古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

けやき坂46が憧れの“罰ゲーム”に挑戦 井口眞緒「もっとすごいゲテモノ料理を食べたい」

Real Sound のロゴ Real Sound 2017/09/12 株式会社ブループリント
© Real Sound 提供

 9月12日放送の『KEYABINGO!3』(日本テレビ)で、「自力で競り落とせ! 憧れの罰ゲームオークション」の模様がオンエアされた。(関連:けやき坂46 長濱ねるvs影山優佳、“クイズ女王”はどちらの手に? 影山「気持ちで頑張りたい」) 今回は「罰ゲームを受けたい」というメンバーのリクエストに応え、罰ゲームを商品としたオークションを開催。受けたい罰ゲームに対して入札し、入札者が複数となった場合は競技で対決して罰ゲームを受けるメンバーを決定する。 まずはビリビリイスが登場。入札した齊藤京子は「どういう感覚だかわからないので(やってみたい)」と冷静に語ると、高瀬愛奈は「ビリビリを経験して血流を良くして健康になりたい」と発言し笑いを誘った。椅子取りゲームの結果、高瀬が勝利し罰ゲームを受けることに。ビリビリイスを体験した高瀬は「おしりがフッ、てきました」「スッキリしました」と嬉しそうに語った。 続いてはゲテモノ料理が登場。入札した高本彩花が「竹虫を初めて見たときに美味しそうって(思った)」と発言すると、井口眞緒も「私なら食べられると思って見ていた」と言い、スタジオを驚かせた。リンボーダンス対決の結果、高本が落札。しかし竹虫、コオロギ、サソリという豪華ゲテモノ3点盛りが登場すると、高本は涙目になり、悲鳴をあげながら竹虫をなんとか食べるも、コオロギとサソリは食べられなかった。すると井口が「いただきます。普通に食べられます」と言い、コオロギを余裕で食べると「虫と思わなければ食べられる」とコメント。さらに井口は「これ半分こしよう」とサソリを“ポッキーゲーム”風に高本と食べ、「スルメイカの味」「これからはもっとすごいゲテモノ料理を食べたいです」と発言し驚かせた。 最後の罰ゲームはクリーム砲。ビーチフラッグ対決の結果、クリーム砲を受けるのは影山優佳に決定した。クリーム砲を受けた影山がクリームを舐め、「美味しい」と嬉しそうな表情を見せると、影山と最後まで争っていた佐々木久美は「(ビーチフラッグで)もっと本気を出して走れた」とコメント。するとMCのサンドウィッチマンの権限で、佐々木もクリーム砲を受けられることに。クリーム砲を受けた佐々木は「うれしいです」と言いつつも、サンドウィッチマン・伊達みきおから「また受けてみたい?」と聞かれると「もう大丈夫です」ときっぱり答えた。 次回9月19日放送では「欅坂46 VS けやき坂46コメント数バトル最終決戦」の模様をオンエア予定だ。(向原康太)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon