古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

つらい経験の”怖い記憶”を無意識に消去できる技術 NICTなど開発

ITmedia NEWS のロゴ ITmedia NEWS 2016/11/25
つらい経験の記憶を無意識に消去できる技術 NICTなど開発: 画像:ITmedia © ITmedia ニュース 提供 画像:ITmedia

 情報通信研究機構(NICT)などの研究チームはこのほど、つらい経験の恐怖記憶を無意識に消去できるを開発したと発表した。新たなPTSD(心的外傷後ストレス障害)の治療法につながる可能性があるという。

 NICTと国際電気通信基礎技術研究所(ATR)、カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校(UCLA)、ケンブリッジ大学で構成した研究チームが発表した。

 赤い車に衝突された場合、赤い車を見るたびに恐怖がよみがえるなど、強い恐怖を伴う記憶は忘れることが難しい。恐怖記憶を和らげる方法の一つとして、恐怖対象を繰り返し見せたりイメージさせるという手法があるが、それ自体がストレスになることもある。

 研究チームは今回、脳波のパターンを意識的に操作する「ニューロフィードバック技術」(Decoded Neurofeedback)を応用し、恐怖対象を直接見せたりイメージさせたりせず、無自覚のうちに恐怖記憶を消去することに成功した。

 まず、健康な被験者に、赤と緑の丸を見るたびに不快な刺激(微弱電波)を受けてもらい、赤と緑の丸を見るだけで恐怖反応が生じるようにした。その後、脳活動が赤と緑の図形を見ている時のパターンに近づくたびに被験者に金銭報酬を与え、近いほど額が上がるようにした。

 具体的には、被験者に無色の図形を見せ「無色の図形が画面に出たら何らかの方法で脳活動を操作し、後に画面に出てくる灰色の円を大きくしてください」と指示。灰色の円の大きくなるほど金銭報酬が大きくなることを伝えた。

 実際は、脳活動が赤と緑の円を見たときに近づくほど灰色の円を大きく表示していたが、被験者にはそれを伝えなかった。つまり、被験者は無自覚のまま、恐怖の対象である赤や緑の円の記憶を消去し、報酬というポジティブなイメージに置き換える訓練に取り組んだ。

 これを3日間行い、翌日、赤と緑の図形を見た時の恐怖反応を測定したところ、恐怖反応が当初より低下していた。

 今回の方法は、被験者に直接の恐怖記憶を思い起こさせる必要がないため、ストレスの少ないPTSD治療法につながるとしている。

●25日午後9時追記

タイトルを修正しました。

ITmedia NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon