古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

この秋、「私」をバージョンアップするアイディア6つ

MYLOHAS のロゴMYLOHAS 2017/09/04 MYLOHAS編集部
この秋、「私」をバージョンアップするアイディア6つ © MEDIAGENE INC 提供 この秋、「私」をバージョンアップするアイディア6つ

季節の変わり目は、なにか新しい習慣をはじめるのにぴったりのタイミング。ストレスや不安に負けない、強くて豊かな心をつくる方法を、マイロハスの記事のなかから集めました。

朝一の問いかけでやる気スイッチオン

ビジネスコーチ・三宅裕之さんが提案するのは、朝起きて1番にポジティブな8つの質問を自分に問いかけるという「モーニングクエスチョン」。人のあらゆる思考は、Q&Aから成りたっているのだそう。気分が乗らない日でも、脳がよい方向へフォーカスせざるを得ない質問をくりかえすことで、意識的にやる気のスイッチを切りかえられるのだとか。>>毎朝1分、やる気を引き出す8つの質問

© MEDIAGENE INC 提供

内面をみがき、輝くオーラを纏う

どんなにキレイにメイクをしたり、着飾ったりしても、人が振り返るようなオーラは得られません。「どんな私も、私」という穏やかで揺るぎない自信をもつこと、そして、常に「自分は何を貢献できる?」「これからどんな楽しいことをしていける?」と、問いかけて動いていくことで、周りの人にも新鮮な空気を感じさせることができるようになるのだそう。>>「本質美人」になるための3つのマインドメソッド

オフラインにして、自分と向き合う

仕事でもプライベートでもデジタル機器は手放せません。でも、1日数分でもオフラインにするクセをつけることで、他人と自分を比べたり、定かでない情報におどらされたりする不毛な時間が減り、代わりに精神的安定、集中力の向上が期待できるのだとか。>>8分間でデジタルデトックス、お茶と対話する新習慣

© MEDIAGENE INC 提供

不安を感じたら、チャンス到来だと思うようにする

不安だから立ち止まろうと指示する脳をうまくだまして行動に移すことで、不思議と不安は消えていくのだとか。心配性は、優れたリスクマネジメント能力があるということ。不安要素を1つずつ消していくことで、ゴール(成功)へ近づいていくことができます。>>『不安』は脳の使い方で簡単に消し去れる!

幸運を呼び込むしなやかさを身につける

自分の生き方は、自分で決められる。そして、これからどんどん幸せになることも、自分のマインド次第。そんな強い心を保つためには、問題を抱え込まない考え方や、関わる人を選ぶこと、脳の使い方など、3つのコツがあるのだとか。>>良縁やチャンスに巡り合う「強運体質」の作り方

© MEDIAGENE INC 提供

眠る前には、魔法の言葉を唱える

ウトウトしているとき、人は非常に暗示にかかりやすい催眠状態にあります。潜在意識に訴えかけるにはベストな時間。ある暗示を唱えながら、自分があらゆる点で良くなっているイメージを心に思い浮かべるだけで、睡眠の質が良くなり、ポジティブな空気の中で目覚めることができるのだとか。>>まどろみタイムに10回唱えて。ポジティブになる自己暗示法

毎日の習慣に取り入れると、自然とポジティブな考え方が身につきそう。まずは自分が変わることで、周囲の環境も、未来までも変えられるような気がします。

image via shutterstock

MYLOHASの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon