古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

こだわりコンパクトゲームPC「G-Master Arcus H270-ITX」の実力に迫る

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2017/06/27
こだわりコンパクトゲームPC「G-Master Arcus H270-ITX」の実力に迫る © KADOKAWA CORPORATION 提供 こだわりコンパクトゲームPC「G-Master Arcus H270-ITX」の実力に迫る

 “ドン勝”という言葉を聞いたことあるだろうか。実はこれ、「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」(以降、PUBG)というゲームの愛称なのだが、当然の結果として、頭の中に「?」マークが多数出ていることだろう。かくいう私もその一人で、ゲームの愛称だと説明された後でもサッパリ納得がいかない状態だったのだが、この画面を見せてもらうとその疑問も氷解した。 最後の1人まで勝ち残ると、画面にデカデカと“ドン勝”の文字が!これでようやく“ドン勝”と呼ばれる理由が分かった。 最後の1人まで勝ち残ると、画面にデカデカと“ドン勝”の文字が!これでようやく“ドン勝”と呼ばれる理由が分かった。  そう、ゲームに勝利すると表示されるメッセージに“ドン勝”という文字が出ることから、こう呼ばれているわけだ。ところで“ドン勝”とはなんだろうか。諸説あるようなので正確なところはわからないが、どうやら勝負事のゲン担ぎなどで食べられる「トンカツ」をもじり、ジョークとして誤訳のような「ドン勝」にしたという説が有力なようだ。気になる人は検索して調べてみてほしい。  いきなり脱線した話題から始めてしまったが、このPUBGは100人ほどの参加者の中で最後まで生き残れば勝ちという、単純明快なバトルロイヤルゲームだ。素手で殴るもよし、隠れてスナイプするもよし、果敢に接近して銃で撃つもよし、車で轢くもよしという、なんでもあり感が非常におもしろい。武器や防具は家の中、車は道路脇などに止まっているので、これらを回収しながら相手を探し、状況に合わせて倒していく……というのが遊び方となる。 ゲーム開始直後は参加者待ちとなるため、イロイロな人がうごめいている。アイテムを取る前ということもあって多くの人が下着姿という、なかなかシュールな世界だ。 ゲーム開始直後は参加者待ちとなるため、イロイロな人がうごめいている。アイテムを取る前ということもあって多くの人が下着姿という、なかなかシュールな世界だ。 手段はともかく、生き残ったものが勝ちだ。ノロノロと道を歩いている姿を見かけたら、車でドンとぶつけてやろう。 手段はともかく、生き残ったものが勝ちだ。ノロノロと道を歩いている姿を見かけたら、車でドンとぶつけてやろう。  さてこのPUBG、ゲームの明快さとは裏腹に、高画質設定にすると意外と動作が重たい。Steamの説明にある「システム要件」を見る限り、CPUはCore i3、グラフィクはGeForce GTX 660などと書かれており、ミドルクラスよりもやや下のスペックでも遊べそうな印象がある。 Steamにかかれているスペックはやや低め。ミドルクラスよりもやや下のスペックとなっていることからもわかる通り、あくまで最小スペックのようだ。 Steamにかかれているスペックはやや低め。ミドルクラスよりもやや下のスペックとなっていることからもわかる通り、あくまで最小スペックのようだ。  しかしこれは最低限動作するという環境だ。もちろん画質を落とせばプレイできるというのはどのゲームでも共通だが、イマドキであれば、細部まで確認できるよう解像度はフルHDにしたいし、臨場感を高めるためにも画質は可能な限り高くしておきたい。  そこで、グラフィック設定でクオリティーを“ウルトラ”にし、“モーションブラー”をオンにした高負荷状態でどこまで遊べるのかを試してみた。 高画質時の動作を見るため、クオリティー設定は“ウルトラ”に。解像度はもちろんフルHDだ。 高画質時の動作を見るため、クオリティー設定は“ウルトラ”に。解像度はもちろんフルHDだ。  プレイを試したのは、サイコムのゲーミングPCとなる「G-Master Arcus H270-ITX」をベースにカスタマイズしたPC。CPUに「Core i7-7700K」、グラボに「GeForce GTX 1070」を選択している。また、ケースは標準のブラックではなく、ホワイトにしてある。 試用機の主なスペック 機種名 G-Master Arcus H270-ITX CPU Intel Core i7-7700K(4.2GHz) グラフィックス GeForce GTX 1070(外部出力はDVI端子、HDMI端子、DisplayPort) チップセット H270チップセット メモリー 16GB ストレージ 480GB SSD PCケース Fractal Design DEFINE Nano S White 内蔵ドライブ なし I/Oポート USB 3.0端子、USB 2.0端子、ヘッドフォン端子ほか 電源ユニット Antec NeoECO NE550C(550W 80PLUS Bronze認証) OS Windows 10 Home 直販価格 20万5630円(税込、キャンペーン中につき送料無料、6/27現在)  Mini-ITXをベースにしたPCだけに非常にコンパクト。ゲーミングPCでは珍しい、本体色がホワイトということもあって机の上に置いても圧迫感が少なく、設置場所を選ばないのが魅力だ。また、グラボのクーラーは標準のままの空冷だが、CPUのクーラーが水冷となっているのが特徴だ。水冷クーラーといえば大型ケースを使うというイメージがあるだけに、こちらの冷却性能も気になる。 クオリティー“ウルトラ”でも、PUBGを問題なくプレイ可能!  さて、実際にプレイしたときの性能目安として、Frapsを使ってフレームレートをチェックしてみよう。フィールドに降り立った直後から約10分間放浪したときのフレームレートは、平均76.495、最低20、最大104という結果になった。平均で60fpsを大きく超えていることもあって、プレイ中に重たいと感じることはなかったが、気になる点といえば、最低20という妙に遅いフレームレートが記録されていたことだ。  プレイ中気づかなかっただけに不思議に思っていたが、どうやらFrapsのベンチ開始直後に遅くなる傾向があるようだ。何度か試してみたところ、20~23くらいの値が必ず最初に記録されていた。このあたりはオンラインゲームゆえ、サーバーラグの要素もあるかもしれない。この最初の値を省いた中での最小値は41だった。  プレイ中はフィールド内を車でかっ飛ばし回っていたため、そこそこの負荷をかけられていたとは思うが、実際のフレームレートはシーンによって大きく上下する。試した限り、Core i7-7700KとGeForce GTX 1070の組み合わせであれば、ほとんどのシーンでクオリティーを“ウルトラ”に設定しても十分プレイできるだけの実力があると考えていいだろう。 各種ベンチマークで実性能をもう少しチェックしてみよう  PUBGを高画質設定にしても十分にプレイできることからもわかる通り、「G-Master Arcus H270-ITX」のゲーミング性能は結構高めだ。どのくらいの性能があるのか、定番ベンチでもう少し見てみよう。  まずはゲーミングPCということで、グラフィック性能から。定番の「3DMark」でチェックしてみると、「Fire Strike」で15590、「Fire Strike Extreme」で8104、「Fire Strike Ultra」で4301、「Time Spy」で5821と、なかなかのスコアーを叩き出している。GeForce GTX 1080 Tiを搭載したPCでは「Fire Strike」で21000程度のスコアーとなるためこれと比べてしまうと見劣りするが、それでもスコアー比で7割以上の性能と考えれば、なかなかの実力だ。  続いてゲームベンチの定番となるファイナルファンタジーベンチマークの最新版、「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク」でチェックしてみよう。いきなり結果を書いてしまうが、最高品質、フルHD、フルスクリーンでのスコアーは15904となった。GeForce GTX 1080 Tiを搭載したPCでは18000台となるため、3DMark以上にスコアーが肉薄している。 「紅蓮のリベレーター」のスコアーは、最高画質にも関わらず15904の「非常に快適」。GeForce GTX 1070の性能の高さがよくわかる。 「紅蓮のリベレーター」のスコアーは、最高画質にも関わらず15904の「非常に快適」。GeForce GTX 1070の性能の高さがよくわかる。  ちなみにサイコムのBTOでのGeForce GTX 1070とGeForce GTX 1080Tiの価格差は約4万円。この差を考えれば、GeForce GTX 1070を搭載した「G-Master Arcus H270-ITX」のコスパはかなり高いといえそうだ。  もうひとつ、基本性能のベンチマークとして「CINEBENCH R15」でもチェックしてみよう。このテストはCGレンダリングの性能を見るもので、CPU性能、とくにマルチスレッド性能がよくわかるテストだ。結果は、マルチスレッド性能となる「CPU」で960cb、シングルスレッド性能となる「CPU(Single Core)」で190cbというものになった。 CPU性能のチェックによく使われる「CINEBENCH R15」。CGレンダリング速度から独自の“cb”というスコアーを算出している。スコアーが高いほど性能が高い。 CPU性能のチェックによく使われる「CINEBENCH R15」。CGレンダリング速度から独自の“cb”というスコアーを算出している。スコアーが高いほど性能が高い。  このベンチ結果は、一般的なCore i7-7700K搭載機と同じ。水冷クーラーでしっかりと冷却され、熱ダレなどを起こすことなくフルに性能が発揮されているのがわかる。 簡易水冷クーラーで気になるCPU温度FFベンチ中にどこまで上がる?  小さなケースだとケース内温度が上がりやすく、クーラーの冷却性能が低くなりがちになる傾向がある。とくに「G-Master Arcus H270-ITX」はCPUの冷却に低騒音の水冷クーラーを搭載しているだけに、少々心配だ。ベンチの結果を見る限りはとくに問題ないのだが、実際CPUは何度まで上昇しているのだろうか。  そこで「HWiNFO」を使い、「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク」実行中のCPU温度と動作クロックを計測。グラフにしてみた結果が次のとおりだ。 CPUの温度は右肩上がりとはいえ、最高でも60℃前後。終了後には45℃あたりまで急激に冷えていることからもわかる通り、冷却能力は高い。 CPUの温度は右肩上がりとはいえ、最高でも60℃前後。終了後には45℃あたりまで急激に冷えていることからもわかる通り、冷却能力は高い。 CPUの動作クロックは、4.4GHz前後でほぼ一定のまま。一度も動作クロックが大きく下がることもなく、安定して動作していた。 CPUの動作クロックは、4.4GHz前後でほぼ一定のまま。一度も動作クロックが大きく下がることもなく、安定して動作していた。  CPUの温度、動作クロックとも異常な温度変化はなく、安定しているのがよく分かる結果だ。温度が右肩上がりでどこまで高くなるのかが分からないのは少々気になるが、FFベンチは最後のシーンで非常に負荷が高くなり、一般的なクーラーではそこだけ温度が上昇する傾向がある。しかし、グラフを見る限り「G-Master Arcus H270-ITX」で採用している水冷クーラーで上昇している温度はほんのわずか。これを見る限り、かなり優秀な冷却性能を持っていると考えられるだろう。なお、CPUクーラーのファン回転数は毎分1000~1200回転の間で、こちらの変動も緩やかだった。 高い冷却性能と静音性を備えた水冷クーラー。直接CPUに装着しないことでグラボから距離がとれ、熱の影響を受けづらいのも冷却性能を助けているようだ。 高い冷却性能と静音性を備えた水冷クーラー。直接CPUに装着しないことでグラボから距離がとれ、熱の影響を受けづらいのも冷却性能を助けているようだ。  CPUがしっかりと冷やされているため、CPUの動作クロックは最大となる4.4GHz前後で張り付いたまま最後まで完走している。熱ダレが一切ないため、CPU本来の性能をしっかりと発揮できているのは間違いない。 ただ小さいだけじゃない!通気性や静音性までしっかり考えられた作り  ここまでは主に性能について検証してきたが、BTOパソコンだけに本体の構成も気になるところだ。G-Master Arcus H270-ITXが搭載しているマザーボードは、Mini-ITXという小型なものを採用している。これにFractal Designの「DEFINE Nano S」というケースを組み合わせているのが基本構成だ。 小さなMini-ITXマザーボードと、Mini-ITX用ケースを使うことで、コンパクトな本体を実現。一般的なミドルタワーと比べ、おどろくほど小さい。 小さなMini-ITXマザーボードと、Mini-ITX用ケースを使うことで、コンパクトな本体を実現。一般的なミドルタワーと比べ、おどろくほど小さい。  この構成のメリットは、とにかく小さいこと。サイズが小さいと拡張性が犠牲になるが、Mini-ITXはPCI-Expressを1本搭載できるため、ここにグラボを装着することでゲーミングPCとしても十分な実力を発揮できるのが強みだ。  PCケース内は思っていた以上に広く感じるが、これは5インチベイが完全に取り払われていることが大きい。一見するともっと小型化できるのに……と思ってしまうが、この広さの余裕が、ケース内の通気性の良さを実現しているキモ。ハイクラスグラボを搭載したときでもケース内温度を上昇させず、しっかりと排熱してくれるわけだ。もちろんグラボ換装、SSDの増設といった作業もやりやすいので、将来、PC性能の強化を考えている人でも安心だ。 側面から内部を見ると、思っていた以上にスペースに余裕があることがわかる。空気の流れを遮らないため、熱を無理なく排出できるわけだ。 側面から内部を見ると、思っていた以上にスペースに余裕があることがわかる。空気の流れを遮らないため、熱を無理なく排出できるわけだ。  吸気はフロントパネルのサイド部分にある通気口と、底面から行われる。外見はあまり通気口がないように見えるが、フロントパネルを外すと大きな通気口があるのがわかるはずだ。ここにはフロントファンを最大2つまで搭載できるため、これだけでも吸気不足でケース内温度が上がってしまう、ということはまずないだろう。もちろんファンの前には防塵フィルターを装備。簡単に取り外せるので、掃除も楽におこなえる。  さらにすごいのが底面だ。ほぼ全体がメッシュとなっており、フロントだけでも十分と思える吸気能力が更に高められている。もちろんこちらにも防塵フィルターがある。 大きな吸気口とフロントファンを装備。フロントパネルもフィルターも、手で引っ張るだけで簡単に取り外せる。 大きな吸気口とフロントファンを装備。フロントパネルもフィルターも、手で引っ張るだけで簡単に取り外せる。 もうひとつの吸気口となる底面は、ほぼ全体がメッシュ。こちらも防塵フィルターを装備している。 もうひとつの吸気口となる底面は、ほぼ全体がメッシュ。こちらも防塵フィルターを装備している。  サイドパネルとフロントパネルを取り外す時に妙に重たく感じて不思議だったのだが、その内側を見ると、マット状の防音素材が貼り付けられていた。これがかなりの重量感があり、実際に測ってみると、サイドパネルは約1kg、フロントパネルは約400グラムも重さがあった。重たくすることでパネルの振動を防ぎ、ビビリ音が防げるという狙いがあるのだろう。また、防音素材によって音の反射を防ぎ、静音性が高められているというのもうれしいポイントだ。  どのくらい音が変わるのかと手で叩いてみたところ、よくある金属や樹脂の板を叩いたような高い音ではなく、中身の詰まったボトルのような、低く重量感のある鈍い音がした。これなら多少振動したとしても、嫌な騒音が響くことはないだろう。 パネルには防音用の素材が貼り付けられている。重量感がある素材で、手で叩いても音が響かない。 パネルには防音用の素材が貼り付けられている。重量感がある素材で、手で叩いても音が響かない。 便利な付加機能やオプションをチェック実は無線LANが標準装備  デスクトップPCといえばLANは有線だという先入観があるが、小型PCであればケーブルの数はやはり少なくしたいもの。こういった要望が多いのか、無線LANがマザーボード上に標準で装備されている。11a/b/g/n/acに対応しているとはいえ、最大速度は433Mbpsと低め。速度を重視するなら有線LAN、手軽さを重視するなら無線LANを使うと良さそうだ。 無線LANをマザーボードに直接装備。付属のアンテナを装着するだけで、簡単にLANへと接続できる手軽さがウリだ。 無線LANをマザーボードに直接装備。付属のアンテナを装着するだけで、簡単にLANへと接続できる手軽さがウリだ。 試しに使用してみると、リンクの最大速度は433Mbps。一般的なノートPCに内蔵されている867Mbpsと比べ遅めとなる。 試しに使用してみると、リンクの最大速度は433Mbps。一般的なノートPCに内蔵されている867Mbpsと比べ遅めとなる。  なお、無線機能はLANだけでなくBluetoothも装備している。マウスやキーボード、ゲームパッドなどを無線接続できるだけに、無線LANよりもこちらのほうがうれしいという人も多そうだ。  背面を見た時にもうひとつ気づくのが、IntelギガビットLANを2つ装備していることだ。普通に使うぶんには1つで十分なのだが、チーミングという機能で2つを束ねて使うことで2倍の速度にしたり、バックアップ回線として利用することが可能となる。マザーボードの説明を見るとWindows 10ではチーミングに対応していないとのことだったが、試しにドライバーを入れてみたところ、設定できることが確認できた。 複数の有線LANを束ねるチーミングの設定。束ねる有線LANを選んだ後で、故障時のバックアップ、同時利用による高速化などの機能を選択できる。 複数の有線LANを束ねるチーミングの設定。束ねる有線LANを選んだ後で、故障時のバックアップ、同時利用による高速化などの機能を選択できる。 試しに2つの有線LANでチーミング設定を行ってみたところ、リンク速度が通常の1.0Gbpsではなく、2.0Gbpsと表示された。 試しに2つの有線LANでチーミング設定を行ってみたところ、リンク速度が通常の1.0Gbpsではなく、2.0Gbpsと表示された。  インターフェースで気になるといえば、USBなどと並んでPS/2があることだろう。イマドキPS/2を使うことなんてないと思われがちだが、実は、コアなゲーマー向けPCではかなり重要なポイントだ。USBと何が違うかというと、対応キーボードでは多くのキーの同時押しに対応できること。とくに操作に正確性と素早さが求められる対戦ゲームでは、キーの取りこぼしが命取りとなるため、USBよりもPS/2が好まれるのだ。 一時期、PS/2は完全になくなっていたが、ゲーミング用途で最近復活しつつあるのが面白い。 一時期、PS/2は完全になくなっていたが、ゲーミング用途で最近復活しつつあるのが面白い。  サイコムのBTOでもこの要望に応えるためか、PS/2で接続できるゲーミングキーボード「OWL-KB109CBL-BK」が用意されている。USB接続時なら6キー、PS/2接続なら109キー全ての同時押しが可能というから驚きだ。少しでもミスを防ぎたいのであれば、こちらのキーボードもセットで注文しておきたい。 PS/2に対応したキーボードは、BTOメニューのキーボードから選択可能。打鍵感のいいメカニカルキーなので、純粋に打ちやすいキーボードが欲しいという人にもおすすめだ。 PS/2に対応したキーボードは、BTOメニューのキーボードから選択可能。打鍵感のいいメカニカルキーなので、純粋に打ちやすいキーボードが欲しいという人にもおすすめだ。  オプションでいえば、ゲーミングPC定番のLEDイルミネーションも捨てがたい。PCケースで「クリアサイドパネル」を選び、PCケースオプションで「内部LED発行システム」を追加することで、イルミネーションを内蔵できる。性能と直接関係ない部分だが、ライトアップPC化が簡単にできるので、見た目にこだわりたい人なら追加しておきたいパーツだ。 LEDイルミネーションを追加するには、クリアサイドパネルを選ぶのが条件となる。でなければ内部が見えないので、当然といえば当然だ。 LEDイルミネーションを追加するには、クリアサイドパネルを選ぶのが条件となる。でなければ内部が見えないので、当然といえば当然だ。 赤、緑、青の単色だけでなく、それらを組み合わせた数多くの色を表現可能。点滅や色変化などのパターン発色にも対応している。 赤、緑、青の単色だけでなく、それらを組み合わせた数多くの色を表現可能。点滅や色変化などのパターン発色にも対応している。 小さなPCでも本気でゲームに取り組みたい人、好みのPCにカスタマイズしたい人に  コンパクトなPCというと、騒音が大きかったり性能に制限がかかったりといった心配があるが、そういったものを全て杞憂にしてくれるのが「G-Master Arcus H270-ITX」。拡張性の面ではやや見劣りしてしまうものの、基本性能の高さと冷却性能、静音性は誰もが満足いく仕上がりとなっている。構成を自由に変更できるBTOパソコンだけに、グラボを強化して最強のゲーミングPCにもできるし、その逆に、CPUやグラボをギリギリのラインまで下げてコスパを重視したPCにもできる。自分好みのスペックにカスタマイズし、お気に入りのPCとして末永く使いたくなるモデルだ。 (提供:サイコム) ■関連サイト G-Master Arcus H270-ITX

こだわりコンパクトゲームPC「G-Master Arcus H270-ITX」の実力に迫る

こだわりコンパクトゲームPC「G-Master Arcus H270-ITX」の実力に迫る
© KADOKAWA CORPORATION 提供

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon