古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

【鉄板&旬パーツ】CPU簡易水冷キットをGPUに流用できるマウンターに注目

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2017/08/27
【鉄板&旬パーツ】CPU簡易水冷キットをGPUに流用できるマウンターに注目 © KADOKAWA CORPORATION 提供 【鉄板&旬パーツ】CPU簡易水冷キットをGPUに流用できるマウンターに注目

高TDPのメニイコアCPUも安心のオールインワン水冷キット!  TDPが100Wを超え、空冷CPUクーラーでは冷却面がやや不安なメニイコアCPUのインテル「Core X」シリーズと、AMD「Ryzen Threadripper」シリーズの登場もあり、注目度が大幅アップ中のオールインワン水冷キット。  目新しい機能の追加や冷却性能の大幅な向上はないが、ウォーターブロックやファンにLEDライティング機能を備えるモデルも登場しており、魅せるPC系にもオススメのアイテムとなっている。 CPU冷却強化の定番アイテムとなるオールインワン水冷キット CPU冷却強化の定番アイテムとなるオールインワン水冷キット  そんなオールインワン水冷キットは、基本的にCPU向けになるが、CPUより高発熱なGPUの冷却に流用できるようにするVGAマウンターが登場しており、NZXTの最新モデルとなる「Kraken G12」では、「GeForce GTX 10x0」や「Radeon RX」シリーズをサポート。長時間ゲーミング時の発熱に悩んでいるユーザーは注目だ。  夏の暑さのピークは過ぎたが、PC冷却強化の一環として、オールインワン水冷キットをビデオカードに流用可能とするNZXT「Kraken G12」を試してみたので、お伝えしよう。 オールインワン水冷キットをビデオカードに使用可能にするマウンターのNZXT「Kraken G12」。実売価格は4500円前後 他社の水冷キットで使用可能。ただ、現在入手可能なのは、NZXTの最新水冷キット「Kraken X」とThermaltake「Water 3.0 Riing RGB」の2つのシリーズくらいだ オールインワン水冷キットをビデオカードに使用可能にするマウンターのNZXT「Kraken G12」。実売価格は4500円前後 他社の水冷キットで使用可能。ただ、現在入手可能なのは、NZXTの最新水冷キット「Kraken X」とThermaltake「Water 3.0 Riing RGB」の2つのシリーズくらいだ  ちなみに、CPUクーラーの冷却性能が下がり、システムパフォーマンスがダウンするなど、PCの冷却面でのトラブルがあらわれやすい、この季節。CPUの冷却やPCケース内エアフローの違いが、PC性能にどのくらい影響するかを、ASCII倶楽部で検証しているので、是非とも熟読していただきたい。 GeForce GTX 1080 Tiを水冷化してみる!  GPUをオールインワン水冷キットで冷却可能にするNZXT「Kraken G12」だが、構成パーツは少なく、構造も非常にシンプルになっている。  とは言えCPUと比べると導入の敷居は高くなり、標準装備のGPUクーラーを取り外すため、メーカー保証はなくなる。さらに、AMDやNVIDIAのリファレンスデザイン基板を元に設計されているため、独自基板採用モデルで使えるかは、試してみないとわからない。  YouTubeでは、GeForce GTX 1060を搭載するMSI製ビデオカードへの導入例などもあるので、独自基板=取り付け不可というわけではないが、自己責任ではある。  ここではNVIDIAリファレンスの外排気クーラーを採用する「GeForce GTX 1080 Ti Founders Edition」を用意。NZXTの「Kraken G12」と、280mmラジエーターを採用するNZXT「Kraken X62」(型番:RL-KRX62-01)を組み合わせて水冷化を試みている。 VGAマウンター本体のほか、AMDとNVIDIA GPU用の固定リテンション。92mmファンが付属する VGAマウンター本体のほか、AMDとNVIDIA GPU用の固定リテンション。92mmファンが付属する Founders Editionの分解にはナットドライバーが必要  ここからは、今回水冷化した「GeForce GTX 1080 Ti Founders Edition」の分解手順をザッと紹介していこう。  GeForce GTX 1080とGTX 1080 TiのFounders Editionが備えるリファレンスクーラーの分解には、先端サイズ“PH0”のプラスドライバーや“4.0”径のナットドライバーが必要になる。いずれも、1500円程度で購入できる精密ドライバーセットに含められているので用意しよう。  ちなみに、GTX 1080 Ti Founders Editionは、すっかりショップ店頭から消えてしまっているが、アキバの中古ショップでは少量だが見かけることも。保証がなくなる水冷化前提なら、8万円前後になっている中古の「GeForce GTX 1080 Ti Founders Edition」を狙うのもアリだ。 本格水冷による水冷化にもオススメのNVIDIA「GeForce GTX 1080 Ti Founders Edition」 本格水冷による水冷化にもオススメのNVIDIA「GeForce GTX 1080 Ti Founders Edition」 基板裏面のネジを外す前に、GPUクーラーを固定しているPCIブラケット側の2ヵ所のネジを外しておこう GPUクーラーと基板の固定に使われているナットネジを外す。ネジ周辺にコンポーネントはないが、基板を含め傷つけないように注意 基板裏面のネジを外す前に、GPUクーラーを固定しているPCIブラケット側の2ヵ所のネジを外しておこう GPUクーラーと基板の固定に使われているナットネジを外す。ネジ周辺にコンポーネントはないが、基板を含め傷つけないように注意 GPUコア周辺のスプリングネジをプラスドライバー外せば、GPUクーラーは外せる。クーラーを外す際に、GPUコアを欠けさせないように細心の注意を払おう 基板にはファンとLEDケーブルが接続されている。GPUクーラーを若干浮かし、ケーブルを抜いてから、基板とクーラーを分割する GPUコア周辺のスプリングネジをプラスドライバー外せば、GPUクーラーは外せる。クーラーを外す際に、GPUコアを欠けさせないように細心の注意を払おう 基板にはファンとLEDケーブルが接続されている。GPUクーラーを若干浮かし、ケーブルを抜いてから、基板とクーラーを分割する GPUコア周りにメモリーチップが配されたNVIDIAおなじみのデザイン。「Kraken G12」は、GPUコア周りにある8つのネジ穴のうち4つを使用して固定する GPUコア周りにメモリーチップが配されたNVIDIAおなじみのデザイン。「Kraken G12」は、GPUコア周りにある8つのネジ穴のうち4つを使用して固定する マウンターと基板を固定する  NVIDIA用リテンションをGPUコア周りの4つのネジで基板に固定したら、ウォーターブロックを取り付けたマウンターとビデオカードをGPUコアを欠けさせないように注意しながら、固定しよう。  ここまでも、それなりに高い難易度になっているが、マウンター固定後も油断はできず、ラジエーターとビデオカードを、ほぼ同時にPCに取り付けることになる。スムーズに取り付けできるように、事前に工程をイメージして、いろいろ試しておこう。  今回試したGTX 1080 Ti Founders Editionを見る限り、オリジナル基板の製品でも、GPUコア周辺に背の高いコンデンサーなどがなければ問題なく取り付けできそうだ。  なお、GTX 1080 Tiではメモリーチップとリテンションとの隙間は5mm程度で、電源回路周りはマウンターと基板間で13mm程度になっていた。メモリーと電源回路部の冷却を強化するために、ヒートシンクを追加する際は、電子工作向けに販売されている小型のものを活用するのがいいだろう。 4つのネジ穴を使って、NVIDIA用のリテンションを基板に固定 ウォーターブロックを取り付けたマウンターを付属ネジで固定。なお、ファン側には付属のクッション材を取り付けるのも忘れずに 4つのネジ穴を使って、NVIDIA用のリテンションを基板に固定 ウォーターブロックを取り付けたマウンターを付属ネジで固定。なお、ファン側には付属のクッション材を取り付けるのも忘れずに サンハヤト「貼るヒートシンク」(型番:HF-C1225)などの電子部品向けの放熱シートを使うのもあり。秋葉原の秋月電子などに足を運んでみよう サンハヤト「貼るヒートシンク」(型番:HF-C1225)などの電子部品向けの放熱シートを使うのもあり。秋葉原の秋月電子などに足を運んでみよう 圧倒的冷却性能を発揮!  TDP 200Wをサポートする大型の空冷CPUクーラーでも、「CINEBENCH R15」を実行するだけで、CPUコア温度が100度に達してしまう4.3GHz(コア電圧1.35V)動作中の「Core i7-5960X」(8コア/16スレッド、定格3GHz)を、70度台にとどめる冷却性能を持っていた280mmラジエーター採用のオールインワン水冷キット「Kraken X62」。  その高い冷却性能はビデオカードでも遺憾なく発揮され、「ファイナルファンタジーXIV:紅蓮のリベレーター ベンチマーク」をフルHD、最高品質で実行すると、リファレンスクーラーでは“85度”まで上昇したGPUコア温度は、水冷化により31度ダウンした“54度”を記録。「3DMARK」のプリセットを複数実行した際も、GPUコア温度は最大でも57度にとどまった。 「Core i7-5960X」のコア電圧を1.35Vにアップし、4.3GHz動作に。「CINEBENCH R15」を実行しても70度台を維持 「Core i7-5960X」のコア電圧を1.35Vにアップし、4.3GHz動作に。「CINEBENCH R15」を実行しても70度台を維持  GPUコア温度が下がったことで、ブーストクロックにも変化が出ており、最大ブーストクロックこそ“1885.5MHz”と同じだったが、「ファイナルファンタジーXIV:紅蓮のリベレーター ベンチマーク」の負荷の大きな終盤の戦闘シーンでは、リファレンスクーラー時に、“1822MHz”前後で推移していたクロックが、水冷化により“1855MHz”まで伸びていた。 水冷化することで、GPUコア温度はリファレンスクーラーから30度以上ダウンした50度台を実現 水冷化することで、GPUコア温度はリファレンスクーラーから30度以上ダウンした50度台を実現  フレームレートが劇的に向上するわけではないが、GPUコア温度やクロックなど、水冷化の効果が目に見える形であらわれるのは、導入コストや敷居が高いだけにうれしいところ。MSIのGPUツール「Afterburner」を使って、常にゲームプレイ中のGPUコア温度やクロックをオンスクリーン表示したくなる。 水冷化の効果をゲーミング中にも目視できるオンスクリーン表示で水冷化の効果を堪能 水冷化の効果をゲーミング中にも目視できるオンスクリーン表示で水冷化の効果を堪能 余裕ある冷却性能を活かして2GHzオーバーを目指す!  280mmラジエーターなのもあり、ポンプやファンの動作モードが回転数を抑えた“静音モード”の状態でも、強者感抜群の冷却性能を発揮した「Kraken G12」+「Kraken X62」。  「Fallout 4」を描画品質“ウルトラ”、3440×1440ドット(G-SYNC、リフレッシュレート100Hz)で2時間ほどプレイしても、GPUコア温度は48~52度で推移し、冷却液の温度も最大で44度と、まだまだ余力十分といった感じ。そこで、GPUコアクロック2000MHzオーバーを目指してオーバークロックを実行することにした。  GPUオーバークロックには定番ツールのMSI「Afterburner」を使用。「Power Limit」“120%”、GPUコアクロック“+150MHz”に設定すると、すんなりベンチマーク時の最大クロックは2025MHzに到達。そのまま、GPUコアクロックは上げていくと“+180MHz”までパスし、ブーストクロックは最大2088MHzに到達。「Fallout 4」を数時間プレイした際も、GPUコアクロックは2000MHzオーバーで問題なく推移していた。 MSI「Afterburner」を使ってオーバークロックを実施 MSI「Afterburner」を使ってオーバークロックを実施  今回の水冷化ではメモリーチップや電源回路に、放熱を助けるヒートシンクなどは追加せず、92mmファンでの冷却になるが、定格クロックでのアイドル時の温度は、メモリーチップ33.5度、電源回路31.8度。  「Fallout 4」2時間プレイ時はメモリーチップ58.4度、電源回路53.2度。さらにオーバークロック時はメモリーチップ61.4度、電源回路60.2度だった。ともに基板裏面での計測になるが、オーバークロック状態で実際に8時間近く「Fallout 4」をプレイしてもゲームのフリーズなどはなかった。  テストは室温25~27度のバラック状態で行なっているため、PC環境で温度は変わってくるが、ヒートシンクの増設は必須ではないだろう。 空冷時とOC時のパフォーマンスをチェック  リファレンスクーラー時とオーバークロック時の各種ベンチマークの結果は以下の通り。残念ながらGPUコアクロック2000MHzオーバー時でもスコアー、フレームレートの向上は微々たるものになっている。 テスト環境 CPU Intel「Core i7-5960X」(3GHz/TB時3.5GHz、8コア/16スレッド) マザーボード ASUS「RAMPAGE V EXTREME」(Intel X99 Express) メモリー G.Skill「F4-3000C15Q-32GRK」(PC4-24000、8GB×4) ビデオカード GeForce GTX 1080 Ti SSD Samsung「950 PRO 512GB」(NVMe M.2 512GB) 電源ユニット Seasonic「SS-750KM」(750W/80PLUS GOLD) OS Windows 10 Pro(64bit) ファイナルファンタジーXIV:紅蓮のリベレーター ベンチマーク 水冷 空冷 水冷 空冷 水冷 空冷 水冷 空冷 水冷 空冷 水冷 空冷 3DMark 水冷 空冷 水冷 空冷 水冷 空冷 水冷 空冷 オールインワン水冷キットの定番モデル  ここからはオールインワン水冷キットの定番モデルを紹介していこう。まずは、定番として上げるショップスタッフが多いのが、Corsair製のオールインワン水冷キット。  見た目良い布巻されたチューブやウォーターブロック部のLEDライティング機能を備え、CPU温度やファン回転数のモニタリング、回転数制御が行なえるシステム統合管理ツールCorsair Linkに対応する。 人気の240mmラジエーターを採用する「H100i V2」(型番:CW-9060025-WW)。実売価格は1万5000円前後 人気の240mmラジエーターを採用する「H100i V2」(型番:CW-9060025-WW)。実売価格は1万5000円前後 フルカラーLEDをウォーターブロック部のCORSAIRロゴに搭載。Corsair Linkから制御可能になっている CPUベース部には銅ベースプレートを採用する フルカラーLEDをウォーターブロック部のCORSAIRロゴに搭載。Corsair Linkから制御可能になっている CPUベース部には銅ベースプレートを採用する オリオスペックでは、チューブ部をスリーブ化した製品を受注販売中。ブルーやレッド、グリーンなどのカラーを選べ、納期は2~3日になっている オリオスペックでは、チューブ部をスリーブ化した製品を受注販売中。ブルーやレッド、グリーンなどのカラーを選べ、納期は2~3日になっている 魅せるPCに最適! 最も美麗なキットはコレ  LEDライティング機能を備える製品が増えているが、ツクモスタッフからのイチオシの声が多いのが、ウォーターブロックにリング状LEDとインフィニティミラーを備え、ひと味違ったLEDイルミネーションを楽しめるNZXTの「Kraken X」シリーズだ。  取り扱いショップが少なく、売り切れていることも多いが、不満のない冷却性能に、柔軟かつ長めで、見た目カッコいいスリーブ採用チューブ。そして、ほかにはないLED演出で人気となっているという。 無限に続くようなLED効果を楽しめるインフィニティミラーをウォーターブロックに内蔵。柔らかな発光でのLEDライティングを楽しめる 無限に続くようなLED効果を楽しめるインフィニティミラーをウォーターブロックに内蔵。柔らかな発光でのLEDライティングを楽しめる LEDファン採用のThermaltakeとAntec  魅せるPC系におすすめできるLEDファンを採用するモデルは、ThermaltakeとAntecからも登場している。Thermaltakeの「Water 3.0 Riing RGB」シリーズは、LEDファンの定番製品のひとつとなるRiing LEDファンを採用しているので、注目だ。 ThermaltakeのRiing LEDファンを採用した「Water 3.0 Riing RGB」シリーズ。「Kraken G12」に対応しているのも魅力 240mmや280mmに加え、360mmの大型ラジエーターを採用する「CL-W108-PL12SW-A」もある。価格は2万1000円前後になっている ThermaltakeのRiing LEDファンを採用した「Water 3.0 Riing RGB」シリーズ。「Kraken G12」に対応しているのも魅力 240mmや280mmに加え、360mmの大型ラジエーターを採用する「CL-W108-PL12SW-A」もある。価格は2万1000円前後になっている AntecからはブルーLEDファンを採用し、120mm、240mm、360mmラジエーター採用モデルを用意する「Mercury」シリーズが登場 「Mercury」シリーズのウォーターブロックは温度でカラーが変化する AntecからはブルーLEDファンを採用し、120mm、240mm、360mmラジエーター採用モデルを用意する「Mercury」シリーズが登場 「Mercury」シリーズのウォーターブロックは温度でカラーが変化する まだまだある注目モデル

【鉄板&旬パーツ】CPU簡易水冷キットをGPUに流用できるマウンターに注目

【鉄板&旬パーツ】CPU簡易水冷キットをGPUに流用できるマウンターに注目
© KADOKAWA CORPORATION 提供

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon