古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

この夏に欲しいスマホはXperia XZ Premium? それともGalaxy S8+?

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2017/07/23
この夏に欲しいスマホはXperia XZ Premium? それともGalaxy S8+? © KADOKAWA CORPORATION 提供 この夏に欲しいスマホはXperia XZ Premium? それともGalaxy S8+?

声優の田丸裕臣です 声優の田丸裕臣です  どーも! 声優・ナレーターの田丸裕臣です。季節も春から夏になり、この時期雨も多くなってきましたね。洗濯物も部屋干しで生乾きの臭いがしたり……最近困っていませんか?  ということで今回は最新のスマートフォン「Xperia XZ Premium」と「Galaxy S8+」です。 え? 前振りなんだったのかって? もうあれです、部屋干しの臭いとかで困っている方は柔軟剤とかで誤魔化しましょう!  最初に申し上げておきたいのですが、今回の記事は別に「Xperia vs Galaxy」というわけではありません。それぞれに一長一短あり、おのおの合った端末を選べばいいと思いますのでその点を考慮してお読み下さい。 虹彩認証ってワクワクしますよね!Samsung「Galaxy S8+」  まずはGalaxy S8+です。内容に関してですが、CPUのベンチマークだの筐体温度だのは他の方々の記事でいくらでもあると思うので、ぼかぁーそんな事はしません! あくまで素人目線で、使い勝手優先で書きます。  とは言いつつちょっと寄り道。S8+が届いた時に、化粧箱に入って届いたのですが、ただの箱ではなく、横に開くところもガジェット好きの所有欲を満たしてくれますよね。形から入るの大事です。 箱とフタが一体化していて、横に開く感じで開けます。細かなことですが、製品に触る前からワクワクさせてくれます 箱とフタが一体化していて、横に開く感じで開けます。細かなことですが、製品に触る前からワクワクさせてくれます  いやー、Galaxyは前回のS7 edgeの頃から気になってはいたのですが、店頭で見つつもやはり湾曲画面の表示が気になり中々手を伸ばすところまでは至りませんでした。  ですが、今回のS8+も画面が湾曲しているもののS7 edgeほどではなく、触って間もなく画面には慣れました。  持ってみて気付いたのですが、6.2インチという大画面でありながら、素晴らしく手にフィットします。通常のスマホより縦長で、独特の丸みを帯び、ベゼルを極限まで削ったこの形状は、持ちやすいことこの上ない。  液晶には有機ELを使っており、色の表示が鮮やかで電池持ちがいいです。ちなみに、電池持ちがいいのは、黒を表示する時はあまり電池を使ってないからです。  バッテリーは3500mAhで、最近のスマートフォンが3000mAh前後のものが多いことを考えると納得の大容量。ちなみに僕が3時間程いじくり倒しておおよそ25%くらい減ったかな? って感じでした。  ただ、やはり画面&バッテリー容量が大きいのでそこそこの重さはします。男性なら気にならないとは思いますが、女性だと長時間持ってると疲れてしまうかな、と思います。  そして、何を隠そう! てゆーかどう頑張っても隠せないこのベゼルの狭さ!  ベゼルというのは、大まかに言うと画面上下左右にある縁です。過去ここまでベゼルの狭い端末を私は見たことがありません。そのおかげで73×160mm(横はiPhone 6sより少し大きいくらいです)という大きさでありながらの、この大画面です。 ベゼルが極端に狭いので、画面が大きく見えます 小説を読む際にも、一行の文字数が通常の文庫本サイズ並です ベゼルが極端に狭いので、画面が大きく見えます 小説を読む際にも、一行の文字数が通常の文庫本サイズ並です  ですが、これだけ画面が大きいとユーザーの懸念材料として、落とした時に画面割れやすいんじゃないか? というのがあります。とはいえ、心配し過ぎてもしょうがないんです。どんな端末でも割れる時は割れます。心配ならなるべく落とさないようにするか、厚めのカバーでなんとかしましょう。というか、さすがに落下検証まではできません、もったいなくて。  セキュリティ面においては、最近ではスタンダードになった指紋認証に加え、顔でロック解除してくれる顔認証、瞳の虹彩でロック解除してくれる虹彩認証なんてのまでありました。  このロック解除で、個人的にちょっと使いづらいかな? と感じたのは、指紋認証解除ボタンが背面のカメラレンズの脇にあり、何度かレンズを触ってしまったり、バランスを崩して落としそうになるってことと、虹彩認証による解除が環境によってうまくいかなかったりしたことですかね。虹彩認証は、スパイ映画などでしか見たことがないので、やってて楽しかったです。 背面のカメラレンズの脇にあるのが指紋認証解除ボタン。何度かレンズを触ってしまったり、バランスを崩して落としそうになりました 背面のカメラレンズの脇にあるのが指紋認証解除ボタン。何度かレンズを触ってしまったり、バランスを崩して落としそうになりました  あと驚かされたのが動画の迫力です。下の写真のように画面サイズの合ってない動画も、画面のボタンを1つ押せば自動で調整してくれるのです。 液晶のサイズに合っていない動画を再生すると、黒い帯が見えてしまいます 液晶のサイズに合っていない動画を再生すると、黒い帯が見えてしまいます ワンボタンで自動でサイズを調整してくれます。多少上下は削られますが、僕は細かいことは気にしません、O型なので。むしろ黒い帯がある方が気になるので、これは重宝します ワンボタンで自動でサイズを調整してくれます。多少上下は削られますが、僕は細かいことは気にしません、O型なので。むしろ黒い帯がある方が気になるので、これは重宝します  ソフトウェアの面で言うと、ホームでアイコン長押しでアプリのアンインストールができたり、文字入力キーの大きさを調整できたり、画面の下にある、戻る、ホーム、タスクボタンを固定したり外せたりするなど、かゆい所に手が届く、ユーザー目線に立った配慮が多々見られました。  カメラの性能は多くの方が気になると思うので、画質比較をXperia XZ Premiumのレビューの後に、まとめてあります。  Galaxy S8+に関して最後に言っておきたいのは、もう少し価格が安ければ! というところですね。ストレージ容量などで差別化して、もう少し安く買い求められるようにしてほしかったです。まぁでも、これだけの機能を搭載しているので、価格が上がってしまうのは仕方ないですかね。 4K液晶にハイレゾ再生! 最先端でカッコイイSONY「Xperia XZ Premium」  さて次はXperia XZ Premiumです。先のGalaxy S8+はカスタマイズ性が高く、スマホ中級者~上級者向けだったのですが(もちろん初めての方でも使いやすくはなっています)、Xperia XZ Premiumは機能がある程度固められている分、初心者~中級者向けの高スペック・スタンダードモデルのような印象を受けました。  箱は普通だったのであえて写真を撮らなかったのですが、Galaxy S8+との価格差などを鑑みると、これは妥当かなぁと言う気はします。  まず本体は、Galaxy S8+が縦長だったのに対して、どちらかと言うと昔ながらなスマホの形です。5.5インチという大きさの割には、角も丸くなっており持ちやすく、このあたりは持つバランスなども考えて作っているのかなと思います。 角も丸くなっているので、持ちやすいです 角も丸くなっているので、持ちやすいです  ソニーは電子書籍アプリも提供しており、プリインストールアプリとして入っています。スマホで漫画を読むには、縦長よりは少し横幅があったほうがバランス的にはいいですね。 Galaxy S8+よりも、1画面の文字数が少ないです Galaxy S8+よりも、1画面の文字数が少ないです  そしてカラーはDeepsea Black(ブラック)、Luminous Chrome(ホワイト)の2種類なのですが、僕が使ったのはホワイトのほう。こちら綺麗な鏡面仕上げになっていて、なんと鏡代わりにも使えちゃう優れもの!  朝忙しくて電車でお化粧をしなくてはいけない時(早めに起きて家でしましょう)、デート前で髪型がキマってるか確認したい時(外見より中身が重要デスヨ!)、そんな時にも役に立つXperia XZ Premium!! 背面は鏡面仕上げ。鏡代わりに使えます 背面は鏡面仕上げ。鏡代わりに使えます  生体認証セキュリティーは、主流の指紋認証タイプ。認証精度も上がっているのか、ボタンを押した瞬間に認識して即解除できました。ガラケー時代から指紋認証はあったのですが、誤認証が多く手間がかかった記憶があります。その頃から思えばかなりの技術の進歩を感じられます。  そしてここは個人的な意見なのですが、Xperiaはサイドに電源ボタン兼指紋認証ボタンがあり、手にもってサッと開けられる分、手間が少なくXperiaらしい堅実な良さを感じました。一番多く行なう動作なだけに、無駄がないほうがありがたいです。 サイドにある電源ボタン兼指紋認証ボタン。ちょうどいい位置にあります サイドにある電源ボタン兼指紋認証ボタン。ちょうどいい位置にあります  そして注目は、4Kディスプレー。2160×3840ドット表示に対応した約5.5インチの4K液晶「トリルミナス ディスプレイ for mobile」が、とにかく綺麗です。レビュー下手だな~って感じですが本当に綺麗です!  以前ソニーの端末で4Kディスプレーを搭載していたのは「Xperia Z5 Premium」で、およそ一年半前の機種です。今から考えるとあの当時に4Kディスプレーを搭載するなんて「さすがソニー、尖ったものを出すなぁ」と思ったものですが、やはり諸々の課題があったらしくその後の商品では1920×1080ドットのフルHD液晶に戻りました。  そして満を持して登場した4Kディスプレーは、期待通りの綺麗さで、HRD(ハイダイナミックレンジ)にも対応。これは最新のテレビなどにも搭載されており、コンテンツが対応していれば動画などの綺麗さをより一層引き立ててくれます。  YouTubeで4K動画を見てみたのですが、今までにない綺麗さに感動を覚えました。とはいいつつも、現状4Kでの表示できるのはプリインストールアプリの一部とインターネット上の4K対応動画くらいで、あとの動画やアプリはフルHD表示のようです。 4K最高! 4K最高!  まぁでもフルHD画質のものを4Kにアップコンバートしても電力消費が増えたり発熱の原因にもなったりすると思うので、これはこれで良い気がしますけどね。きっと時代がそのうちついてくる! 大は小を兼ねる! 画質の面では、あくまで個人的な感想ですが、Galaxy S8+よりも鮮明な印象でした。  そして、目には見えなくとも重宝するのが音楽再生機能です。昨今スマホで音楽を聴く方も多いでしょう。荷物はなるべく減らしたい……満員電車でスマホいじってウォークマンやiPodいじって……なんてするより、スマホ1台で全部できたほうがいいですよね。そんな方にXperia XZ Premiumの音楽機能は超オススメです。  まずは屋外の音楽鑑賞で必須のデジタルノイズキャンセリング機能。これは対応しているイヤホンを使用すれば、外部の雑音を約98%カットしてくれるというもので、僕が使用してみた体感だと、電車の走行音などはほぼカットしてくれます。好きな音楽でも周りがうるさかったら台無しですもんね。  しかし音にこだわっているソニーが、これだけでは終わるわけもなく! MP3やAACなどの圧縮音源をハイレゾ相当の高音質までアップスケーリングしてくれる。つまり、音質を良くしてくれる機能までついてます。  これまでPCにMP3で取り込んでしまったような音楽も、高音質で聴けちゃうんです。体感でしか伝えられないのですが、Xperia XZ Premiumだと他のMP3プレーヤーで聴くより音の伸びがよく、音の潰れがないように感じました。そして、対応イヤホンに限定されますが、ハイレゾ音源を再生できます。  さて、通常使用の面では、Xperiaでは以前から使われている文字入力アプリ「PoBOX」がやはり優秀ですね。例えば「連絡」という単語を入力したい時に間違って「れわらく」と入力してしまっても、きちんと予測変換で「連絡」と出てきてくれます。  すべての単語をまかなえるわけではないにしろ、これは相当に便利です。加えてボタン1つで片手入力用のキーボードに切り替えられ、左右どちらかに寄った右利き用にも左利き用にも即座に変更できます。  ほかにも個人的に気に入っているのが、PoBOXからユーザー辞書登録をすぐにできることです。人の名前や、誰かが使ってて良いなと思った顔文字などをすぐに辞書登録できるので、仕事柄人と接することが多い僕としては、かなり重宝します。 ダブルタップで液晶の消灯と点灯ができなくなってる! ダブルタップで液晶の消灯と点灯ができなくなってる!  ここまで褒めちぎってたXperia XZ Premiumですが、個人的に残念な部分もあります。僕が普段使っている機能で、ダブルタップすると画面が消えて、消えている画面をダブルタップすると点灯するという機能がこれまでのXperiaにはあったのですが、Xperia XZ Premiumではなくなっていました。  確かに誤点灯もあったようなので、削除するという選択肢もわからなくはないのですが、これは残してほしかった。使ってるんです、わりと。  と、ここまでいろいろ書いてきましたが、今回のXperia XZ Premium、見た目のインパクトがあるわけではありませんが、スペックに関してはかなりの進化が見られました。  前作までのXperiaの良い部分は継承しつつ、ソフトウェア部分もハードウェア部分もブラッシュアップされていて、最初に言った通りハイスペックスタンダードというような言い方がぴったりに思えます。  懸念されていた発熱などによるスペックのダウンも、僕が使用した範囲ではほぼ感じられませんでした。あえて負荷をかけようと、コロプラが提供している、ある程度マシンスペックが必要なアプリ「ドラゴンプロジェクト」をインストールしてプレイしてみたのですが、かつてのAndroid端末では見られない軽快さでプレイできました。  さらに、アプリゲームにおいてAndroidはどうしてもiPhoneよりもロード時間などに差が出てしまうことが多くなりがちなのですが、ゲーム内にあるイベントである、モンスターを倒して上の階に上がっていき次々とロードが行なわれる塔を試したところ、ほぼiPhoneと遜色ない時間でプレイできました。  今まではアプリゲームはiPhone一強と言われておりましたが「Androidでも快適にプレイできる時代がとうとう来たか」という感じです! これは誇張ではなく本当にそう思いました。Galaxyでも試しましたが、さすが同スペックなだけあり、こちらでも快適でした。 カメラ性能比較お手軽さ重視のGalaxyと自然な色味のXperia  次はカメラの性能についてです。カメラマンの友人であるマサオ(仮)君に撮影を協力してもらったので、撮ってもらった写真を載せつつコメントしていきます。まずはこちらの、池袋の駅前でマサオ君のBMWに手をついてドヤっている写真の比較です。 Galaxy S8+で撮影した写真。ドヤッ! Galaxy S8+で撮影した写真。ドヤッ! そしてこちらがXperia XZ Premiumで撮影した写真 そしてこちらがXperia XZ Premiumで撮影した写真  同じ場所で同時刻に撮った写真ですが大分印象が違いますね。マサオ君いわく、Xperiaのカメラは「ソニーらしい堅実なカメラ性能で、被写体を忠実に再現するカメラ」ということで、一眼レフカメラなどに慣れている人はこちらのほうが良さそうです。  ですが、色味としてはGalaxyのほうがSNSウケが良さそうな気もします。GalaxyはHDR(ハイダイナミックレンジ)もボタン1つでオンとオフができるようになっていますし、誰にでもある程度綺麗な写真が撮れるようになっています。  それでは、そのHDRのオンとオフの違いを写真で見てみましょう。 Galaxy S8+でHDRオフの状態 Galaxy S8+でHDRオフの状態 Galaxy S8+でHDRオンの状態 Galaxy S8+でHDRオンの状態  HDRオンの写真は、ネオンの部分の文字が見えるようになっています。HDRをオンにすると、ある程度ですが明るい場所の明るい部分も光でとばずに見え、暗い場所の暗い部分も潰れずに見えるということです。  ここから各機種の設定の話になるのですが、Galaxyはボタン1つでHDRがオンにできました。逆にXperiaは、マニュアルモードにしてさらに設定部分までいかないとできませんでした。ですが、そこまでいけばかなり細かく設定できます。ISO感度やシャッタースピード、ピントを合わせる位置まで自由自在に設定可能です。カメラに詳しい人ならマニュアルモードのほうがオススメです。 これは池袋のラーメン店で撮影した写真なのですが、ラーメンにピントを合わせて後ろをちょっとボカすみたいな撮影方法だって、Xperia XZ Premiumならできちゃいました これは池袋のラーメン店で撮影した写真なのですが、ラーメンにピントを合わせて後ろをちょっとボカすみたいな撮影方法だって、Xperia XZ Premiumならできちゃいました  ここまで読んで「ちょっと設定とか面倒だなぁ」と思ってる人もいるかもしれません。ですが、取り立ててXperiaが使いづらいわけではないんです。Galaxyにも多機能すぎて戸惑う場面があります。  Galaxyは、カメラ画面で左からスワイプすると撮影モード設定画面が出てくるのですが、機能が多すぎてちょっと戸惑ってしまうユーザーは多いと思います。プロモードという名称(Xperiaはマニュアルモード)で一眼レフカメラ並みに設定できるモードも備わっているんですが、きっとすべてのモードを熟知するまでに2年くらいかかっちゃんうんじゃないかな? と思うくらい多機能なんです。  現にプロモードをいじくりまわした結果、最後にマサオ車の前で撮影する時にカメラマンのマサオ君がオートモードに戻したいのにどうやっていいか分からなくて、ポーズ決めたまま1分くらい待たされる事件も発生しました。通行人の人の視線が非常に気持ちよかったです。  結論としては、写真を撮るだけならどちらの機種も綺麗に撮れます。前述のとおり、お手軽さで僕はGalaxyのほうが好きなのですが、カメラマンのマサオとしてはXperiaの色味のほうが自然で良いそうです。  なので写真に関しては好みかな~と思います。正直どちらの機種もカメラのカスタマイズ性がとても高く、いろいろいじくれば自分好みの写真は撮れるはずです。 カスタマイズ性が高く個性的なGalaxy S8+堅実で扱いやすううえ安価なXperia XZ Premium  最後は、コストパフォーマンスの話です。本体の価格は、おおよそですがXperia XZ PremiumはGalaxy S8+よりも2万円ほど安いです。  性能差は、それぞれの個性を抜いて気になるところでは、Galaxyのほうがバッテリーが270mAhほど大きいのと、生体認証にバリエーションがあります。Xperiaはカメラの画素数が大きい、執筆現在Androidのバージョンが7.1である(Galaxyは7.0)。これくらいだと思います。CPU、ストレージ、メモリー容量などはまったく同じです。  総括すると、カスタマイズ性が高く個性的なGalaxy S8+か、堅実で扱いやすううえ安価なXperia XZ Premiumか、になります。  僕が次に買うとしたら……いや、僕はあと1年半は機種変更できないから、今買えないので明言はやめておきます。「物事をフワッとさせるのが大人としてウマく生きていくコツ! By 田丸裕臣」。 【関連サイト】 Samsung Galaxy S8+ SONY Xperia XZ Premium 【機材協力】 NTTドコモ

この夏に欲しいスマホはXperia XZ Premium? それともGalaxy S8+?

この夏に欲しいスマホはXperia XZ Premium? それともGalaxy S8+?
© KADOKAWA CORPORATION 提供

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon