古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

【格安スマホまとめ】話題の「HUAWEI P10」3モデル発売、米で人気の格安スマホ「BLU」上陸

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2017/06/11
【格安スマホまとめ】話題の「HUAWEI P10」3モデル発売、米で人気の格安スマホ「BLU」上陸 © KADOKAWA CORPORATION 提供 【格安スマホまとめ】話題の「HUAWEI P10」3モデル発売、米で人気の格安スマホ「BLU」上陸

 今回は070/080/090番号による音声通話付きSIMの主要サービスについて、料金表でまとめている。先週の格安SIM、格安スマホ関連の話題では、まずファーウェイが「HUAWEI P10」の3製品を発売。フラグシップのP10/P10 Plusに加え、約3万円のP10 liteも登場。また、これに合わせてか、各社の端末の値下げが相次ぐ。さらにアメリカで人気の格安SIMフリースマホ「BLU」の国内上陸が発表された。 ファーウェイの2017年のフラグシップ機「HUAWEI P10」が発売 ファーウェイの2017年のフラグシップ機「HUAWEI P10」が発売 ファーウェイから「HUAWEI P10」の3製品発表ハイエンドのP10 Plusに約3万円のP10 liteも  まず先週大きな話題だったのが、「HUAWEI P10」の国内発表。ハイエンドクラスの「HUAWEI P10」「HUAWEI P10 Plus」に加えて、税抜2万9980円というコスパに優れた「HUAWEI P10 lite」の3製品がすでに発売されている。  詳しいスペックなどは別記事をチェックしていただきたいが、P10とP10 PlusはそれぞれフルHD解像度の5.1型液晶とWQHD解像度の5.5型液晶を搭載。ともにファーウェイのフラグシップ機でおなじみのLeicaダブルレンズカメラを搭載するが、P10 Plusはさらにレンズもワンランク上の「SUMMILUX-H 1:1.8/27 ASPH.」となり、F値は1.8。光学式手ブレ補正機構も搭載する。  そのほかのスペックは共通点が多く、Kirin 960(2.4GHz+1.8GHz)、4GBメモリー、64GBストレージ、Android 7.0など。バッテリー容量は3200mAhと3750mAh。DSDSや3波のキャリアアグリゲーションにも対応する。価格はP10は税抜6万5800円、P10 Plusは税抜7万2800円。  一方、P10 liteはP8 lite、P9 liteと続いてきた高コスパモデルの後継機。フルHD解像度の5.2型液晶、Kirin 658(4.1GHz+1.7GHz)、3GBメモリー、32GBストレージ、3000mAhバッテリー、大型センサーの12メガカメラ(イン8メガ)、指紋センサー、Android 7.0など。特にRAM/ROMの強化がうれしい点。 つづいてこちらはP10 lite。こちらの指紋センサーは背面のままだ つづいてこちらはP10 lite。こちらの指紋センサーは背面のままだ  デザイン的にはプレミアム感を増しており、背面にはガラス素材を採用したほか、前面/背面ともに2.5D加工の縁が丸みを帯びたガラスと、ミドルクラスとは思えないといった印象だ。 HUAWEI P10リリースの影響!?ZenFone 3、P9 lite、極2と相次いで価格改定  HUAWEI P10の登場に合わせてなのかはわからないが、各社のスマホで相次いで価格改定が行なわれている。まず発表されたのはASUSのZenFone 3シリーズ。無印の「ZenFone 3」(5.2型)は、税抜3万9800円から税抜3万4800円に。上位モデルの「ZenFone 3 Deluxe」(5.5型)は税抜5万5800円から税抜4万5800円に。 ZenFone 3(5.2型) ZenFone 3(5.2型)  後継モデルが発売されたファーウェイ「HUAWEI P9 lite」は、税抜2万5800円から税抜2万2800円に。FREETELのフラグシップ機である「SAMURAI KIWAMI2」は、税抜4万9800円から税抜3万9800円にそれぞれ改定されている。 SAMURAI KIWAMI2 SAMURAI KIWAMI2 米国で人気のSIMフリースマホ「BLU」が日本上陸エントリークラスの2台が発売  米フロリダ州マイアミに本社を置き、主に格安の端末で米国のSIMフリースマホ市場のシェアトップを獲得したこともあるという、「BLU」というメーカーが日本上陸を果たす。国内ではソフトバンク コマース&サービスが取り扱う。  今回登場するのは「GRAND X LTE」(6月30日発売)、「GRAND M」(6月16日発売)の2機種で、ぞれぞれ税込でも1万2800円と7800円。価格からもわかるようにエントリークラスで、特にGRAND Mは3G対応まで。一方でメタル筐体による高級感が特長とのこと。  GRAND X LTEは5型HD、MediaTek製クアッドコアCPU(MT6737 1.25GHz)、1GBメモリー、8GBストレージ、8メガカメラ(イン5メガ)、2400mAhバッテリー、Android 7.0など。GRAND Mは5型FWVGA、MediaTek製クアッドコアCPU(MT6580 1.3GHz)、512MBメモリー、8GBストレージ、5メガカメラ(イン3.2メガ)、2200mAhバッテリー、Android 6.0など。ドコモ網の主要周波数にはともに対応している。 GRAND X LTEのカラバリは4色 GRAND X LTEのカラバリは4色 人気の音声通話付きSIMの料金表(税込)(データ専用SIMは前回分をクリック)   OCN モバイル ONE BIGLOBE LTE・3G IIJmio みおふぉん/BIC SIM 音声通話パック 110MB/日コース 3GB/月コース エントリープラン ライトSプラン ミニマムスタートプラン ライトスタートプラン 通信網 等 制限時の通信速度 ※2 ※2 ※2 ※2 制限時の通信速度 300kbps 200kbps 128kbps 月額料金 3218円※3 1630円 1728円 3218円※3 4298円※3 6458円※3 通話定額 1回5分までかけ放題 918円(1回5分までかけ放題) 1回10分までかけ放題+1080円で時間制限なし 初期費用 3240円 3240円 3240円 SIMサイズ microSIMnanoSIM microSIMnanoSIM 標準microSIMnanoSIM microSIM、nanoSIM 制限解除オプション なし 162円/100MB 540円/500MB 通信制御 3日/6GB 3日/6GB ― ― 公衆Wi-Fi × × ○ 最低利用期間 2年 なし 2年 契約解除料 1万260円 なし 1万260円 転出手数料 3240円 1年以内は1万2420円、以降は2160円 6ヵ月以内は6480円、以降は3240円 その他プランなど +1080円で月6GB 6GB:2365円など 6GB:2462円など 新規/MNP加入時はスマホプランSは1万円、MとLは1万5000円のキャッシュバック ■関連サイト ファーウェイ・ジャパン ASUS FREETEL FREETEL

【格安スマホまとめ】話題の「HUAWEI P10」3モデル発売、米で人気の格安スマホ「BLU」上陸

【格安スマホまとめ】話題の「HUAWEI P10」3モデル発売、米で人気の格安スマホ「BLU」上陸
© KADOKAWA CORPORATION 提供

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon