古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

いきものがかり 水野良樹が名曲イントロを解説「歌が一番目立つようにするのが役目」

Real Sound のロゴ Real Sound 2017/02/20 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 関ジャニ∞の冠番組『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)2月19日放送回「イントロ特集」に、スキマスイッチといきものがかり・水野良樹がゲストとして出演した。

(関連:いきものがかり水野良樹が、J-POPに挑み続ける理由「今はない“みんなで聴くもの”を目指してきた」)

 同番組は、ライブ&トークハウス“関ジャム”にゲストアーティストが出演し、ライブとトークを披露する音楽番組。他にも番組には、NMB48・山本彩、アンタッチャブル・山崎弘也が登場した。

 今回は「瞬殺イントロ」「世界観に引きずりこみイントロ」「王道パターンイントロ」「マイベストイントロ」の4テーマに分け、プロの目線で選んだイントロを紹介。まずは「瞬殺イントロ」として水野が、「一発の(ギター)ストロークで世界が変わった」という小田和正「ラブ・ストーリーは突然に」を挙げた。「(一発に聴こえるけど)チュク チュ チューン なんですよね」とストロークを解説し、「恋が出会ってしまう瞬間をこの一発で表現した」とコメント。

 スキマスイッチ・大橋卓弥は同コーナーで「ライブ会場が一気に沸点にいくイントロ」としてMr.Children「innocent world」を挙げた。歌に入る前の「ドン ドドン」が「今から歌に入りますよ」という表現だと解説。さらに「ライブで盛り上がるというとジャニーズの曲も」とSMAP「SHAKE」少年隊「仮面舞踏会」を挙げた。スキマスイッチ・常田真太郎は「ピアノ1本なのにライブ会場を全員瞬殺」とサザンオールスターズ「希望の轍」を挙げ、「サザンオールスターズは名イントロの宝庫」と評した。

 「世界観に引きずりこみイントロ」コーナでは水野はクリスタルキング「大都会」を選出し、「暗いコード・Em+不安定なフレーズ・F♯・A→明るいコード・D」とイントロの構成を解説。さらに「日本一、救いのないイントロ」と五輪真弓「恋人よ」を挙げ、「ベース音が落ちていく。一瞬救われたかな……救われない!!」と一瞬明るくなるコードを解説した。番組支配人・古田新太も「これスナックで歌う女ホンマ腹立つ!!」とコメント。

 続いて同コーナーで常田が「組曲のように展開し、最高の歌い出しにつながるイントロ」として挙げたのはB'z「LOVE PHANTOM」。常田は「僕らがこういう曲作っても違うかな」というと古田は、「スキマスイッチのこんな曲聴きたくない!!」とすかさずツッコミ。さらに常田は、歌い出しがサビから始まるのに「誰も歌えないイントロ」として山下達郎「クリスマス・イブ」を選出した。

 そして「王道パターンイントロ」では、「イントロで完結していると言っても過言ではない」と大橋がTHE POLICE「見つめていたい」を挙げた。水野は「メロディー&合いの手イントロ」としてAKB48「恋するフォーチュンクッキー」を選び、同曲のイントロのパターンは「昔の歌謡曲に多い」と「笑点のテーマ」にも共通していると解説。

 最後のコーナー「マイベストイントロ」で常田は「そのイントロでしかありえない和音」と槇原敬之「どんなときも。」を挙げ、最初の「ファ♯+ラ♯+ド♯の和音=F♯」は音の高さで印象が異なり、そのチョイスが絶妙だとコメント。大橋は「なんだこの音は?どうやったら出せるんだ?」と思ったというYEN TOWN BAND「Swallowtail Butterfly 〜あいのうた〜」を選出。キーボードに出会った時に「(このイントロを)やってみたくなってしょうがない。見つけた!これだったんだ!」と衝撃を受けたことを語った。

 水野が選んだのは「3部作の映画(のよう)」と評した石川さゆり「津軽海峡・冬景色」。「「歌」が主人公の役者だったら「イントロ」は舞台。歌が一番目立つようにするのがイントロの役目」と言い、「「ババババーン」が津軽海峡の荒々しい波。そのあとの泣きのメロディが主人公の女性が冬の凍てつく寒さの中、一人で旅立っている(様子)。最後の「バーバーバー」は「さぁ歌って頂きましょう!」という役目。完璧なイントロ」と熱く解説。

 次回2月26日の放送では、堂本光一、宮本亜門、神田沙也加、高橋茂雄(サバンナ)を迎えてジャニーズの本質“舞台”に迫る予定だ。(向原康太)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon