古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

『T2 トレインスポッティング』日本版予告 アンダーワールド楽曲や前作を彷彿とさせる場面も

Real Sound のロゴ Real Sound 2017/02/08 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 4月8日に公開される映画『T2 トレインスポッティング』より、日本版予告編が公開された。

 本作は、1996年公開の映画『トレインスポッティング』の続編。かつてヘロイン中毒だったマーク・レントン、シック・ボーイ、スパッド、ベグビーの再会と彼らの未来を描き出す。主演のユアン・マクレガーをはじめ、監督のダニー・ボイル、脚本のジョン・ホッジなど、オリジナルのスタッフ&キャストが20年ぶりに再集結した。

 このたび公開されたのは、4月21日までの“期間限定”で視聴できる日本版予告編。レントンがイギー・ポップの「Lust For Life」に乗せて全力疾走する前作のシーンで幕を開ける予告編では、「フェイスブック、ツイッター、インスタグラム、結局みんな中毒者だ。何かに依存して生きている」とかつてヘロイン中毒だった自身と2017年の社会を重ねるレントンの姿や、シック・ボーイ、スパッド、ベグビーの20年後の姿が、アンダーワールドの「Born Slippy」に乗せて映し出されている。(リアルサウンド編集部)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon