古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

つらい肩こりにさよなら?仕事環境マネジメントで快適 Surface ライフ

2014/09/19 23:38

ハーマンミラーのフローモニターアームに設置された Surface。モニターを目の高さに合わせてくれるので正しい姿勢がキープできる。

ここ10年パソコンに依存した仕事環境の変化により、仕事をする人の約7割が目の疲れ、肩や首のこりなどの症状に悩まされているという。

ハーマンミラージャパン株式会社の福田氏は、オフィスでの日常的不快感は「MSD(筋骨格系障害)」と呼ばれ慢性的な疾患のひとつであり、姿勢を作業するのに適切な正しい形に導くことが大切だと訴えた。

 

例えば、一般的にノートパソコンは、モニターを見下ろす形になるので猫背になりやすく、またキーボードが小さく胸が閉まりやすいのでリスクも大きいという。前かがみになり身体に圧力をかけ続けることは非常に危険だ。では、どうすればよいのだろうか。

 

答えは、「ノートパソコンでも視線をまっすぐにすること」。会場に設置された、Surface が置かれたハーマンミラー社のフローモニターアームを試してみると、モニターが自分の目の高さに合うので、正しい姿勢で疲れの軽減を実感できた。

 

Surface を活用した「おすすめ仕事環境」を説明する日本マイクロソフトの北川氏

「身体をラクにする、おすすめの仕事環境」として、日本マイクロソフトの北川氏は オフィス外とオフィス内でのシーン双方で  Surface の活用を提案した。

Office 標準搭載で軽量な Surface を1台持てば、持ち運んでも身体への負担がなく、外でもラクラク書類作成ができる。スタンドで自立させたりキーボードやマウスをつなぐことも可能だ。

またオフィス内では、究極のエルゴノミクス設計を追求したSculpt Ergonomic Desktop」(エルゴノミックマウス & キーボード)をつなぎ身体への負担を軽減、フローモニターアーム使用で目線をまっすぐキープすることで、正しい姿勢を保ち高いパフォーマンスを出すことができる。

表参道ヒルズの Surface ショールームにも、ハーマンミラーの製品が置いてあるので、Surface とのコラボでどう身体に優しくなるか、実際に試してみてはいかがだろう。

20日から、ハーマンミラーのフローモニターアーム、ラップトップマウント、エンベロップデスクの3点セット購入で、マイクロソフトのエルゴノミクスキーボード&マウスがプレゼントされ、エルゴノミクス環境をフルに体感できる「ハーマンミラーxマイクロソフト ハイパフォーマーのためのエルゴノミックソリューションキャンペーン」が実施される。

製品情報

image beaconimage beaconimage beacon