古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ついにSnapdragonがPC向けWindows 10をサポート 新Surfaceの布石か?

ITmedia PC USER のロゴ ITmedia PC USER 2016/12/08
ついにSnapdragonがPC向けWindows 10をサポート 新Surfaceの布石か?: MicrosoftとQualcommは、次世代SnapdragonプロセッサでPC向けWindows 10をサポートすると発表 © ITmedia PC USER 提供 MicrosoftとQualcommは、次世代SnapdragonプロセッサでPC向けWindows 10をサポートすると発表

 Microsoftは12月8日(現地時間)、中国の深センで開催しているハードウェア開発者向けイベント「WinHEC Shenzhen 2016」にて、同社のデバイスやパートナーに関する最新施策を発表した。ここでは最新情報を整理しつつ、所感や考察をまとめていく。

●ARMにWindows 10 for PCがやってくる

 話題のトップは「(フル規格の)Windows 10がQualcommのSnapdragonプラットフォーム(ARM)にやってくる」というニュースだ。

 Microsoftの説明によれば、このSnapdragon版Windows 10は既存のIA版Windows 10 for PCと同等に動作し、Universal Windows Platform(UWP)アプリとx86向けに記述されたWin32アプリを利用できるという。WinHECの会場では、Microsoft OfficeやWindows用ゲームのほか、Adobe Photoshopがエミュレーションで動作するデモが実施された。

 かつてのWindows on ARM(WoA)だった「Windows RT」が既存のx86アプリを動作させることができず、Windowsストアを経由した「閉じた環境」での利用に限られていたことを考えれば、非常に大きな進化と言える。

 以前「x86 on ARM64」をバイナリ変換によるエミュレーションで実現する「Project Cobalt」のウワサを紹介したが、今回のWinHECで発表された技術はこのCobaltの延長線上にあるものだろう。

 Cobaltは2017年秋に登場するWindows 10次々期大型アップデート「Redstone 3(RS3)」に向けて開発が進められているそうだが、2017年春に登場するWindows 10次期大型アップデート「Creators Update(RS2)」で試験的な実装がスタートし、RS3のタイミングで新デバイスとともに市場投入されるとみられる。Microsoftによれば、対応デバイスは2017年中の投入を見込んでいるというが、恐らくターゲットは第4四半期に近いタイミング(9〜12月ごろ)と予想する。

●パフォーマンスや省電力の点はどうなる?

 情報が少ない現時点での所感だが、以前の「Surface RT」などのころに比べればパフォーマンス的な問題は少ないというのが筆者の予想だ。Adobe Photoshopなどの高度なフィルター処理を必要とするアプリについても現在はGPU処理の比率が高く、ゲームなどよほどヘビーな用途でなければ、かなり満足できるレスポンスではないかと考える。

 ちなみにQualcommは、次世代Snapdragonプロセッサでモバイル、省電力、常時接続のセルラー対応Windows 10デバイスを可能にするとしている。ただ、エミュレーションでバイナリ変換作業が発生するほか、既存のデスクトップ利用を想定したアプリケーションでは省電力動作がほとんど考慮されないため、ARM搭載のスマートフォンやタブレットと同レベルのバッテリー駆動時間を期待するとやや厳しいかもしれない。

 もう1つの問題はMicrosoftが狙っている市場だ。Cobaltの解説記事では「主なターゲットはビジネスユーザー」としたが、これは恐らくその通りだろう。「(主にUIとパフォーマンス的な問題から)Windows 10 Mobileの場合はContinuumが必須」とも書いたが、Windows 10 for PCであればこの問題は解決される。

 ただデバイス全体でみれば、プロセッサの違い以外はハードウェア構成的にも価格的にも従来のx86 CPU搭載PCと大差がなくなる可能性が高いため、ビジネスユーザーにどのように訴求していくかが課題となる。この辺りはOEMパートナー側の反応を今後リサーチしていきたい。

●SnapdragonがAtomの後釜となる?

 また、Intelが事業規模を縮小して継続を曖昧にしているAtomプロセッサの後釜として、Snapdragonを据えたという見方もできる。ただ、エミュレーション動作が可能なパフォーマンスを備えたSnapdragon 800系シリーズは価格的には決して安くはない。恐らくIntelのエントリークラスに近いプロセッサであるCore i3やPentiumなどと比べても差別化が難しい可能性がある。

 これに対してCTE(China Technology Ecosystem)でコストを抑えるという手はあるだろう。CTEとは、Microsoftが中国でWindowsデバイスの設計を請け負うODMメーカーおよび製造を請け負うEMSメーカーへ投資し、Windowsデバイスを販売する世界各国のOEMメーカーとの関係構築を支援することで、グローバルで安価なWindowsデバイスを普及させようという施策だ。

 実際にWindows 10 Mobileデバイスを開発してきた深センのCTEを使えば、Snapdragon版Windows 10 for PC搭載デバイスは比較的安価に開発できると思われるので、今後のMicrosoftやOEMパートナーの動向が気になるところだ。

●新しいカテゴリーのWindows 10デバイスに期待

 筆者としては、Snapdragon版Windows 10 for PCでは「新しいカテゴリーのデバイス」が登場することを期待したい。

 Microsoftは「常時接続」が可能なPCの開発を推進しており、携帯電話ネットワークに接続する際にSIMの差し替えが必要ない「eSIM」ソリューションを提供していく方針だ。「携帯キャリアとの契約のみでサービスがすぐに利用できる」という「Microsoft SIM」の登場が長らくウワサになっているが、同社が2017年中にも「eSIMに対応した常時接続可能な初のSurface」を投入することになるかもしれない。

 SoC(System on a Chip)とモデムのチップセットソリューションでは最大手のQualcommとの提携は、こうしたeSIMや新Surface開発といった動きの布石となるかもしれない。

●MicrosoftがIntelと提携して発表した「Project Evo」とは?

 もちろん、次世代SnapdragonのPC向けWindows 10サポートの発表については、直近でMicrosoftがIntelからQualcommへプロセッサの提携先を大きく切り替えていくという話ではない。スマートフォンやタブレットで支配的な地位にあるQualcommのARM系プロセッサのSnapdragonが、Windows 10 Mobileに限らず、PC向けのWindows 10のサポートにも乗り出し、ユーザーとしてはWindows 10デバイス製品の選択肢が増えるという話だ。

 WinHECでは、MicrosoftとIntelのパートナーシップも当然語られた。両社の提携で発表されたのが「Project Evo」だ。詳細についてはほとんど不明だが、「先進のセキュリティ、AI(人工知能)、Cortana(音声対応パーソナルアシスタント)、MR(複合現実)、ゲームの分野においてデバイス向けの全く新しい方法を提供する」という。

 同社が例として挙げるのは「Cortanaとの対話で検索や音楽の演奏が行える」「手頃なPCとHMD(ヘッドマウントディスプレイ)でMRを利用できる」といったものだ。これだけでは従来のPCと何が違うのか分からないのだが、一つ言えるのは「MicrosoftがVR(仮想現実)、AR(拡張現実)、MR、そしてCortanaに活用されるようなAIに多くのリソースを注いでいる」ということだ。

 Windows 10次期大型アップデートのCreators Updateでは3D機能が大幅に強化されるが、Windows Holographicの基本的な機能が既にWindows 10 Insider Previewの中に組み込まれていたり、あるいはMR時代の新しいUIをWindowsに取り込むために「Project NEON」が進んでいたりと、「Windowsを次世代のコンピュータに対応できるプラットフォーム」にすべく活動している様子がうかがえる。

 Cortanaのインテリジェント化は、Amazonの「Echo」やGoogleの「Google Home」などに通じるものがあるが、「近い将来のPCは、今までのPCのカタチではなくなる」といった新時代を予感させる。いずれにせよ、スマートフォンやタブレットといったスマートデバイスの次に来る時代をにらんで、かつては「Wintel帝国」とまで呼ばれた時代の覇者であるMicrosoftとIntelも動いているということなのだろう。

 この分野におけるデバイス系の話題では、「2017年前半での中国市場へのMicrosoft HoloLens投入」「Windows Holographicの仕様をパートナーと共有」「Microsoft EdgeでのWebVRサポート」といったアップデートが行われている。

 RS3が配信され、Windows Holographic対応HMDなどの新デバイスが出そろってくる2017年後半、Windowsエコシステムは非常に盛り上がることが予想される。今から1年後の状況がどうなるか楽しみだ。

[鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]

ITmedia PC USERの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon