古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

【鉄板&旬パーツ】8コアのハイスペックPCに最適なMini-ITXケース

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2017/04/26
【鉄板&旬パーツ】8コアのハイスペックPCに最適なMini-ITXケース © KADOKAWA CORPORATION 提供 【鉄板&旬パーツ】8コアのハイスペックPCに最適なMini-ITXケース

AM4向けMini-ITXマザーがまもなく登場!  ミドルクラスとなる6コア/12スレッドの「Ryzen 5」シリーズも登場し、本格的にインテル Core iシリーズと真っ向対決の体をなしてきているRyzenシリーズ。  うれしいことに、3月末にBIOSTER(本社)から正式発表された初のSocket AM4対応Mini-ITXマザーボードの「X370GTN」、「B350GTN」の国内取り扱いを、国内正規代理店のアユートが発表。  LGA2011-v3プラットフォームよりも、安価&手軽に8コア/16スレッドのコンパクトPCを自作できる日が、間近に迫っている。  LGA 1151向けのゲーミング向けMini-ITXマザーボードもひと通り出そろっているので、今回はコンパクトかつビデオカードを搭載できる定番人気のMini-ITXケースを改めてチェックしてみた。  なお、Socket AM4対応のMini-ITXマザーボードは、BIOSTER以外のメーカーも準備中なので、今後はさらにラインナップが増えそうだ。 AMD「X370」チップセットを搭載するBIOSTER「X370GTN」。4月28日発売予定で、予価は税別1万4980円 M.2スロット(32Gbps)はマザーボード裏面に装備している AMD「X370」チップセットを搭載するBIOSTER「X370GTN」。4月28日発売予定で、予価は税別1万4980円 M.2スロット(32Gbps)はマザーボード裏面に装備している チップセットに「B350」を採用するBIOSTER「B350GTN」。スペックは「X370GTN」とほぼ同じで、予価は税別1万2800円 GIGABYTEは「B350」を搭載したMini-ITXマザーボードを計画中。発売時期などは未定だが、大いに期待したい。なお、ASRockも「X370」で発売予定だ チップセットに「B350」を採用するBIOSTER「B350GTN」。スペックは「X370GTN」とほぼ同じで、予価は税別1万2800円 GIGABYTEは「B350」を搭載したMini-ITXマザーボードを計画中。発売時期などは未定だが、大いに期待したい。なお、ASRockも「X370」で発売予定だ ド定番はクーラーマスターのキューブタイプ  選択肢が非常に増えているMini-ITXケースだが、多くのショップスタッフが定番に上げるのが、クーラーマスターの「Elite 1x0 Cube」シリーズだ。  内部スペースが限られるため、冷却面やケーブル取り回しなど、難易度は高まるが、最大ボード長343mmのビデオカードに対応する高拡張性に、8000円程度の手ごろな価格でロングセラーになっている。  対応するボード長は210mmまでになるが、ケース奥行きが短くなっている「Elite 110 Cube」など、フロントデザインや拡張性が異なる3モデルが販売中だ。 キューブ型Mini-ITXケースの定番となっているクーラーマスターの「Elite 1x0 Cube」シリーズ。3モデルともに手ごろな価格になっている キューブ型Mini-ITXケースの定番となっているクーラーマスターの「Elite 1x0 Cube」シリーズ。3モデルともに手ごろな価格になっている Elite 130 Cubeメーカー:クーラーマスターURL:http://apac.coolermaster.com/jp/case/mini-itx/elite130cube/実売価格:6500円前後 フロントメッシュ仕様の「Elite 130 Cube」。本体サイズは240(W)×398.5(D)×207.4(H)mm ストレージベイをサイドやボトムにすることで、フロント部に余裕を持たせている。フロントには、120mmラジエーターの搭載も可能だ フロントメッシュ仕様の「Elite 130 Cube」。本体サイズは240(W)×398.5(D)×207.4(H)mm ストレージベイをサイドやボトムにすることで、フロント部に余裕を持たせている。フロントには、120mmラジエーターの搭載も可能だ Elite 120 Cubeメーカー:クーラーマスターURL:http://apac.coolermaster.com/jp/case/mini-itx/elite-120-cube/実売価格:5800円前後 2012年の発売当時も、キューブ型Mini-ITXケースの定番だった「Elite 120 Cube」 ドライブベイをフロントに備えるため、ケーブルの取り回し難易度は高め。本体サイズは、「Elite 130 Cube」と同じになる 2012年の発売当時も、キューブ型Mini-ITXケースの定番だった「Elite 120 Cube」 ドライブベイをフロントに備えるため、ケーブルの取り回し難易度は高め。本体サイズは、「Elite 130 Cube」と同じになる Elite 110 Cubeメーカー:クーラーマスターURL:http://apac.coolermaster.com/jp/case/mini-itx/elite-110-cube/実売価格:5600円前後 280(W)×260(D)×208(H)mmのコンパクト筐体ながら、長さ210mmまでのビデオカードを搭載できる「Elite 110 Cube」 ドライブベイはトップとサイドに備わっており、最大で3.5インチ×3、または2.5インチ×4を搭載できる(組み合わせて使用可能) 280(W)×260(D)×208(H)mmのコンパクト筐体ながら、長さ210mmまでのビデオカードを搭載できる「Elite 110 Cube」 ドライブベイはトップとサイドに備わっており、最大で3.5インチ×3、または2.5インチ×4を搭載できる(組み合わせて使用可能) Fractal Designのキューブ型も定番の1台 Elite 110 Cubeメーカー:Fractal DesignURL:http://www.fractal-design.jp/home/products/cases/core-series/core-500実売価格:9000円前後  キューブ型のもうひとつの定番ケースが「Core 500」になる。本体サイズは「Elite 130 Cube」と同クラスの250(W)×367(D)×203(H)mmになるが、リア120/140mmファン×1(140mmファンを標準装備)、トップ120/140mmファン×2を取り付け可能と、エアフローを高められる仕様になっており、トップにはサイズ制限があるが280mmラジエーターの搭載も可能だ。 冷却性能に期待できるFractal Designの「Core 500」。トップへのファン搭載有無で変わるが、CPUクーラーは全高170mmまで対応。120mmファン採用のサイドフローCPUクーラーもオッケーだ 電源ユニットはフロントボトム搭載で、奥行き170mmまでのATX電源に対応する。ただ、ケーブルの取り回しを考えると、奥行き短いSFX電源ユニットがオススメだ 冷却性能に期待できるFractal Designの「Core 500」。トップへのファン搭載有無で変わるが、CPUクーラーは全高170mmまで対応。120mmファン採用のサイドフローCPUクーラーもオッケーだ 電源ユニットはフロントボトム搭載で、奥行き170mmまでのATX電源に対応する。ただ、ケーブルの取り回しを考えると、奥行き短いSFX電源ユニットがオススメだ ビデオカードの吸気を妨げないように、右サイドに2.5インチ/3.5インチベイを装備。排他ではなく、各2台を搭載可能になっている トップのブラケットに、240/280mmサイズのラジエーターを採用する簡易水冷を搭載するのもありだ ビデオカードの吸気を妨げないように、右サイドに2.5インチ/3.5インチベイを装備。排他ではなく、各2台を搭載可能になっている トップのブラケットに、240/280mmサイズのラジエーターを採用する簡易水冷を搭載するのもありだ まだまだある定番のMini-ITXケース METISメーカー:RAIJINTEKURL:http://www.itc-web.jp/product/metis実売価格:5700円前後  本体サイズは若干大きくなるが、「Ryzen」に良さげなビデオカード搭載可能なMini-ITXケースは、まだまだある。それがクーラーマスターの「Elite 1×0 Cube」シリーズと同じく、定番のひとつとして上げるショップスタッフが多いRAIJINTEK「METIS」だ。  対応ボード長は170mmまでになるが、本体サイズが190(W)×277(D)×244(H)mmと十分コンパクト。そのうえ、アルミ製ながら5700円前後と手ごろ価格で、LED搭載マザーボードを活かせるサイドアクリルパネル装備、6色から選べるカラバリを用意しているのが◎。  ただ、「METIS」は倒立タイプになっており、ビデオカードはトップ側に搭載する形になるが、トップパネルには吸排気口が一切ない(国内未発売の新型「METIS PLUS」では改善)。そのため、ミドルクラス以上のGPUを搭載したビデオカードで構成する際は、ちょっとエアフローに注意が必要だろう。 RAIJINTEK「METIS」。キューブタイプと比べ、内部スペースに余裕があるので、組み立て難易度はダウン 6色のカラバリを用意。内部レイアウトは倒立タイプで、右サイドパネルにはアクリルウィンドウを装備 RAIJINTEK「METIS」。キューブタイプと比べ、内部スペースに余裕があるので、組み立て難易度はダウン 6色のカラバリを用意。内部レイアウトは倒立タイプで、右サイドパネルにはアクリルウィンドウを装備 内部レイアウトは倒立タイプ。エアフローはリアの120mmファンから吸気し、フロントの電源ユニットで排気する構造になっている トップとボトムにドライブベイを装備し、3.5インチ×1、2.5インチ×2を搭載可能。ただ、CPUクーラーの幅やビデオカードによっては、干渉する可能性も 内部レイアウトは倒立タイプ。エアフローはリアの120mmファンから吸気し、フロントの電源ユニットで排気する構造になっている トップとボトムにドライブベイを装備し、3.5インチ×1、2.5インチ×2を搭載可能。ただ、CPUクーラーの幅やビデオカードによっては、干渉する可能性も RAIJINTEKのサイトには、トップに120mmファンを搭載可能で、ドライブベイも増加した新型の「METIS PLUS」が掲載されているが、国内では未発売だ RAIJINTEKのサイトには、トップに120mmファンを搭載可能で、ドライブベイも増加した新型の「METIS PLUS」が掲載されているが、国内では未発売だ いろいろな構成で組める自由度の高いケースはコレ  ここからはキューブ型と比べると筐体は大きくなるが、コンパクトにハイエンド構成を組めるMini-ITXケースを3製品紹介していこう。  1台目は、180(W)×368(D)×299(H)mmのコンパクトサイズながら、最大350mmまでのビデオカードや240mmラジエーターの水冷システム、最大7基のファンを搭載可能になっているCOUGAR「QBX KAZE」だ。 QBX KAZEメーカー:COUGARURL:http://www.milestone-net.co.jp/product/cougar/pc_case/QBX_KAZE.html実売価格:7000円前後 複数ショップのゲーミング向けコンパクトBTO PCに採用されているPCケースのデザイン違いとなっている「QBX KAZE」。BTO PCの構成を参考にするのも手だ 左サイドにはファンや2.5インチ/3.5インチを搭載できるブラケットを装備 複数ショップのゲーミング向けコンパクトBTO PCに採用されているPCケースのデザイン違いとなっている「QBX KAZE」。BTO PCの構成を参考にするのも手だ 左サイドにはファンや2.5インチ/3.5インチを搭載できるブラケットを装備 電源ユニットはフロントに縦に設置。奥行き1400mmまでのATX電源に対応する サイドブラケットには2.5インチ×2または3.5インチ×1を固定できる。なお、ドライブベイを外すことで、240mmラジエーターも搭載可能 電源ユニットはフロントに縦に設置。奥行き1400mmまでのATX電源に対応する サイドブラケットには2.5インチ×2または3.5インチ×1を固定できる。なお、ドライブベイを外すことで、240mmラジエーターも搭載可能 ボトムには120mmファンを2基搭載でき、防塵メッシュフィルターを装備。4面メッシュ仕様なので、吸気をボトムにして内部へのホコリ侵入を軽減したい ボトムには120mmファンを2基搭載でき、防塵メッシュフィルターを装備。4面メッシュ仕様なので、吸気をボトムにして内部へのホコリ侵入を軽減したい  COUGAR「QBX KAZE」は、「長~く使える極上のPCケース2015【番外編】」でも紹介しているので、参考にしてもらいたい。 抜群の拡張性を備える「NCASE M1」  続いては、ハイエンド構成をコンパクトに組むために、北米の自作ユーザーコミュニティ発のブランド「NCASE」から登場した「NCASE M1」だ。  デザインから内部レイアウトの構成まで、すべてユーザーによるブラッシュアップとフィードバックによって開発されただけあって、拡張性から組みやすさまで秀逸のひと言。価格は3万円前後と高価だが、用途を選ばずに長~く使い続けられる1台になっている。  現在国内で販売されているモデルは、最新のVersion5になるが、前モデルを「他の追従を許さない究極の小型PCケースM1」で紹介している。Version5では、フロントUSB3.0ポートの縁部が除去され、見た目が綺麗になり、マザーボードトレイが取り外し可能になっている。 NCASE M1メーカー:NCASEURL:http://www.dirac.co.jp/ncase_release/実売価格:2万9000円前後 ハイエンドなコンパクト自作好きにオススメな「NCASE M1」。本格水冷を組み込むなど、さまざまな構成に使える ハイエンドビデオカードを搭載した状態で、ボトムに2基のファンを設置でき、240mmラジエーターにも対応する ハイエンドなコンパクト自作好きにオススメな「NCASE M1」。本格水冷を組み込むなど、さまざまな構成に使える ハイエンドビデオカードを搭載した状態で、ボトムに2基のファンを設置でき、240mmラジエーターにも対応する サイドやボトム、フロントにストレージ、ファンを搭載できる自由度の高い内部構造がポイントだ サイドやボトム、フロントにストレージ、ファンを搭載できる自由度の高い内部構造がポイントだ “M1”そっくりなアビー「AS Enclosure RS01」  最後は、アビーが昨年末に発売した「AS Enclosure RS01」を紹介しよう。ほかの2製品と同じく、高い拡張性と自由度の高い内部レイアウトを備えているのに加え、ブルーやピンクなどのカラバリを用意しているのがポイントだ。 AS Enclosure RS01メーカー:アビーURL:http://www.abee.co.jp/Product/CASE/AS_Enclosure/RS01/index.html実売価格:2万9000円前後  ただ、デザインをはじめ、構造や内部レイアウトが「NCASE M1」と酷似。価格も同価格帯になっているため、「NCASE M1」との差異が気になってしまう人も多いだろう。 アビーの高拡張Mini-ITケースの「AS Enclosure RS01」 約300mmまでのボード長に対応するほか、ボトムやサイドにファン、ストレージを取り付け可能だ アビーの高拡張Mini-ITケースの「AS Enclosure RS01」 約300mmまでのボード長に対応するほか、ボトムやサイドにファン、ストレージを取り付け可能だ シルバー、ブラックに加え、アクアブルーやピーチ、オリーブグリーン、ショコラブラウンを用意 ボトムとサイドは、いろいろな組み合わせが可能になっているのも「NCASE M1」と同じ シルバー、ブラックに加え、アクアブルーやピーチ、オリーブグリーン、ショコラブラウンを用意 ボトムとサイドは、いろいろな組み合わせが可能になっているのも「NCASE M1」と同じ フロントパネルの裏側はメッシュ仕様になっている。ホコリの侵入を抑えつつ、吸気性をアップだ アビー製品おなじみのエンブレムプレート。外装、内部ともに高品質な作りになっているのは、さすがアビー製といったところだ フロントパネルの裏側はメッシュ仕様になっている。ホコリの侵入を抑えつつ、吸気性をアップだ アビー製品おなじみのエンブレムプレート。外装、内部ともに高品質な作りになっているのは、さすがアビー製といったところだ 各パネルは六角ボルトで固定。見た目はカッコいいが、メンテナンス性は、かなり落ちるのが残念 住友3M社製だが、インシュレーターはゴム製なのも残念なところ。なお、特殊スポンジラバーを採用したアルミ削り出しの同社製インシュレーターもある 各パネルは六角ボルトで固定。見た目はカッコいいが、メンテナンス性は、かなり落ちるのが残念 住友3M社製だが、インシュレーターはゴム製なのも残念なところ。なお、特殊スポンジラバーを採用したアルミ削り出しの同社製インシュレーターもある 自分好みのMini-ITXケースを見つけよう  今回紹介したMini-ITXケースは、ほんの一角。魅せる系に特化したタイプや、サイズは大きくなるが組みやすいタイプなどもあるので、店頭におもむいて、構成したいパーツにベストかつ自分の好みにあったMini-ITXケースをじっくり探してみよう。 長~くつきあっていくPCケース。パーツ構成や自分の好みにあったコンパクトなケースを見つけ出そう 長~くつきあっていくPCケース。パーツ構成や自分の好みにあったコンパクトなケースを見つけ出そう

【鉄板&旬パーツ】8コアのハイスペックPCに最適なMini-ITXケース

【鉄板&旬パーツ】8コアのハイスペックPCに最適なMini-ITXケース
© KADOKAWA CORPORATION 提供

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon