古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ついに人工知能を実装し、PCを守る時代到来!

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2017/09/11
ついに人工知能を実装し、PCを守る時代到来! © KADOKAWA CORPORATION 提供 ついに人工知能を実装し、PCを守る時代到来!

最新版のウイルスバスター クラウドはAI技術を導入した多層防御で、ランサムウェアの亜種をはじめとする未知の脅威(※1)からユーザーを守ってくれる 最新版のウイルスバスター クラウドはAI技術を導入した多層防御で、ランサムウェアの亜種をはじめとする未知の脅威(※1)からユーザーを守ってくれる 悪意ある攻撃は日々増殖中。もはや既存の技術だけでは追い付けない!?  パソコン内の情報を暗号化し、身代金を要求するランサムウェア、あるいは個人情報を取得するためのネット詐欺など、パソコンに対する脅威はなくなることがない。そしてそれらの脅威は単なる流行ではなく、定着して恒常的な脅威となり、さらなる亜種を生み出し、日々増殖している。多様化し、その手口も巧妙化し続ける脅威は、もはや従来の対策だけでは防ぎきれない状況だ。  9月7日に発表されたトレンドマイクロの「ウイルスバスター クラウド」の最新版は、日々増殖する未知の脅威に対抗するためにAI(人工知能)技術を導入し、多層防御でパソコンをネットの脅威から守ってくれる。  今回は、最新の脅威の動向と、それらに対抗する最新のウイルスバスター クラウドの諸機能を紹介しよう。 ※1 全ての未知の脅威に対応するものではありません。※2 AI技術はWindowsのみの対応です。 セキュリティトレンドは「流行から定着へ」  あなたのパソコンを乗っ取り、そのデータを暗号化して人質にするランサムウェアは、その拡大から定着へとフェーズを移している。とはいえ、決して沈静化したわけではなく、2015年から2016年のたった1年間でランサムウェアの数はおよそ10倍に増えた。また、最近話題になったWannaCryをはじめとするランサムウェアの亜種も一日数百件という勢いで増加中だ。 ウイルスバスター クラウド 最新パッケージ ウイルスバスター クラウド + デジタルライフサポート プレミアム 最新パッケージ ウイルスバスター クラウド 最新パッケージ ウイルスバスター クラウド + デジタルライフサポート プレミアム 最新パッケージ  その手口も多様化しており、Webフォントのインストールや動画サイトのアカウント作成と見せかけて感染させるランサムウェア、また、Mac OSに感染するランサムウェアが登場したほか、昨今ではスマートフォンを乗っ取るものが急増している。  ネット詐欺も手を変え品を変え、未だに被害が継続している。2017年1月から6月に詐欺サイトへ誘導された数は約968万件(2017年8月 トレンドマイクロ調べ)もあり、古典的なフィッシングサイトだけではなく、企業のサービスサイトのように見せかけた詐欺サイトも増えている。 今なお亜種が作り続けられているランサムウェア「WannaCry」の脅迫画面 企業のサポートページに見せかけた詐欺サイト 今なお亜種が作り続けられているランサムウェア「WannaCry」の脅迫画面 企業のサポートページに見せかけた詐欺サイト 最新ウイルスバスター クラウドの特長は「AI技術を導入した多層防御」  9月7日に発表された最新のウイルスバスター クラウドは、既存機能の強化だけでなく、AI技術を用いた防御を新たに加え、先進技術と高い実績を融合した「XGen(クロスジェネレーション)」と呼ばれる防御アプローチを確立している。  XGen防御アプローチとは、脅威に対し「侵入を防止」「脅威を検出」「データを保護」と、ユーザーがデータを利用する各レイヤーで最適化されたセキュリティ対策を行なうことで、パソコンへの攻撃を食い止める仕組み。この多層防御に新たにAI技術が加わり、より堅牢な守りが実現される。 最新のウイルスバスター クラウドでは、各レイヤーで最適化されたセキュリティ対策を行なう多層防御にAI技術が加わることで防御力がアップ!(※2) 最新のウイルスバスター クラウドでは、各レイヤーで最適化されたセキュリティ対策を行なう多層防御にAI技術が加わることで防御力がアップ!(※2) ※2 AI技術はWindowsのみの対応です。 AI技術を導入した多層防御が最大の特長だ! トレンドマイクロではこれを「XGen」防御アプローチと呼んでいる AI技術を導入した多層防御が最大の特長だ! トレンドマイクロではこれを「XGen」防御アプローチと呼んでいる 脅威の侵入を跳ね返す「第一の壁」  脅威に対する最初の壁は「侵入を防止」。Web経由で侵入を試みる脅威について、トレンドマイクロでは2016年の1年間に、1日平均約493万件をブロックしており、このブロック件数は競合を圧倒する数となっている。  この高い防御能力は、クラウド型セキュリティインフラであるTrend Micro Smart Protection Networkが日々、世界中からデータを収集・分析し、様々なセキュリティ技術や独自の分析手法を組み合わせ、迅速に脅威を特定していることによるものだ。  このほか、脅威の侵入を防ぐ手段として「迷惑メール対策」「脆弱性対策」「ファイアウォール強化」も行われている(Windows版のみの対応)。  「迷惑メール対策」としては迷惑メールや詐欺メールを判定して迷惑メールフォルダに自動振り分けされるほか、メールに埋め込まれているURLの安全性の評価や添付ファイルのスキャンが行われる。 メール経由のランサムウェアも引き続き見掛けるので、危険なメールの自動振り分けはありがたい メール経由のランサムウェアも引き続き見掛けるので、危険なメールの自動振り分けはありがたい  「脆弱性対策」は正規プログラムに偽装する攻撃の検知とブロック、パソコンのセキュリティリスクを診断。さらに不正アクセスの防御として「ファイアウォール強化」が実装されている。 AI技術を組み込んだ「第二の壁」  2つ目の壁である「脅威を検出」には、新機能である「AI技術による機械学習型スキャン」が投入されており、人間では見過ごす可能性がある特徴を捉えてブロックする。  最初の壁をすり抜けた未知の脅威に対し、コンテンツの脅威/安全な情報を学習しているAIが、そのファイルやプロセスの特徴から安全なコンテンツであるか脅威であるかを判断する。この判断ではプログラム実行前のファイルスキャンと、実行後のふるまいを検知し、高い検出実績を誇っている。また、Trend Micro Smart Protection Networkが持つホワイトリストやプログラムの普及度情報とを連携させ、誤検知も抑制できるという。 ※1 全ての未知の脅威に対応するものではありません。 ファイルの特徴を見極めて怪しいものを排除するだけでなく、プログラムが動き出した際の「ふるまい」の特徴でも判定する二段構え。そのうえで、Windowsのアップデートなど普及度の高いプログラムは安全なものとして扱うことで誤検知も抑制している ファイルの特徴を見極めて怪しいものを排除するだけでなく、プログラムが動き出した際の「ふるまい」の特徴でも判定する二段構え。そのうえで、Windowsのアップデートなど普及度の高いプログラムは安全なものとして扱うことで誤検知も抑制している ※1 全ての未知の脅威に対応するものではありません。 機械型学習スキャンにAI技術を組み合わせることによって、パターンファイルが作られていないような未知の脅威(※1)にも対応できる 機械型学習スキャンにAI技術を組み合わせることによって、パターンファイルが作られていないような未知の脅威(※1)にも対応できる  もちろん従来通り、ファイルの読み書きを監視する「リアルタイムスキャン」やプログラムの動きで脅威と判定する「ふるまい検知」も脅威の侵入を検知するので、AIによる機械学習型スキャンと併せ、より強固なセキュリティが実現している。 ※1 全ての未知の脅威に対応するものではありません。 一気に使いやすくなったフォルダシールドはランサムウェア対策の切り札だ! 一気に使いやすくなったフォルダシールドはランサムウェア対策の切り札だ! 大切なデータを守る「第三の壁」  最後の壁となる「データを保護」は、あらかじめ指定したフォルダを監視し、疑わしいプログラムがフォルダ内のファイルにアクセスするのをブロックする「フォルダシールド」がパワーアップ。未知のランサムウェアに感染した場合でも、データが暗号化されないように保護してくれる。  新バージョンでは複数フォルダに対応し、クラウドストレージやUSBメモリ、外付けストレージにも対応する。クラウドストレージと同期するパソコン内のフォルダや、外付けストレージが接続された際のストレージ内のデータがランサムウェアに暗号化されるのを防ぐ。  なお、このフォルダシールドは最新のウイルスバスター クラウドではWindows版に加えMac版にも対応した。Mac用ランサムウェアも登場したことを考えると、本格的な流行が起きる前に転ばぬ先の杖として導入しておくべきだろう。 ※1 全ての未知の脅威に対応するものではありません。 「AI技術を取り入れた多層防御」にプラスした更なる安心機能  この多層防御以外にもウイルスバスター クラウドの新バージョンには、サポートへの電話を促す詐欺サイトにアクセスした場合に、ポップアップで電話をしないように警告を表示する「サポート詐欺対策」、HTTPS(暗号化通信)に対応したMicrosoft Edgeへの対応強化、マシンパワーを使うゲーム中や、作業中、あるいは映画などの動画視聴中などに、緊急ではないアップデートやスキャン、ポップアップなどを一時的に停止する「サイレントモード」などの新機能が追加されている。 詐欺の可能性が高いページに飛んだ場合、この画像がポップアップしてくる。「この画面に表示されている番号にはかけないでください」と具体的に警告してくれるのがありがたい ゲームなどマシンパワーを使う作業中に、スキャンなどを抑制する「サイレントモード」も搭載。ゲーミングパソコンにもウイルスバスター クラウドを導入しやすくなった 詐欺の可能性が高いページに飛んだ場合、この画像がポップアップしてくる。「この画面に表示されている番号にはかけないでください」と具体的に警告してくれるのがありがたい ゲームなどマシンパワーを使う作業中に、スキャンなどを抑制する「サイレントモード」も搭載。ゲーミングパソコンにもウイルスバスター クラウドを導入しやすくなった  セキュリティ対策製品の第三者評価機関であるAV-TESTにおける防御力、パフォーマンス、ユーザビリティのテストでTop Productの評価を獲得しているウイルスバスター クラウド。最新バージョンのWindows版には多層防御にAI技術が加わり、ますます防御力がアップしている。製品はマルチデバイス対応なので(動作環境の詳細はこちら)Mac、Android、iOSもしっかり対策が可能。増加する一方の未知の脅威から大切なデータを守る有効な手段と言えるのではないだろうか。※出典 AV-TEST: The best antivirus Software for Windows Home User(2016年1月~2017年6月) ランサムウェアによるデータの暗号化など、セキュリティ被害は基本的に「一発アウト」だ。できるだけ最新のセキュリティ対策製品で愛機を守るべし! ランサムウェアによるデータの暗号化など、セキュリティ被害は基本的に「一発アウト」だ。できるだけ最新のセキュリティ対策製品で愛機を守るべし! ビジネスからゲーミングまで。大事なデータを守りたいならセキュリティ対策製品は必須でしょ! ダウンロード版・ウイルスバスター クラウド 1年版:販売価格5380円(税込)※・ウイルスバスター クラウド 3年版:販売価格1万2780円(税込)※ (※参考価格 トレンドマイクロ・オンラインショップ) ウイルスバスター クラウドの最新パッケージ ウイルスバスター クラウドの最新パッケージ ダウンロード版・ウイルスバスター クラウド + デジタルライフサポート プレミアム 1年版:販売価格7980円(税込)・ウイルスバスター クラウド + デジタルライフサポート プレミアム 3年版:販売価格1万8590円(税込) (※参考価格 トレンドマイクロ・オンラインショップ) ウイルスバスター クラウド + デジタルライフサポート プレミアムの最新パッケージ ウイルスバスター クラウド + デジタルライフサポート プレミアムの最新パッケージ ■関連サイト ウイルスバスター クラウド ウイルスバスター クラウド + デジタルライフサポートプレミアム トレンドマイクロ・オンラインショップ (提供:トレンドマイクロ株式会社)

ついに人工知能を実装し、PCを守る時代到来!

ついに人工知能を実装し、PCを守る時代到来!
© KADOKAWA CORPORATION 提供

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon