古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

とにかくすごい! 「Lightroom for iPhone」のHDR撮影を試してみる

ITmedia Mobile のロゴ ITmedia Mobile 2017/03/26
とにかくすごい! 「Lightroom for iPhone」のHDR撮影を試してみる: Adobe Photoshop Lightroom for iPhone © ITmedia Mobile 提供 Adobe Photoshop Lightroom for iPhone

 「Adobe Photoshop Lightroom for iPhone」という長い名前のアプリがある。AdobeのPC用写真アプリ「Photoshop Lightroom」のiPhone版っていう意味だが、長いのでそのまま呼ぶ人はもちろんいない。

 Adobeでは、iPhone版、iPad版(Adobe Photoshop Lightroom for iPad)とAndroid版(Adobe Photoshop Lightroom for Android)をまとめて「Adobe Lightroom mobile」と呼んでいる。

 僕らも、普通はこれらのアプリをLightroom mobileと呼んでいる。これでもちょっと長いので、この記事では「LR mobile」とさらに略して呼ぶのでご了承を。

 アプリ名の「Lightroom」は、フィルムカメラが主流の時代に写真の現像に使っていた「Darkroom(暗室)」のもじり。デジタルカメラで撮影した写真を整理したり現像したりするためのアプリで、PC版は本格的な写真撮影をしている向けなのだが、まあ細かいことはどうでもいい。

 Adobeは、「Photoshop」や「Illustrator」といった主にクリエイター向けPCアプリを作っているソフトウェア企業。最近ではPCアプリで培った技術を生かしたスマートフォン・タブレット用アプリも開発している。LR mobileは、そのうちの1つだ。

 PC版のLightroomはそれなりに値が張るが、LR mobileはどのプラットフォームでも無料で使うことができる。

 PC版と同様に、LR mobileは主に写真管理と現像処理を行うソフトなのだが、実はカメラ機能も持っていて、なかなか良い出来なのである。

 特にiPhone版で2017年3月に行われたアップデートがスゴかった。カメラ撮影機能に「HDR(高ダイナミックレンジ)撮影」が追加されたのだが、それがシャレにならないほどに優秀なのだ。

 LR mobileのHDR撮影は、より良いHDR処理をするために、撮影したRAW(現像前の写真)データを一度クラウドに送り、クラウドサーバーで処理をして、完成したHDR写真を戻して保存する、という実装になっている。

 そのため、撮影してから結果を得るまでに少々時間がかかる。データ量がデータ量だけに、高速なWi-Fi(無線LAN)環境であっても、撮影が「完了」するまでに何秒か必要だ。

 ゆえに、Wi-Fiのない屋外で使うと「まあ、時間がかかるから、ちょっと放っておくか……」という感じになってしまうのだが、それだけの価値はあるかというと、あるのだ。

 今回のカメラ講座では、iPhone用LR mobileのHDR撮影機能を試してみる。

LR mobileのHDR撮影対応機種(3月27日追記)

 LR mobileにおいてHDR撮影できる機種は以下の通り。

・iPhone 6s/6s Plus

・iPhone SE

・iPad Pro

・Galaxy S7(日本未発売)/S7 edge

・Google Pixel/Pixel XL(いずれも日本未発売)

●LR mobileのHDR撮影の威力を体感

 LR mobileのHDR撮影のすごさを体感すべく、試しに筆者の部屋の天井の「照明」を撮ってみよう。

 それで、普通に撮ったものがこちら。

 当たり前だけれど、電球部分は真っ白にトンでいる。繰り返しだが、当たり前すぎる結果。

 でも、HDRで撮ったものはどうか。HDRをオンにして撮影すると、その後しばらく「撮影済写真を処理中」と出る。ここでクラウド経由のHDR処理を行っているのだ。「Adobe Creative Cloud」サービスを使っている場合、ここで同時にクラウドストレージに写真が保存されるので「アップロード中」とも出る。使っていない場合は出ないので安心しよう。

 撮影済の写真の処理が終わったら、これである。何と白飛びが抑えられて、電球回りのディテールもしっかり出ている。

 すごいでしょ。わざわざクラウドへ上げて高度な画像処理をかけているだけのことはあると思うでしょ。

 さらにもういっちょ。今度は、LR mobileのHDR処理がどのくらい極端な明暗差まで耐えられるかテストっていうことで、夕日を撮ってみた。

 まずは、比較用に「iPhone 7 Plus」の標準カメラアプリで撮った写真を見てみよう。スクリーンショットではなくて、実際に撮影した写真を、そのままのサイズで掲載。ちなみにレンズは「望遠」側だ。

 太陽の回りは真っ白で、黄色いリンクが出ている。いわゆる「ゴースト」というやつで、カメラレンズの問題なので、どうしても出てしまうものだ。

 お次は、同じ夕日をLR mobileのHDRで撮った写真を見てみよう。こちらも、処理後の写真をそのままのサイズで掲載する。

 これはすごい。太陽がギリギリまで小さく写っていて、暗く潰れてもおかしくない逆光の建物たちもしっかり写っている。この差はすごい。極端な明暗差にも対応してくれるのみならず、不自然さもあまりないのだ。

 さすがAdobe。「オレたちの技術はワンランク違うんだぜ!」と見せつけてくれました。

●逆光下の撮影でこそ「真価」を発揮するHDR撮影

 LR mobileのHDR撮影機能は、逆光時に使うと超強力である。実際に撮影した写真を並べてみたのでどうぞ。

 HDRで撮った方は、(左の家の屋根の向こうに沈もうとしている)太陽がある辺りの白飛びが抑えられていて、電線や屋上のテレビ用アンテナもしっかり写っている上、影になっている地面も明るくしっかり撮れている。

 iPhone……に限らず、スマホのカメラや廉価なコンパクトデジタルカメラは、強い(極端な)明暗差のある状況に弱い。LR mobileのHDR撮影機能は、その弱点を補ってくれるのだ。

  一方、そんなに極端な逆光じゃなくても、HDR撮影機能は役に立つ。一見、極端な明暗差がないシーンでも撮ってみると差が出ることがあるのだ。

 後ろの社殿の屋根を見ると、HDR撮影時と通常撮影時の違いがハッキリ分かる。HDRで撮った方は、単にHDR化するだけではなくて、自動的に他の補正もかけて写真をクッキリとさせてくれるのだ。

 HDR撮影は、屋内撮影でも役に立つことがある。

 窓のある部屋で室内も屋外も同時に撮りたい時に、室内に露出(写真の明るさと思って良い)を合わせると、窓の外は室内に比べて明るすぎるので「真っ白」になってしまう。逆に、屋外に露出を合わせると、室内は「暗く」なってしまう。どちらにしても、人間が目で見た印象、あるいは思い通りには撮れないのだ。

 LR mobileのHDR撮影なら、そこを何とかしてしまう。試しに、トンネル的な場所(具体的には橋の下の暗きょ)で撮ってみた。

 iPhone 7 Plusの標準カメラと、そのHDR撮影機能、そしてLR mobileのHDR撮影を使って撮影したものを3枚連続でどうぞ(そのままだとファイルサイズが大きすぎるので、全部スクリーンショットになっております)。

 これだけのクオリティの差があったら、多少処理に時間がかかるにしても使いたくなるでしょう。

 このLR mobileは、もともとはRAWファイルの現像ソフト(JPEG画像も編集できます念のため)なので、色や明るさを調整する機能に長けているわけで、その場でザザっと編集して仕上げて出力するのもアリだ。

 そして、最後にカメラロールへの書き出し。LR mobileで撮った写真は専用のライブラリに保存されるため、iPhone版(とiPad版)において他のアプリで使いたい場合はカメラロールへ書き出さねばならないのだ。

 面倒かもしれないが、実際に使う写真だけを書き出せばいいのでカメラロールがあふれることもなく、個人的にはうれしい。

 てなわけで、「Adobe Photoshop Lightroom for iPhone」はAdobeに縁が無い人でも一度使ってみるべきカメラアプリに進化したのである。

 すごいもんですな。

ITmedia Mobileの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon