振り付け、間奏では北山宏光が宮田俊哉を捕まえてPPAPの振りをするなど思わずキュンとする場面も。どんなニーズにも応えていくキスマイのマルチな可能性を感じた。  Hey! Say! JUMPが歌ったのは、切なくメロディアスな楽曲「Give Me Love」だ。これまで、ふわふわキュートなイメージが強かったJUMP。だが、山田涼介の繊細な歌声を主体にして、透明感のあるコーラス、そして9人という人数を活かしたダンスは見応え充分。ビジュアルのキュートさからポジティブな曲が多い印象だが、「瞳のスクリーン」や「Your Seed」などを見ても、クールな雰囲気の楽曲との相性がいい。今後、年齢を重ねていくうちに、さらに大人なバラードをドラマチックに歌い上げるグループに成長していってくれるだろう。 ■歌声の直球勝負を挑んだNEWS  NEWSは情緒たっぷりに「恋を知らない君へ」を熱唱。歌い出しの増田貴久は、今にも泣き出してしまうのではないかと思うほど、胸に迫るものがあった。小山慶一郎はニュースキャスターに、加藤シゲアキが小説家に、増田貴久はコンサート衣装のプロデュースを手がけるようになり、手越祐也がスポーツやバラエティで大活躍。各自が突き抜けることで、NEWSという円グラフの面積がどんどん大きくなるように、グループとしての懐が深くなっていったように感じる。そんな充実した2016年を印象づけるような歌いっぷりだった。 ■男気と粋な演出で魅せた、関ジャニ∞&TOKIO  関ジャニ∞は着物姿で登場、きらびやかな和洋折衷の雰囲気の中で「NOROSHI」を歌った。2014年に自主レーベルを立ち上げたことをきっかけに、さらに関ジャニ∞らしさを追求している姿が印象的だ。これまでのアイドル像には縛られない、エンターテイナーとしての勢いを感じる。  また、TOKIOのバンド演奏は、大人の男たちが音楽を楽しんでいる姿が実に心地いい。黒地に白でT・O・K・I・Oの文字をあしらった衣装で登場する演出にも、心が温まる。また、一生懸命に生きている人にしか体現できない、ほとばしるエネルギー。熱い思いが音に乗って視聴者の心にまで届く、そんな演奏だった。  終始、遊び心満載なパフォーマンスで楽しませてくれた2グループ。エンディングでは恒例となっている、丸山茂(丸山隆平が城島茂に変装)と城島タモリ(城島茂がタモリに変装)の姿も。楽しみにしていたファンも多かったようで「今年もありがとう」「安心して年が越せそうです」とネット上でも大絶賛の声があがっていた。ちなみに、「NOROSHI」を演奏しているときの丸山は、袖なしのスタイルだった。これも“袖なしといえばTOKIO山口達也”の存在をリスペクトしてのことか? と勘ぐってしまうほど、関ジャニ∞やTOKIOのステージは、毎回何かをしてくれるのではないかという期待が高まってしまう。それほど2グループのサービス精神が、私たちの中に浸透している証拠かもしれない。  実に、多種多様な個性を放ちながら、活躍しているジャニーズアイドルたち。2017年も、それぞれのグループが「らしさ」を貫き、伸び伸びと楽しく過ごしてくれることを願っている。(佐藤結衣)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon