古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

いよいよ発表! 2016年を代表するスマホは……?

ITmedia Mobile のロゴ ITmedia Mobile 2016/12/29
いよいよ発表! 2016年を代表するスマホは……?: 「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2016」の栄冠はどの機種に……? © ITmedia Mobile 提供 「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2016」の栄冠はどの機種に……?

 2015年12月から2016年11月までに発売されたスマートフォンの中からベストな機種を選出する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2016」。12月上旬に実施した審査会では、各選考委員が2016年の携帯電話業界を振り返りつつ、ノミネート候補に挙げた機種について語りました。

 審査会に出席できなかった山根康宏氏からは、別日にノミネート候補機種に関するコメントをいただきました。

 各候補が挙げた候補機種から、選んだ人数が多いロボホン(シャープ)、Galaxy S7 edge(サムスン電子)、HUAWEI P9(Huawei)、arrows M03(富士通コネクテッドテクノロジーズ)、iPhone 7(Apple)、iPhone 7 Plus(Apple)、ZenFone 3(ASUS)、honor 8(Huawei)、Moto Z(モトローラ・モビリティ・ジャパン)、Xperia XZ(ソニーモバイルコミュニケーションズ)の計10機種をノミネートしました。

 選考委員には、1人あたり25点の持ち点が与えられます。25点のうち、1位の機種には10点、2位以下の機種には1機種9点を上限として残りの15点を自由に配分できます。

 山根康宏氏の点数配分はすでに明らかになっていますが、その他9人の選考委員とITmedia Mobile編集部は、どの機種に、どのように点数を投じたのでしょうか……?

●らいら氏:1位を「iPhone 7 Plus」と「HUAWEI P9」で迷った

ITmedia Mobile 田中 皆さんノミネート機種の選定、そして点数配分お疲れ様でした。今回不在となっている山根さんの結果待ちではありますが、現時点で皆さんがどう点数を配分したのか、見ていきましょう。

 まず初参加のらいらさんの配点はこのような感じです。

・iPhone 7 Plus……10点

・HUAWEI P9…7点

・iPhone 7……6点

・ロボホン……1点

・Galaxy S7 edge……1点

らいら氏 1位のiPhone 7 Plusと2位のHUAWEI P9は迷いましたね。だけど皆さん、P9に点数入れるだろうなって思って、とくにすずまりさんは(笑)。

一同 (笑)。

すずまり氏 まるで私がステマしているみたいに言わないで(笑)。

石野氏 バトルだ! これは面白くなってきました!

一同 (笑)。

●すずまり氏:「HUAWEI P9」のカメラは“エモい”

田中氏 では、そのすずまりさんの結果です。P9に10点を入れましたね。

・HUAWEI P9……10点

・honor 8……6点

・Galaxy S7 edge……4点

・iPhone 7 Plus……2点

・ロボホン……1点

・ZenFone 3……1点

・Moto Z……1点

すずまり氏 そして、honor 8には6点入れています。やはり今年は「カメラといえばHuawei」というしかないです。とくにP9の“エモさ”が良かったですね。

 4点を投じたGalaxy S7 edgeも、2016年の前半は推していましたが、発熱するとカメラが起動できない場合があるのが……。それだけでカメラ好きには致命的。旅行とか肝心なときに撮れない可能性がありますから。修理に出してもそんな状態ですからね。画質は好きなのですが。

●太田氏:「HUAWEI P9」はSIMロックフリー端末の中で飛び抜けた存在

田中氏 太田さんの点数も見てみましょう。太田さんもP9に10点ですね。

・HUAWEI P9……10点

・Galaxy S7 edge……7点

・iPhone 7 Plus……6点

・ロボホン……1点

・Moto Z……1点

太田氏 ノミネート候補に挙げたときに言った通りです。2016年はP9でしょう。MVNOの年でもありましたし、SIMロックフリーのスマホでとくに飛びぬけて良い端末だったので1位と決めていました。

 ただ、Galaxy S7 edgeも良い端末だったし、iPhone 7 Plusのインパクトも大きかった。どちらにも高めの配点をしたかったので、結果Galaxyに7点、iPhoneに6点としました。Moto Zとロボホンは面白かったので、来年(2017年)以降こういう端末がもっと出てきてほしいという思いを込めて1点ずつ入れました。

●房野氏:「HUAWEI P9」と「honor 8」で迷った1位

田中 なるほど。次に房野さんの点数を見てみましょう。房野さんも、P9を1位に挙げていますね。

・HUAWEI P9……10点

・Galaxy S7 edge……6点

・honor 8……5点

・iPhone 7……2点

・Moto Z……2点

房野氏 もともとノミネート機種を挙げるときにP9とhonor 8で迷っていたのですが、P9に10点、honor 8にも5点入れました。私が挙げていたQua phone PXがノミネートから外れたというのもあって、こんな配点です。もともとhonor 8はあまり使っていなかったのですが、指紋認証の使い勝手とか、皆さんの話を聞いているうちに評価が高まりました。

●村元氏:「HUAWEI P9」は“初めて”の人にも勧めやすい

田中 村元さんもP9に10点、そして他の機種はオール3点ですね。

・HUAWEI P9……10点

・Galaxy S7 edge……3点

・arrows M03……3点

・iPhone 7 Plus……3点

・ZenFone 3……3点

・Xperia XZ……3点

村元氏 P9のUSB端子はType-Cなんですが、ケーブルや変換アダプターも付属していて、おまけにケースまである。初めてHuaweiのスマホ、SIMロックフリーのスマホを使う人にも優しいのが素晴らしいと思いますね。ハイエンドスマホが横並びのなか、久々に人に勧めたい端末なので10点としました。

 他のスマホは性能的に評価した端末に、それぞれ3点を入れました。

●佐野氏:「S7 edge」と「P9」、勢いではP9の勝ち

田中 分かりました。続いて佐野さんの点数は以下の通りです。

・HUAWEI P9……10点

・Galaxy S7 edge……9点

・iPhone 7 Plus……3点

・iPhone 7……3点

佐野氏 2016年の前半はGalaxy S7 edge、後半はP9と考えて、2機種を高得点としました。1点の差は、勢いがどちらにあるかと考えてのことは。残りの6点をiPhoneに入れたのですが、7と7 Plusがあるので、どちらにしようか迷って2機種にそのまま分けたという形です。

●石野氏:本当に迷った2016年

田中 なるほど。ではP9の10点が続いているなか、最後まで迷っていた石野さんの点数は以下の通りとなりました。

・honor 8……10点

・iPhone 7……6点

・Galaxy S7 edge……5点

・HUAWEI P9……2点

・Moto Z……2点

石野氏 今回は本当に迷いました。最初はGalaxy S7 edgeに10点入れようと思っていたのです。しかし、S7 edgeはS6 edgeがあった上での端末なので、「革新的」とはいえないと思って減点しました。

 その上で、この1年でどこが輝いていたのか? と考えると、やはりHuaweiなのですよね。「Huaweiが輝いていた」なんて2、3年前の日本のスマホ市場では想像できないですよね。それくらい頑張っていたと思うのです。

一同 (笑ってうなずく)。

石野氏 P9とhonor 8でもすごく迷ったのですが、勢いのあるMVNOのなかでもさらに勢いのある楽天モバイルと組んで、デザイン、スペック、デュアルカメラであの値段……「三木谷割」なんていう言葉まで使われたことを考えると……。

一同 (笑)。

石野氏 honor 8かなと。楽天モバイルも、Huaweiの技術力、コストパフォーマンスの高さも印象付けた。そこで、P9には譲ってもらいました。

 次点はGalaxy S7 edgeでも良かったのですがiPhoneに与えることにしました。FeliCa対応というのはモバイル業界に与えたインパクトは小さくありません。非接触決済で盛り上がり、グローバルモデルのなかで日本版だけ対応してきた、という点でAppleの変化を感じましたし、それらも含めて次点はiPhoneかな、と。ただ7 Plusはノミネートに挙げたときに言いましたが、大画面での工夫が足りないので、iPhone 7に6点としています。

 Moto Zの点数配分でも悩みました。Moto Modsでギミック、拡張性の高さというスマホの新しい形を提案してくれたのは評価できるのですが、マナーモードに切り替えるボタンがなど、ユーザーインタフェース(UI)が“素のAndroid”すぎて、やや玄人向きで使いづらい面があるので2点にとどめました。P9も2点としたのは、honor 8への配点が高いということもありますが、同じメーカーに点数を集中させるのがもったいないということもあってです。気持ち的には、もうちょっと高い点数ですが。

●石川氏:2017年以降もロボホンを出してほしい

田中 石川さんの点数配分は以下の通りです。

・HUAWEI P9……10点

・iPhone 7 Plus……8点

・Galaxy S7 edge……4点

・ロボホン……3点

石川氏 Galaxy とiPhoneで迷ったりもしたんですけど、この2機種にとって2016年は「欠点を埋める年」だったのかな、と思います。iPhoneは長年求められてきたFeliCaと防水への対応を果たしたし、Galaxy S7 edgeは完成度を高めてきたわけで。

 その中でHUAWEI P9が後追いするのではなく、新機軸で攻めてきたところは大きい。デュアルレンズをiPhoneより早く、しかも個性ある使い方ができている。そこで高い評価(10点)を与えています。あと、ロボホンは「2016年だけ」という可能性もありそうだけれど、2017年以降も新しいロボホンを出してほしいという応援の意味も込めて3点つけました。

●島氏:コストパフォーマンスを重視して機種を選定

田中 では最後に島さんの点数は以下の通りです。

・honor 8……10点

・HUAWEI P9……9点

・ZenFone 3……4点

・ロボホン……1点

・Moto Z……1点

島氏 2016年は大手キャリアのキャッシュバックや割引が規制されたこともあり、コストパフォーマンスを重視して評価しました。

 iPhone 7と7 Plusは、カメラのシャッター音が6や6sより極端に大きい問題(編集注:「iOS 10.2」へアップデートすると大幅に解消される)や、内蔵のヘッドフォン端子がなくなって気軽に音楽や動画を楽しみにくくなったことなど、今までと同じように使えないiPhoneをリリースした点が評価できないのです。そういった点やSIMロックフリー版の価格を総合して、僕はiPhone SEを評価しました。10機種に入っていたなら、点数を入れていたでしょう。他の委員の皆さんが重視しているFeliCa対応のApple Payも、必要な人はサービスが強化された「ビューSuicaカード」や、各地域の交通機関や店頭決済が相乗りした非接触IC対応クレジットカードを使っている。話題性はあっても、実際の利用でのインパクトはさほどなかったと思っています。

 Galaxy S7 edgeとXperia XZは良い端末ですが、今年の割引規制の影響でコストパフォーマンス面では……。今の状況だと価格がミドルクラス級、大手キャリアの実質価格でいう2万円台の範囲で力の入った端末なら、点数を入れられたのですが……。

 そうなると、処理性能を追求しすぎず、カメラ機能に重点を置いたHuaweiに対する評価が高まります。HUAWEI P9はデジカメとして買うのもアリだな、と思うほど衝撃でした。白黒センサーだけで印象的な絵を撮影できる。デジカメにある「ライカMモノクロームのスマホ版か!」というブランド面でのインパクトもすごい。ですが、その後にほぼ同じ性能で安く発売されたhonor 8のコストバリューがあまりにもすごかったのです。海外勢が強い格安スマホ、あるいはMVNOの潮流を象徴する1台として、honor 8に10点を入れました。

田中 島さんはZenFone 3にも3点入れていますね。

島氏 今年(2016年)のSIMフリーの進化の象徴となる、DSDS(Dual SIM Dual Standby)やau VoLTEへの対応、プロセッサとしてミドルクラスのなかでも高性能なSnapdragon 625を採用したことを評価しました。3万円台ミドルクラスで、「デレステ(アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ)」のような高画質3Dゲームアプリもギリギリ遊べる性能を実現した、買いやすいスマホです。

 Moto Zとロボホンにも1点ずつ入れました。両機種ともにコストパフォーマンス的には良くないものの、どちらにも光るものがあります。Moto Zは合体だけでなく、国内ではまだですがGoogleからAndroidのVRプラットフォーム「Daydream」への対応が発表されています。

 ロボホンはこのキャラクターが現実にいる世界観や、買ったあとに自慢できる点を含めて評価できるものです。ただ、ロボホンはシャープさんの広報の姿勢が弱いと感じます。ロボホンを製品としてではなく、もっとキャラクターとして展開してほしい。アップデート1つとっても、博士キャラのような人が案内するとか。頑張ってほしいですね。

田中 皆さん、ありがとうございました。

 最後にITmedia Mobile編集部の配点ですが、皆さんと似ています。

・HUAWEI P9……10点

・Galaxy S7 edge……5点

・iPhone 7 Plus……5点

・iPhone 7……2点

・Xperia XZ……2点

・arrows M03……1点

 HUAWEI P9に10点入れました。今年(2016年)はスマホのカメラが一段上のレベルに上がったのが印象的でしたが、なかでも筆頭がP9です。モノクロセンサー、ワイドアパーチャを皆さんが評価していましたが、肌色がきれいで血色がよく、健康的に見えるのがP9かな、と思っています。太田さんやすずまりさんの話にもありましたがユーザーのライフスタイルを変える、カメラにそこまでパワーがある、という点で評価しました。

 Galaxy S7 edgeとiPhone 7 Plusは5点。同じくらいのインパクトと捉えました。S7 edgeは全部入りで5.5型でも持ちやすい。7 Plusは大画面が浸透しているなか、FeliCaと防水対応、デュアルカメラと、皆さんと同じ評価ですね。

 Xperia XZとiPhone 7は本来であれば日本のユーザーのストライクゾーンなのですが、今年は例年以上のインパクトがなく2点に抑えました。

 arrows M03はSIMロックフリーでリーズナブル、おサイフケータイも使える、と考えていくと1点はあげたい、という思いですね。

石野氏 山根さんの点数がまだとはいえ、Xperia XZが審査会では合計5点ですか。時代が変わったと感じますね……。

田中 2015年まででは考えられないですね。市場の売れ行きとわれわれの評価は違うとはいえ……。

村元氏 ですが、よくよく見てみるとHuaweiとサムスンとAppleという世界の3強が、そのまま1位、2位、3位となっている。

一同 あー(どよめき)。

石野氏 われわれも「グローバル志向」になっているのかもしれませんね。

島氏 キャッシュバックがあれば、XperiaやGalaxyにも点数をつけやすいのですけどね。

一同 (笑)。

田中氏 結局値段ですか。

石野氏 それにしても、P9は例年にない圧勝ですね。

村元氏 P9にはここいる全員が点数を入れていますからね。

太田氏 ここまでiPhoneの点数が低い年も、今までなかったですよね。

佐野氏 2機種あるから割れているというのもあるものの……。

房野氏 2機種足しても1位(P9)に届かないですからね。

石川氏 3年間同じデザイン、というのは厳しかったかな。

田中 いつもは2位との差がギリギリくらいだったりするのですが。山根さんがいないのにほとんど決まっていますよね。

一同 (笑)。

田中 今回は皆さん遅くまでありがとうございました。

●スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2016に輝いたのは……

 以上の結果と山根氏の点数を合算した結果、「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2016」に輝いたのは「HUAWEI P9」となりました。2位の「Galaxy S7 edge」に49点差を付けてのダントツの1位です。

 HUAWEI P9はライカと共同開発したダブルレンズカメラが好評だったことはもちろん、ボディーの質感、コストパフォーマンスの良さなど、いろいろな側面から評価を集めました。

 なお、ベスト10の得点は以下の通りです。

第1位 HUAWEI P9(98点)

第2位 Galaxy S7 edge(49点)

第3位 iPhone 7 Plus(39点)

第4位 honor 8(31点)

第5位 iPhone 7(19点)

第6位 Moto Z(12点)

第7位 ロボホン(10点)

第8位 ZenFone 3(8点)

第9位 Xperia XZ(5点)

第10位 arrows M03(4点)

 2017年は、どのようなスマートフォンが私たちを楽しませてくれるのでしょうか? 楽しみですね!

●コチラもチェック

 「アスキースマホ総研」でも、2016年のベストスマホを決定する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2016」を開催しました。ASCII.jpの「ASCII倶楽部」で、その時の模様を楽しむことができます。

 上記記事を全文読むには、ASCII倶楽部への会員登録(月額1080円、3日間無料トライアルあり)が必要です。ASCII倶楽部に加入していない方は、ぜひこの機会にお試しを!

ITmedia Mobileの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon