古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

どんなスマホでも撮影後にピントをずらせるアプリ「AfterFocus」を徹底紹介

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2017/09/26
どんなスマホでも撮影後にピントをずらせるアプリ「AfterFocus」を徹底紹介 © KADOKAWA CORPORATION 提供 どんなスマホでも撮影後にピントをずらせるアプリ「AfterFocus」を徹底紹介

 スマホのカメラは広い範囲にピントが合うようになっている。そのため、一眼レフのように被写体にのみピントが合い、後ろがぼけている写真を撮るのは難しい(最近ではハイエンドモデルにこの機能が付いているが)。  そこでオススメするのが「AfterFocus」。なんと、撮影後にピントを調整して、背景がぼけた格好いい写真を手軽に作成できるのだ。 スマホのカメラに一眼レフのような撮影効果を付けられる  被写体は綺麗に写し、背景をぼかすにはスマホのレンズやセンサーでは小さすぎる。「HUAWEI P10」や「iPhone 7 Plus」など、デュアルカメラを搭載している端末なら、被写界深度エフェクトを利用できるが、普通のスマホでは無理なのだ。  そこで活躍するのがレタッチアプリ。「AfterFocus」は撮影済みの写真から、背景をぼかしてくれるレタッチアプリだ。とても高性能な選択ツールを備えているので、簡単に操作できるのがウリ。 AfterFocus (iOS版)AfterFocus(Android版)作者:MotionOne.co.Ltd価格:無料(アプリ内課金あり)
※アイコンの横の文字をクリックで、ダウンロードサイトにアクセスします。 「AfterFocus」をダウンロード。画面はiOS版 「AfterFocus」の起動画面。「Select Photo」をタップする 「AfterFocus」をダウンロード。画面はiOS版 「AfterFocus」の起動画面。「Select Photo」をタップする 撮影済みの写真を選択する 被写体の選択方法が表示される 撮影済みの写真を選択する 被写体の選択方法が表示される 操作方法のチュートリアルが表示される 写真が読み込まれて、レタッチの準備が完了 操作方法のチュートリアルが表示される 写真が読み込まれて、レタッチの準備が完了 白と黒のラインでざっくりなぞるだけで選択できる  「Focus」ボタンを選択して被写体をなぞり「Background」ボタンを選択して背景をなぞると、自動的にマスクしてくれる。これがものすごくざっくりなぞるだけでもそこそこ綺麗に選択してくれるのが賢い。  2本指のピンチ操作で画像の拡大・縮小ができるので、細かい部分を追加したり、背景に指定したりすればいい。とはいえ、切り抜くわけではないので、本当に細かい部分までこだわる必要がない。画像のような瓶の選択くらいであれば、10秒もかからない。 「Focus」ボタンを選択して被写体をざっくりなぞる。丸を書くだけでもいい 全体が選択されるので、「Background」を選択する 「Focus」ボタンを選択して被写体をざっくりなぞる。丸を書くだけでもいい 全体が選択されるので、「Background」を選択する 黒いラインで背景をざっくりなぞる 瓶がマスクされた 黒いラインで背景をざっくりなぞる 瓶がマスクされた 拡大して、細かい選択部分を修正する 完了したら右上の「>」をタップする 拡大して、細かい選択部分を修正する 完了したら右上の「>」をタップする 手軽に背景がボケた写真を作成できる  選択が完了すると、自動的に背景がぼけた感じになる。もうこれだけでもいい感じだ。もちろん、もっと細かく調整することもできる。「Blur」タブでは、ぼけのレベルを調整できる。「Edge Feather」にチェックしておくと、被写体が浮く感じを抑えられる。  ピントが合う場所を広げることもできる。例えば、カウンターに置いた瓶を選択した場合、同じ位置にあるテーブル面にもピントが合っていないと違和感を与えてしまうためだ。「Fading BG」タブで設定できる。「Natural」では一般的に手前のピントを合わせてくれる。「Manual」では手動で指定することも可能。 背景がぼけた写真になった 「Blur」タブでボケのレベルを調整する 背景がぼけた写真になった 「Blur」タブでボケのレベルを調整する 「Fading BG」タブでピントを合わせる範囲を選択する 様々なフィルターも用意されている 「Fading BG」タブでピントを合わせる範囲を選択する 様々なフィルターも用意されている 1分もかからず、いい感じの写真に仕上がった ↓をタップして写真を保存できる 1分もかからず、いい感じの写真に仕上がった ↓をタップして写真を保存できる 画像サイズは設定画面で変更できる 画像サイズは設定画面で変更できる 面白い視覚効果がいくつも用意されている  他にもいろいろな視覚効果が用意されている。例えば「Blur」タブで「Motion Blur」を選択すると、動いているようなボケを付けられる。選択した部分以外をグレースケールにするなら「Effect」の「Color Mask」を利用する。ワンタッチでアーティスティックな写真になる。「Sticker」エフェクトをオンにすると、選択部分を白い縁で囲んで目立たせられる。これも使い方によってはユニークな写真になる。また、「Aperture」タブでは背景の光っている所のエフェクトを選択できる。夜間や暗い室内で撮影した写真でいろいろと楽しめる。 止まっている車から顔を出している犬をざっくり選択 「Motion Blur」を選択すると、走行中のような写真になる 止まっている車から顔を出している犬をざっくり選択 「Motion Blur」を選択すると、走行中のような写真になる フォーカスを手前に戻すとさらに自然な写真になった 「Color Mask」で選択部分以外をグレースケールにできる フォーカスを手前に戻すとさらに自然な写真になった 「Color Mask」で選択部分以外をグレースケールにできる 適当に犬を選択 「Sticker」エフェクトを付けるとこんな感じに白く縁取られる 適当に犬を選択 「Sticker」エフェクトを付けるとこんな感じに白く縁取られる  Android版は無料の「AfterFocus」と有料の「AfterFocus Pro」がある。レタッチした画像をそのままのサイズで保存するなら有料版が必要なので、「AfterFocus Pro」を購入するといいだろう。もちろん、無料版で試してからアプリ内課金でアップグレードすることも可能。価格は190円だ。 Android版はUIが異なるができることはほぼ同じ フル機能が使える有料版は190円 Android版はUIが異なるができることはほぼ同じ フル機能が使える有料版は190円  被写体にピントを残し背景をぼかすと、それだけで一眼レフっぽい写真になる。キモになるのは被写体を選択する作業だが、「AfterFocus」はとても簡単に賢く選択してくれるので手間がかからない。まごうことなく神アプリ認定。使ってみれば、120円/190円の価格は安く感じるはずだ。 筆者紹介─柳谷智宣 1972年生まれ。ネットブックからワークステーションまで、日々ありとあらゆる新製品を扱っているITライター。パソコンやIT関連の媒体で、特集や連載、単行本を多数手がける。PC歴は四半世紀を超え、デビューはX1C(シャープ)から。メインPCは自作、スマホはiPhone+Xperia、ノートはSurface Pro3とMacbook Air。著書に「Twitter Perfect GuideBook」(ソーテック社)、「Dropbox WORKING」(翔泳社)、「仕事が3倍速くなるケータイ電話秒速スゴ技」(講談社)など。筋金入りのバーホッパーで夜ごとバーをハシゴしている。好きが高じて、「原価BAR」を共同経営。現在、五反田・赤坂見附・銀座で営業中。

どんなスマホでも撮影後にピントをずらせるアプリ「AfterFocus」を徹底紹介

どんなスマホでも撮影後にピントをずらせるアプリ「AfterFocus」を徹底紹介
© KADOKAWA CORPORATION 提供

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon