古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

え?缶コーヒーが意外においしい!知って得するコーヒー事情

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2017/05/17
え?缶コーヒーが意外においしい!知って得するコーヒー事情 © KADOKAWA CORPORATION 提供 え?缶コーヒーが意外においしい!知って得するコーヒー事情

 コーヒーの味がわかる大人になりたいと思っていました。シアトル系のカフェのコーヒーを片手にさっそうと出勤する自分の姿を思い浮かべるとうっとりします。 とりあえず、缶コーヒーはおいしくないでしょ  こんにちは。味がわかる女になりたい記者ナベコです。最近、海外のカフェチェーンがあれこれ日本に進出してきたり、コンビニでカウンターコーヒーが飲みやすくなったり、世の中にコーヒーがあふれている気がします。 おいしいコーヒーは、カフェ? コンビニ? それとも……。 おいしいコーヒーは、カフェ? コンビニ? それとも……。  実をいうとコーヒーはもともと苦手。なので、コーヒーの嗜好が定まっていません。ですが、当然そうだろうと思い込んでいたことがありました。缶コーヒーっておいしくないでしょ。と言う若い人はいますし、缶コーヒー好きは中年以上が多いので、若い人の味覚には合わないのではないでしょうか。 ……なーんて言っていたら、編集部のコジマが「ドヤ」という顔で「缶コーヒーだっておいしいのがあるんですよー」と言ってきました。 コジマ「ナベコさんが知らないだけですよ」 ナベコ「ムカツク」 コジマ「ナベコさんが知らないだけですよ」 ナベコ「ムカツク」 カフェのコーヒー、コンビニコーヒー、缶コーヒーを飲み比べた  私とコジマは、アスキーで同じくグルメの記事を担当しているので、意見の相違は死活問題。カフェのコーヒー、コンビニコーヒー、缶コーヒーを飲み比べてみて、実際に味の違いがあるか確かめてみることに。 カフェ、コンビニ、缶のコーヒーをブラインドで飲み比べて、好きなコーヒーを選ぶテストを決行。はたして上位は偏るのか? カフェ、コンビニ、缶のコーヒーをブラインドで飲み比べて、好きなコーヒーを選ぶテストを決行。はたして上位は偏るのか?  カフェ3社、コンビニ3社、缶コーヒー3ブランドの計9つのコーヒーをブラインドで飲んで、好きなコーヒーを5つ選んでみました。私の予想だと、カフェやコンビニのコーヒーが缶コーヒーより圧倒的においしいはずなので、上位はカフェとコンビニが占めて缶コーヒーが入る余地がないはず。  テストした条件は、味はブラックで常温にさました状態。カフェと言ってもいろいろありますが、都心部に多い一般的なカフェ3社のブレンドコーヒーを集めました。  はたして結果は……? 入念に香りをチェックするナベコ。 「飲みやすいのが好きなんだよね」というコジマ。 入念に香りをチェックするナベコ。 「飲みやすいのが好きなんだよね」というコジマ。 【ナベコの場合】 感想「どっしりしたコーヒー、酸味がきいたコーヒー、方向性が様々で選ぶのが難しかった」 感想「どっしりしたコーヒー、酸味がきいたコーヒー、方向性が様々で選ぶのが難しかった」 ●好きな順位 1位:カフェ豆の香ばしさがあって、味は深みがある2位:カフェ香りが華やかでコクがある3位:缶コーヒーコク深くて味がくっきりしている4位:カフェフルーティーな酸味が上質5位:コンビニ濃いけどなめらかさがあって飲みやすい 【コジマの場合】 感想「飲んでみるとどれもおいしかった。すっきりして飲みやすいのを上位に選んだ」 感想「飲んでみるとどれもおいしかった。すっきりして飲みやすいのを上位に選んだ」 ●好きな順位 1位:コンビニうまさと適度が奥行きがあってバランスがよい2位:缶コーヒーすっと飲める洗練された味3位:カフェ後味に残る芳香がよい4位:缶コーヒー香ばしくてうまみもしっかり5位:カフェ苦いけどこれぞコーヒー みんな違ってみんなおいしかった  結果は、私とコジマのそれぞれ、上位がカフェのコーヒーやコンビニのコーヒーに偏ったわけではなく、缶コーヒーも入ってきました。  これは私にとって意外!! ですが飲み比べてみると、絶対的な味の優越を感じるというのではなく、それぞれ香りや風味に特徴があるので、あくまで好みが指標になりました。  全体的にカフェのコーヒーは香りが良いと感じるものがありました。ですが、「これがカフェ」「これが缶コーヒー」と飲み比べてみると明確にわからないものがほとんど。みなさんも機会があったらカフェのコーヒーと缶コーヒーの区別がつくか試してみてください。 どれもおいしかった! 「缶コーヒーがおいしくない」というのは思い込み? どれもおいしかった! 「缶コーヒーがおいしくない」というのは思い込み?  私はショックを受けました。これまで「缶コーヒーはカフェやコンビニのコーヒーよりおいしくないもの」と思い込んでいましたが、コジマの言うとおり必ずしもそうではなさそうです。  そもそも缶コーヒーってどうやってつくられているのでしょう? 一般的なコーヒーと違うのでしょうか? これまで見過ごしていたかもしれない缶コーヒーについて俄然興味がわいてきました。  そこで、缶コーヒーを主力商品として販売しているダイドードリンコに潜入してきました。缶コーヒーならではの特徴を探りつつ、味がわかる女になるための手がかりもつかめるかもしれません。 味がわかる女になるために缶コーヒーを調査! ダイドードリンコに潜入してきました! 味がわかる女になるために缶コーヒーを調査! ダイドードリンコに潜入してきました! ダイドードリンコで“味がわかる”人物に遭遇!  さて、記者がダイドードリンコ社の中を歩いていると(ダイドードリンコのオフィスは大阪にあるんやで)、英国紳士のような雰囲気の人に出会いました。誠実そうでいかにも仕事ができそうな感じ。 ダイドードリンコでオーラがある人に遭遇しました。 ダイドードリンコでオーラがある人に遭遇しました。  この人はきっと、コーヒーの味がわかる人に違いない! ナベコ「あなたはコーヒーの味がわかる人ですか?」 謎の人「コーヒーはとても好きですが、味がわかる、と胸をはって言うのはちょっと……」 ナベコ「どれくらい好きなのですか?」 謎の人「日によっては、1日で数十種を味わうくらいです」 ナベコ「それはものすごいですね! テストさせてもらっていいですか?」 謎の人にダイドードリンコのコーヒー8種をブラインドで飲んでもらって、製品名を当ててもらいました。制限時間は1分間。※記者が試したところ、ブラインドだとすぐに味がわからなくなってしまいました。 謎の人にダイドードリンコのコーヒー8種をブラインドで飲んでもらって、製品名を当ててもらいました。制限時間は1分間。※記者が試したところ、ブラインドだとすぐに味がわからなくなってしまいました。  唐突にお願いした飲み比べテストに、快くに応じてくださった謎の人。いい人です。 ご名答! 見事1分間で、製品をすべて当てました。自社製品とはいえ、味覚が確かでないとないとうっかり間違ってしまいます。 ご名答! 見事1分間で、製品をすべて当てました。自社製品とはいえ、味覚が確かでないとないとうっかり間違ってしまいます。  謎の人は、ダイドードリンコの商品開発グル―プのリーダーを務める小西勝彦さん。まさに、コーヒーの味を理解しつくしている方でした。昨年より若い人向けに新ジャンルコーヒーとして押し出している「うまみブレンド」などは特に中心となって推し進めています。 2016年から発売している「うまみブレンド」。コーヒーチェリーを使用した新感覚の味わいです。 2016年から発売している「うまみブレンド」。コーヒーチェリーを使用した新感覚の味わいです。  謙虚な受け答えでしたが、実をいうとコーヒーインストラクター1級とコーヒー鑑定士の資格を取得されており、味覚、知識共に厳しい試験をくぐりぬけています。  小西さんこそ本当に味のわかる人ですね。色々お話きいてましょう! コーヒーインストラクター1級とコーヒー鑑定士の資格を取得されています。プロ中のプロでした。 コーヒーインストラクター1級とコーヒー鑑定士の資格を取得されています。プロ中のプロでした。 【ナベコの発見】ダイドードリンコの小西さんはいい人。 ぶっちゃけ、缶コーヒーってどうよ ナベコ「缶コーヒーはおいしくない、というイメージがありました。ですが、ちゃんと飲んでみるとコンビニのカウンターコーヒーより、好きなものもありました。そもそも製造方法って、カフェやコンビニのコーヒーと異なるのですか?」 小西さん「イメージで勘違いされている方もいるかもしれませんが、缶コーヒーの製造工程は一般的なコーヒーとほとんど変わりません」 ナベコ「ほんとに?」 小西さん「コーヒーを抽出するには、コーヒーチェリーという実から取れたコーヒーの生豆を焙煎し、配合して粉砕します。その後お湯でドリップして、コーヒーを抽出するという工程になります。ここまでは、缶コーヒーの製造工程も同じです」 ナベコ「けっこうシンプルですね」 小西さん「お店の場合、そのまま淹れたてを提供しますが、缶コーヒーは缶につめるため、抽出したコーヒーにミルクなどを入れて味を調整したり、長期保存できるように殺菌します」 ナベコ「最終工程が違うのですね。殺菌することで風味がスタンドコーヒーとは若干異なるということはないのでしょうか」 小西さん「そうですね。各社、殺菌をしたうえでおいしいコーヒーになるよう工夫している点でもあります」 ナベコ「なるほど! ですが缶コーヒーってもっと科学的な製造方法だと思いこんでいたので、カフェなどのコーヒーと基本的に同じというのは意外でした」 【ナベコの発見】缶コーヒーも基本的な製造工程は普通のコーヒーと同じ。 缶コーヒーに隠されたこだわりとは ナベコ「缶コーヒーをおいしくつくるポイントはどんなことですか?」 小西さん「いろいろなアプローチがあると思うのですが、ダイドードリンコの一番の強みはブレンド技術です。例えば『世界一のバリスタ監修 コクと香りのブレンドBLACK』では、10種類以上の焙煎(コーヒー)豆をブレンドしています」 ナベコ「ボトル缶タイプの世界一のバリスタ監修シリーズですね」 「世界一のバりスタ監修 コクと香りのブレンドBLACK」。豊かな香りと深いコクが特徴。 「世界一のバりスタ監修 コクと香りのブレンドBLACK」。豊かな香りと深いコクが特徴。 小西さん「豆の種類が多いだけではなく、豆の特性に応じて深煎りタイプと浅煎りタイプの2種の抽出を行って、さらに最終的にブレンドする、なんて手間をかけたことをしています」 ナベコ「へえ! 自分で淹れるとしたら2種類のコーヒーマシンで出したものを最後に混ぜる、というイメージでしょうか」 小西さん「面倒でなかなかできないですよね(笑)」 ナベコ「どうしてそんなにたくさんの種類の豆を使用するんですか?」 小西さん「一種類だとその豆の個性が際立ってきてしまいます。ブレンドすることで味の広がりや香りを調整して、出したい味の方向性に近づけることができます」 ナベコ「コーヒー豆で勝負するのではなく、ブレンド技術で勝負する、というイメージでしょうかね?」 小西さん「もちろんコーヒー豆にもこだわっていますよ。高級豆など厳選された豆のみを使用しています。素材本来のおいしさが最大限に活きてくるように、というのを意識しています」 世界中のコーヒー豆から厳選。生産地へ視察にも赴いている。 世界中のコーヒー豆から厳選。生産地へ視察にも赴いている。 ちなみに、小西さんは豆の見た目から産地を判断できました! すごい!! ちなみに、小西さんは豆の見た目から産地を判断できました! すごい!! ナベコ「素材本来のおいしさですか。いい響きですね」 小西さん「もうひとつダイドードリンコのこだわりなのですが、香料を使用していません」 ナベコ「確かに、ダイドーさんの缶コーヒーの原材料には“香料”と書かれてないですね。市販されている缶コーヒーってほとんどが香料使われていると思っていたので意外です」 小西さん「コーヒー豆本来の味を目指して、ダイドードリンコでは創業以来ポリシーとして貫いています」 ナベコ「大変なのではないでしょうか」 小西さん「印象的な香りを出すためにも、先ほどお話しした独自のブレンド技術が生かされています。ブレンドのみならず抽出工程や調合などひとつひとつの工程で、素材のおいしさを引き出す工夫をしています」 ナベコ「ブレンドの話に戻ってくるわけですね。よっぽど自信をもってらっしゃるんですね!」 小西さん「コーヒーはブレンドすることでおいしくなりますよ!」 【ナベコの発見】ダイドードリンコの缶コーヒーのポイントは、香料無添加。それとブレンド技術。めっちゃこだわっているらしい。(詳しくはコチラに書かれています!) 味がわかる女になるためにはサッカーだ! ナベコ「味がわかる女になりたいナベコとしては、小西さんのプライベートが気になります。プライベートはどのように過ごしているのでしょうか」 小西さん「コーヒーをよく飲んでいます」 ナベコ「やはりお好きなのですね……。コーヒー以外の趣味はありますか?」 小西さん「サッカーが好きですよ。小さい子供がいるので、もう少し大きくなったらフットサルやサッカーを一緒にしたい、というのが私生活の夢です」 ナベコ「サッカー、ブラジルだからですか?」 小西さん「いやいや、あまり関係ありません。ですが……」 ナベコ「ふーん」 小西さん「サッカーのチームにはフォワードがいて、ミッドフィルダーがいて、ディフェンスがいて、それぞれが協力、つまり、ブレンドされて、一丸になったチームになるのですよね。それぞれの個性がブレンドされるという意味ではコーヒーにつながるっている気がしています」 ナベコ「え!?」 小西さん「だからですかね、ついついサッカーを見ながら、コーヒーをブレンドする感覚でフォーメーションを自分だったらどうしたい、とか考えてしまいます。これも職業病のひとつかもしれません」 サッカーと缶コーヒーの関係性について熱く語る小西さん。 サッカーと缶コーヒーの関係性について熱く語る小西さん。 ナベコ「それはどうでしょうかね……」 小西さん「実は」 ナベコ「実は?」 小西さん「かつてサッカーにちなんだコーヒーを企画して、製品化されたことがありました」 ブラジルの11ヵ所の農園の豆を使用したという「エスプレッソイレブン」。 ブラジルの11ヵ所の農園の豆を使用したという「エスプレッソイレブン」。 ナベコ「おおーー、すごいですね。そしてこのデザイン、思い切っていますね」 小西さん「尖った製品なのでかなり話題になりましたよ。ふふふ……」 ナベコ「なんだか含みある笑いですね。小西さんがコーヒー好きで、サッカー好きなのはわかりました。私もサッカーを見て味がわかる女を目指したいと思います」 小西さん「ぜひダイドードリンコの缶コーヒーや、街のおいしいコーヒー屋さんにいって、たくさんいいコーヒーを飲んでください」 ナベコ「ありがとうございます」 ちょっとおちゃめな小西さんがステキでした  コーヒーとサッカーが好きすぎて、サッカーをイメージした缶コーヒーをつくってしまうほど情熱的な小西さん。味がわかる人になるためにはやはり情熱が必要なようです。  小西さんが今目指しているのは、コーヒーチェリーを使用したダイドードリンコの「うまみブレンド」といった、今までにはない新しい味覚のコーヒーということ。小西さんの挑戦を見習って、私も味がわかる女になるためにあれこれ挑戦したいです。  記事はいかがでしたか? 今後の記事制作の参考にしたいので以下のアンケートにご協力ください。 ナベコ 寅年生まれ、腹ぺこ肉食女子。特技は酒癖が悪いことで、のび太君同様どこでも寝られる。30歳になるまでにストリップを見に行きたい。Facebookやってます! 人気の記事:「酒好き必訪!超コスパの神楽坂「塩梅」の日本酒飲み放題」「串カツ田中が100円均一なので、一番高い串を食べてきた」「アラサーが女子大生にまんまと成りすませるか試してみた」「“噂のダイソー100円ワインを飲んでみた」 ■関連サイト 「3分で分かるダイドードリンコ」 (提供:ダイドードリンコ)

え?缶コーヒーが意外においしい!知って得するコーヒー事情

え?缶コーヒーが意外においしい!知って得するコーヒー事情
© KADOKAWA CORPORATION 提供

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon