古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

【衝撃動画】惑星「ニビル」が続々出現、地球滅亡も近い!? 太陽に寄り添う超巨大オーブめぐり議論紛糾

TOCANA のロゴ TOCANA 2017/05/17 株式会社サイゾー

 太陽のすぐ隣に、青く輝く天体が――。謎の巨大オーブをとらえたショッキングな動画が話題になっている。ひょっとすると噂の惑星“ニビル”なのか。

■太陽の横で青白く輝く“地球サイズの惑星”

 今年3月14日、現地時間午前9時20分、米・テキサス州クリーブランド某所、乗用車で移動中のリッキー・バートレット氏が車の中から撮影した動画が注目を浴びている。快晴の空に燦々と輝く太陽のすぐ横に、青白い天体が寄り添っていたのだ。

 バートレット氏が撮影したこの動画を、惑星研究家でYouTuberであるディル・マーチン氏がアップロードしたところ、多くの視聴者を集める事態となった。

【その他の画像・動画はコチラ→http://tocana.jp/2017/05/post_13210.html

 動画を投稿したディル・マーチン氏は、太陽の隣に浮かぶこの天体は、NASAが昨年発表した7つの“地球サイズの惑星”のうちの1つであると主張している。また、マーチン氏はこのほかにもカナダ、イタリア、スロバキア、メキシコ、ブラジルで撮影された“地球サイズの太陽系外惑星”の動画を同YouTubeチャンネルで公開し、動画を閲覧したユーザーからの驚きの言葉がコメント欄に寄せられている。

 そして英タブロイド紙「Express」オンライン版では、この惑星があの“ニビル”、またの名を“プラネットX”である可能性を指摘している。こうしてニビルが肉眼で目撃できるということは、地球への接近も近いということなのだろうか……。

■カメラの“補正レンズ反射”なのか……

 トカナ読者であればよくよくご存じの惑星・ニビルだが、一説ではその独特の周回軌道から、数千年に一度太陽系に突入して地球にニアミスするといわれている。

© TOCANA 提供

 地球の4~5倍の大きさで20~25倍の質量があるといわれているニビルが最接近したときの重力の影響はすさまじいものになるといわれ、地球上に隕石や小惑星の雨を降らせ、火山の噴火や地震が各地で発生して地上の生命の大量絶滅へとつながる大惨事になると予測されている。そして、もしニビル接近のときが近いのであれば、もうすぐ我々の文明も滅亡を迎えるのだろうか。

 しかし同紙は、その心配はないと読者を安心させている。なんと、この動画に映っている“地球サイズの惑星”は、単なるカメラの“レンズフレア”であると断言しているのだ。

 レンズフレアは、太陽光のような極めて明るい光源がレンズに向けて当てられている時に、画角内のほかの部分に光が漏れてしまう現象だ。したがって、この太陽の隣にある青白く輝く物体は実は存在していないということである。動画のコメント欄の中には「2つの太陽からの2つのレンズフレアだ! なんてこった!」という皮肉っぽい書き込みもあれば、「動画の信ぴょう性を疑う」という冷静な声もあるようだ。

 UFO研究家であり、悪意あるUFOデマ情報の分析・研究も行っているスコット・ブランド氏は「これは“補正レンズ反射”です」と指摘している。また、問題提起型暴露サイト「Metabunk.org」のスタッフであるミック・ウエスト氏は、この“補正レンズ反射”のメカニズムを同サイトの記事で解説し、自身のYouTubeチャンネルにこの現象が起こっている動画を投稿して説明している。それによれば、どうやら車のウィンドウ越しに撮影したことでこの“惑星”が出現した可能性がありそうだ、

 ということで話は一件落着という流れになりそうなのだが、本当にそれで良いのだろうか。同紙のほかの記事では惑星ニビルの接近に警鐘を鳴らすことも少なくなく、結論のまとめ方としてはやや性急で不自然な感もある。ともあれ今後も惑星ニビル=プラネットX、そして昨年にその存在の可能性が指摘されるようになった太陽系“第9惑星”の続報から目が離せない。(文=仲田しんじ)

※画像は、Thinkstockより

TOCANAの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon